マヌカハニーって知っていますか?
はちみつなんですが、とっても強力な抗菌作用を持っていて、インフルエンザや風邪予防にも効果があります。
日々の体調管理のために取り入れている方も多いです。

私は、子どもへのインフルエンザの予防接種は受けていないので、毎年こちらは重宝しています。
今回は、そんなマヌカハニーの効能や選び方についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

マヌカハニーの効能とは?インフルエンザに効果あり!?

毎年猛威を振るうインフルエンザ。
予防接種は欠かさずしていますか?
インフルエンザ、予防できていますか?

予防接種をしているにもかかわらず、インフルエンザにかかってしまっていませんか?

私も、一人目の子どもの時は小児科に予防接種をお願いしようと行きました。
ところが、そこで医師に言われたことは、
1歳くらいのお子さんは免疫がつきにくいからね・・・
という衝撃の事実・・・

免疫がつきにくいから、何回もするんですね。

えっ!効果(あんまり)ないなら、泣かせるようなことしたくない!
と思い、注射はせずに帰りました。

でも、何かしら予防をしておきたいということで、出会ったのがマヌカハニーでした。

中には、子どもさんには予防接種受けさせるけど自分は受けないという方もいらっしゃると思います。
でも、自分が倒れるわけにもいかないですよね!
そんな時にも、このマヌカハニーが助けてくれます。

マヌカハニーの効能

マヌカハニーは、医学的にも効果が証明されています。
論文もいくつか発表されており、信憑性が格段に違います。
この辺の医学的な論文の内容や根拠については、様々なサイトで説明されてますので、
ここでは我が家が実体験で感じた効能をお伝えします。

我が家では、インフルエンザが流行りだしたら1日1さじ家族で舐めるようにしています。
忘れる時もあるので、毎日じゃないかな。
特に、元気な時は忘れがちです。
この、元気な時から予防していないと意味がないんですけどね。
本当は、朝晩1匙ずつ食べるといいんですが、なにぶん家族が多いもので・・・
ちょっとケチってます。笑

うちは、そのほかの面でも予防対策しているので、そんなに食べなくてもいいかなというのもあり。

あったかくなると、普段はあまり使わないんですが、風邪気味かな?
というときや、喉がイガイガして違和感があるときは頼りになります。

マヌカハニーは殺菌効果に優れているので、喉に付着した菌をやっつけてくれます。
喉風邪で咳が止まらない時も、これを舐めていると治りが違いますね。

インフルエンザにも効果あり!?

大学の研究で、インフルエンザの治療にマヌカハニーを取り入れると治りが格段に良いということが証明されています。
薬の量も少なくて済むんだとか。

我が家も、マヌカハニーのおかげなのか?
子どもたちは今まで一度もインフルエンザにかかったことはありません!!
(私は妊娠中に1回かかりましたが・・・)

子どもの苦しむ姿はできれば見たくないですもんね。

マヌカハニー、インフルエンザや風邪予防以外にもあらゆる場面で使えます。

傷の治療にもなります。
レンガで顔を打ってひどい怪我を負ったお友達(女の子)がいたんですが、このマヌカハニーを傷に塗っていました。

女の子だし、顔に傷が残らないといいな・・・
と思っていましたが、化膿することもなく見事!綺麗に治ってしまいました。
傷跡も残っておらず、全然わかりません。
傷口をラップで覆う湿潤療法を併用したのも良かったと思います。

すごいな、マヌカ!と思った出来事でした。

抗菌作用があるので、他には
虫歯にも効果があります。
こちらはまだ我が家では検証していませんが、えっ!!虫歯にはちみつ?
逆に虫歯になりそう・・・と思いますよね。

これから試して見たいです。

このマヌカハニー、天然の抗生物質とも言われているくらいのものです。
しかし、薬のように副作用もないので、安心して使えます。

できれば薬は使いたくない・・・という方には、ご家庭に一本あったらいいと思いますよ。

マヌカハニーの食べ方は?子供には?

風邪やインフルエンザ予防には効果的なので、お子さんにはぜひ食べさせていただきたいです。
ただ、いくつか注意点もあります!

