ドラッグストアやホームセンターに行くと、


所狭しとあらゆる種類の洗剤が並んでいます。

 

香りがいいものやデザインが可愛いもの、

海外のものから、ナチュラル志向なものまで。

すべての洗剤を試すことはできないし、

どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

 

つい、やっぱりいつものやつ買うか・・・

ってなるのがオチかと思います。

 

けど、今の洗剤で満足していますか?

育ち盛りのお子さんがいる家庭だと、

泥汚れなんかもありますよね。

 

普通に洗濯したってなかなか落ちません。

 

あなたの暮らしにあった洗剤を使うことで、

今よりも少しだけお洗濯が楽しくなるかも!しれませんよ。

スポンサーリンク

粉 VS 液体

結論から言うと、

汚れ落ちは粉が上。

溶けやすさは、液体が上。

 

ここで言う洗剤はアタックとか、エマールとかの合成洗剤を指します。

冬は水温が下がり、ただでさえ粉洗剤は溶けにくくなるので、

きちんと溶かしてから洗濯しましょう。

 

残り湯を使うと、節水にもなるしいいですね。

 

溶け残りは洗濯槽に残り、カビや汚れの原因になります。

忘れちゃいけないのが、洗濯槽の掃除。

 

梅雨時はカビが発生しやすいので要注意!

 

普段でも、1か月に一度は洗濯槽の掃除をした方がいいそうです。

 

液体洗剤は溶けやすいですが、

汚れがひどい場合は十分に汚れが落ちない可能性があります。

予洗いするか、つけおき洗いをしてからの洗濯をお勧めします。

合成洗剤は、各社CM合戦がすごいですし、確かに汚れ落ちも素晴らしいです。

 

けど、赤ちゃんがいる家庭では、肌に優しい洗濯洗剤を使いたいですよね?

スポンサーリンク

 

ナチュラルな洗剤 VS 合成洗剤

いわゆる、石鹸を基に作られている洗剤がよく見られますね。

シャボン玉石鹸など。

 

けど、正しい使い方をしなければ逆に石鹸カスが残って、

洗濯槽の裏にこびりついてしまったり。

 

赤ちゃんの肌着に汚れがついてしまったら、

元も子もありません。

 

私も何回か使ってみたことがありますが、

面倒くさいんです!

私みたいな、面倒くさがりには難しい・・・と断念しました。

 

ナチュラルとひとくくりにしましたが、

各社色々な技術で、すごい!と思った洗剤もたくさんあります!

EM菌を使ったものや、酵素の力を使ったもの等様々です。

 

しかも使い方も簡単!

 

毎日、家族が肌につけるものは、環境に優しかったり、

肌にも優しいものがいいな、と思い、

 

何年も合成洗剤は使っていません。

 

それでも、汚れ落ちに不満を持ったことはないし、

たまに干し忘れて放置されてても、

臭わなくて、ナチュラル洗剤すごいじゃん!

と、驚かされることもしばしば。

 

合成洗剤には、界面活性剤が含まれていて、

汚れ落ちにはよく働いてくれるんですが、

肌に優しいかというと・・・

 

赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭には、お勧めしたくないなー

と思うのです。

 

まとめ

私は、ナチュラル押しなので、そっちよりになってしまうんですが、

 

合成洗剤の汚れ落し能力も侮れません!

どうしても、気になる汚れを落としたい!

というのであれば、汚れがひどいものは合成洗剤で。

 

普段身に付ける肌着や衣服はナチュラル系の洗剤で。

と使い分けられてはいかがでしょうか?

 

ナチュラル系でも汚れ落ちがいいものもあるので、

またご紹介できればなと思います!

 

こちらも合わせてお読みください
>>梅雨時の洗濯物を部屋干しするときの干し方と乾かす方法!


スポンサーリンク