ある日、何気なく子供の頭が目につきふと見てみると・・・

何やらフケのようなものが。

まだ2歳なのにフケ!?とびっくりしてしまいました。

でも子供が幼稚園や小学校で何か言われるかも・・・

一刻も早く治してあげたいですよね。

今回は、家庭でできる子供のフケの治し方と対策についてご紹介します!

スポンサーリンク

子供のフケの治し方

フケ=不潔っていうイメージってないですか?

やっぱり世間的にはそんなイメージがあると思います。

私自身もそんなイメージを持っていて、毎日頭は洗っているのになんで?

と、軽くパニック状態に。

それに子供って思ったことをそのまま言うから、友達からの心ない一言に傷ついてしまう可能性も。

でも、子供のフケって不潔だから出るわけじゃないんです。

じゃあどうすればいいのか!!

子供のフケには2種類あって、それぞれに治し方や対策も異なります。

乾燥性のフケ

乾燥しやすい冬に起きやすく、パラパラと肩に落ちてくるようなフケです。

乾燥肌の子供にも多く見られます。

小さいお子さんは、こちらのタイプが多いかなと思います。

シャンプーするときにガシガシと洗いすぎると、皮脂に必要な脂まで流してしまうことも原因になります。

このタイプのお子さんは、保湿ローションなどを頭皮に塗ってあげるといいですよ。

頭も肌と一緒で保湿をしてあげることで、乾燥を和らげてくれます。

シャンプーをする前に、椿油を塗ってあげるのもオススメ!

皮脂が必要以上に流れるのを防いでくれます。

そして、シャンプーのしすぎにも注意!

くしでとかしてお湯で洗ってあげれば汚れは落ちています。

余分な皮脂を流すのを防ぐためにも、シャンプーは1日おきでも十分です。

石鹸って、結構洗浄力高いので実は注意が必要なんですよ。

湯シャンも流行っていますよね。

我が家の娘は1歳過ぎるまでお湯のみで洗髪していました。

スポンサーリンク

脂漏性のフケ

湿り気があってベタベタしています。

髪の根元についていることが多く、大きな塊になっています。

シャンプーのすすぎが十分できていますか?

脂漏性のフケは、頭皮に汚れが残ったままの状態になっていたりするのが原因で、雑菌が繁殖してしまうと発生してきます。

皮脂の分泌が多い男の子に比較的多く見られます。

また、動物性の食べ物や甘いものを摂りすぎているとなりやすいです。

シャンプーの洗い残しがないように注意するのはもちろんですが、脂漏性タイプには桃の葉もいいですよ。

桃の葉の煎じ汁の作り方

桃の葉を30枚くらい、600ccのお湯が半量になるまで弱火で煎じます。

それを濾して冷まします。

これを頭皮に擦り込むようにつけてあげます。

30分くらいしたら綺麗に洗い流しましょう。

毎日じゃなく、1週間に1回程度でも効果があるようです。

子供のフケにオススメのシャンプー

乾燥性でも脂漏性でも、シャンプーを見直すことをおすすめします。

乾燥性のフケは保湿重視のシャンプーがおすすめ!

乾燥肌の方がシャンプーを選ぶときに注意してほしいのは、石鹸=優しいではないと言うこと!

石鹸シャンプーって、肌に優しいイメージがありますが結構洗浄力は高いです!

乾燥肌の方にはあんまり向かないと思います。

乾燥肌におすすめなシャンプーはこちら

ドラッグストアでも手軽に手に入ります。

泡立ちもよく洗い上がりもすっきりするし、かゆみを伴った乾燥にもいいですよ。

楽天のレビューにも、ひどいかゆみを持っていた方が改善した!と言う口コミが多く寄せられていました。

ネットで買った方が、ドラッグストアで買うよりも安くなっているようです( ̄∇ ̄*)
 
 

脂漏性フケの場合は洗い残しがないよう、泡切れのいいものがおすすめです。

@コスメのベストコスメアワードで1位になった商品です!

こちらには、オクトピロックスという有効成分が入っています。

脂漏性のフケは雑菌が繁殖することが原因ですが、この成分はカビなどの雑菌の増殖を殺菌して抑えてくれます。

頭皮のデオドラント効果もあるので、汗っかきで頭皮が臭う男の子にはうってつけ!

セラピエという乾燥性のフケに適した商品もあります。

こちらもドラッグストアで購入できます。

ただ、楽天の方が安いみたいですね。

アトピー体質でかゆみがひどい方が緩和されたり、フケが改善されたりという口コミも多数!

家族で使ってるーという方も多いみたいですよ。

子供のフケを予防するための対策

シャンプーの仕方を変える

これは、乾燥性のフケ・脂漏性のフケどちらにも共通しますが・・・

もし、シャンプーを原液のまま頭皮につけていたとしたら、絶対にやめてください!

シャンプーは、水で割ってよく泡立ててから頭に乗せます。

そして爪でガシガシと洗うのは絶対にやめましょう。

頭皮を傷つけますし、乾燥や雑菌が入る原因にもなります。

指の腹を使って優しく洗ってあげます。

手早く!満遍なく!!洗った後は、十分にすすいであげましょう。

シャンプーの3倍くらいの時間をかけるつもりで!!

小さいお子さんは、ここを一番嫌がるんじゃないでしょうか?

うちの娘も頭を洗うのが嫌いで困っていました。

そこで使っているのがこれ↓

そう!シャンプーハット!!!!

もう大活躍です。

2歳の娘が、水が目に入らない!!!!

と感動しておりました。

ノリノリでかぶってくれて、結構長い間流していても嫌がりません。

ただ、ここも洗い残しがないようにーーー!!

と、一生懸命やりすぎると乾燥を招きますのでほどほどに・・・

毎日シャンプーしない

こちらは乾燥性フケの方向けの対策です。

髪の毛の汚れは、シャンプーする前にくしでとかせばほとんど落ちると言われています。

しかも、子供の場合は髪の毛の量も少ないですし、お湯で大体の汚れは落ちてくれます。

逆に、毎日のシャンプーが刺激になったりしますので、2日に1回など頻度を落として見てくださいね。

ただ、お湯でしっかりと汚れは落としてあげます。

お湯の温度はぬるめの方が、皮脂を落としすぎずに良いです。

シャンプーを変えてみる

こどもに大人用のシャンプーを使ったりしていませんか?

大人用のものは刺激が強すぎたりするので、子供用もしくは子供も使って良いものを使いましょう。

あまり長い時間すすぐのは、頭皮にもよくないし子供も嫌がると思います。

上で紹介しているような、泡切れの良い低刺激なシャンプーを探してあげてください!

ドライヤーでしっかりと乾かす

どちらのタイプのフケでも、ドライヤーでよく髪を乾かしましょう。

濡れたままの髪は雑菌も繁殖しやすくなります。

乾燥性フケの方は、あまり温風を当てないようにして冷風を併用するといいですよ。

子供のフケを治し方のまとめ

子供のフケには2種類あり、それぞれ対処法も対策も違います。

よくフケを見分けて、それにあった対策や改善法を行うのが大事です!

ぜひお試しくださいね(*⌒∇⌒*)