夏が来ると心配なのが、子どもの熱中症予防ですよね。
暑くなると、ジュースやアイスばかり欲しがります。
けど、アイスやジュースばっかりっていうのもどうなの!?
と思っている、あなた!
手作りで体に優しい飲み物が作れたらいいなーって思っていませんか?

私が今回熱中症予防におすすめするのが、「梅ジュース」です。
本格的な夏が来る前、5月下旬ごろから出回る「梅」を使って、簡単に体に優しいジュースを作りましょう!

スポンサーリンク

熱中症予防できる飲み物おすすめはコレ!

私が、毎年のように作っているものの中に、「梅ジュース」があります。
実はこれ、飲むだけじゃなくて色々使い回せるので重宝します。

水を飲むだけでは、体内の塩分濃度が薄まってしまい、逆に熱中症を引き起こしやすくなってしまいます。
熱中症予防に効果的なのは、塩を舐めるや梅干しを食べるなど、体に塩分を補給してあげることです。

陥りがちなのが、スポーツドリンクです。
ジュースよりはいいだろうと常飲している方も多いかと思いますが、
実は、結構な量の糖分が入っています。
砂糖は摂りすぎると疲れやすくなります。
なので、部活動でもスポーツドリンクはやめた方がパフォーマンスは上がるんです。

手軽に手作りできるとしたら、安上がりでもあります。

今年の夏は、ぜひ梅ジュースを作ってみてください!

梅ジュースの栄養や効能はどのくらいあるのか?

梅には、クエン酸やリンゴ酸その他各種有機酸が豊富に含まれています。
梅の栄養価は、果物の中でも高く、タンパク質やミネラル、ビタミンも豊富に含んでいます。
みかんやリンゴよりも多くのミネラルが含まれているんです!
だからと言って、生では絶対に食べないでくださいね!
生の梅には、青酸毒があり中毒を起こしてしまいます。
間違っても、子供さんが食べたりしないよう注意しましょう!!

梅の栄養価は高いことがわかりました。
梅には、優れた効能もあるんですよ!

・疲労回復・疲労防止
・血液浄化
・整腸作用

暑い日差しで体力を奪われる夏には、もってこいだと思いませんか!?
新陳代謝を促進して、体内の老廃物も排出してくれます。
子どもだけでなく、大人の方にもオススメですよ。

熱中症予防に効果的な梅ジュースの作り方

材料は、二つだけ!
青梅と砂糖を1対1の割合で順に重ねていくだけ!

入れ物は、できれば梅酒用の瓶を用意しましょう。
ホームセンターで様々なサイズが売られています。
これが間違いなくできるかと思います。
必ず熱湯消毒しておきましょう。

梅は、出始めに出回る青梅を使います。(熟した梅でもできなくはないですが・・・発酵しやすかったり、カビやすかったりします)
買ったらすぐに漬けましょう!
2日後には熟してきます。熟してくると黄色くなり、あま〜い香りが漂ってきます。
いかにもおいしそうな香りなんですが、梅ジュースには青梅の方がエキスの出もよく、サラッとした飲み口になります。

砂糖は、お好みでなんでもいいです。
グラニュー糖、白砂糖、黒砂糖、テン菜糖、氷砂糖など。
氷砂糖が一番サラッと仕上がります。
逆に、きび砂糖などは色が黒く、白砂糖や氷砂糖よりはトロッと仕上がります。
白砂糖はちょっと・・という方は、テン菜から作られた白砂糖や氷砂糖もあります。

スポンサーリンク

白砂糖の害についてはこちらの記事をどうぞ!
>>イヤイヤ期はいつまで続くの?2歳児への対応の仕方

一説によると、3年経つと白砂糖の害は無害化されるそうです。
うちはそんなに持たないので、試したことはありませんが・・・
では、早速作ってみましょう。

1 梅は、たっぷりの水でよく洗います
2 水気をフキンやキッチンペーパーで拭き取ります。
3 梅のヘタの部分を竹串で取ります。
4 ジッパー袋などに入れ、一晩冷凍させます。(繊維が壊れるので、エキスが出やすくなります。しなくてもいい)
5 梅⇨砂糖⇨梅⇨砂糖と順に重ねて入れていきます。(冷凍のままでオッケー)
6 最後は、砂糖でふたをします。梅が空気に触れていると、カビたり発酵しやすくなります。

あとは、冷暗所に置いておけば、徐々にエキスが上がってきます。
たまに瓶を振って、砂糖を満遍なく回してあげます。
1か月後から飲むことができます。

梅は、1か月したら取り出しても、そのままでも大丈夫。(半年くらいしたら取り出すかな・・・)
あげたあとは、ジャムにできます。
冷蔵庫保存だと安心ですが、うちはたくさん作るのでそのまま部屋に置いてあります。

熱中症予防にいい子どもも大好き梅ジュースのまとめ

どうせ飲ませるなら、市販品より手作りがいいですよね。
しかも、様々な栄養や効能があるとなれば、人肌脱いでやろう!という気になりませんか?

体にも優しく、子どもと一緒に作れる「梅ジュース」
ただ、このジュースもお砂糖が入ってますので、飲み過ぎには注意!
梅ジュースに飽きたら、ゼリーにしても美味しく食べれます。

夏バテなんてもったいないですよ!
自然の力を借りて、夏を元気に乗り切りましょう!

この記事を読まれた方は、次にこんな記事を読んでいます
>>赤ちゃんが夏風邪をひく原因外出時に気をつけることと症状について!
>>