1歳未満の幼児には食べさせない

はちみつには、ボツリヌス菌の心配があります。
マヌカハニーもはちみつなので同じく、注意が必要です。
注意書きもよく読まれてくださいね。
メーカーによっては、2歳未満には食べさせないでください。
と書かれているものもありました。

金属のスプーンは使わない

必ず、木のスプーンを使いましょう。
金属製のスプーンは、マヌカハニーの成分が変化してしまうそうです。
せっかくの効果も台無しになってしまいますので、注意された方がいいと思います。

まずはUMFの低いものから

マヌカハニーは、成分の濃さにより単位が設けられています。
この数字が高いほど、薬効も高くなります。
ですが、それに伴って味も濃くなって、人によっては苦手な方もいるようです。

・薬臭い
・ハーブっぽいにおいが苦手

という方がいらっしゃいます。
味に関しては、メーカーによっても違うし人によって味覚も違います。
私は、UMFの高いものでも薬臭いと感じたことはありませんが、どのメーカーなら確実!
とまでは言えないですねー

マヌカハニーを子供にたべさせるには?

うちの子たちは、スプーンにとってそのまま食べます。
ヨーグルトに入れてもおいしいですが、なかなか溶けてくれません。

あたたかい飲み物に入れてもおいしいです。
ただ、暑すぎるものや沸騰している中には入れないほうがいいです。

せっかくの酵素が死んでしまいます。

UMF5くらいのものから慣れていったらいいと思いますよ。

マヌカハニーのUMFとは?選び方

万能に見えるマヌカハニーですが、デメリットもあります。
まず第一は、値段が高い!ということ。
普通のはちみつの軽く5、6倍はします。
食品として気軽に買えるものじゃないですよね。

我が家も、冬が来る前に薬と思って買っています。
もしインフルエンザにかかったとしても。
医療費の補助があるので、子どもの病院代はそんなにかかりません。
けど、風邪やインフルエンザにかかってしまった時の私自身の精神的な負担や、
もし私がかかってしまったら夕食もお惣菜を買ってきたりするわけで。
そっちでお金がかかってしまいます。

それを避けるために、ということで思い切って買っています。
なんとか1シーズンひと瓶で足りています。

そして、マヌカハニーの効能は数値で表されています。
UMFとMGOという指標があって、どちらもマヌカハニーの効果の高さを数値で表しています。
メチルグリオキサールというマヌカハニーに含まれる、抗菌作用のある物質の含有量を表しているのがMGO。
濃度を表しているのがUMFという値になっています。

UMFは、ニュージーランドにある審査機関がマヌカハニーの品質を審査し、認可された商品につけることができます。
生産過程なんかも審査に含まれているので、こちらの数値があれば安心ですね。

UMFが10+以上のものがアクティブマヌカハニーと呼ばれ、ニュージーランドでは医療の現場でも使われるグレードになります。
子どもは、体も小さいし反応も素直なので、10+もあれば十分だと思いますよ。
数値が上がると、値段も跳ね上がるので勿体無いですしね。

UMFとMGOの数値の比較ですが、簡単に比べるとこのようになります。

UMF10=MGO200
UMF15=MGO500
UMF20=MGO800

これを参考に選んでいただければと思います。

ちなみに、子供達には少し安くてグレードが低いものをあげています。
グレードは低くても、品質が下がるわけではないですので。
こちらのショップでは、10+のものも扱っているのでオススメです。
我が家も子ども達にはこちらのマヌカハニーをあげています。
↓↓
ニュージーランド産のマヌカハニーeマヌカ.COM

マヌカハニーはやっぱり高くて・・・でも試してみたい!
という方には、こちらがおすすめ!
初回1回限りですが、お試し価格の2500円から購入ができますよ!
非加熱で高品質ですし、こちらのショップを使ったことがない方にはおすすめです。
↓↓


関連記事インフルエンザの予防接種やその他予防対策に関するまとめ

さいごに

我が家では、救急箱セットの一つにもなっているマヌカハニー
子ども達には1歳をすぎた頃から少しずつ舐めさせています。
小2の長男は、少し風邪気味かな・・・という時には自分で持ってきて舐めるようになりました。

こうやって、食べ物で自分の体の体調管理をしてくれると、こちらもすごく楽ですよ。
お薬のように体にも負担がないですし、日々の体調管理には大人も子供もおすすめです。

家庭に1本あれば大活躍してくれます。
ぜひ使ってみてくださいね。

病気時の栄養補給にも!ミライスターを実際に飲んでみた感想


スポンサーリンク