クリスマスローズは地植えでも楽しむことができる花です。

玄関先の花壇にもおすすめ。

それに、クリスマスローズだけじゃなくて他の花も寄せ植えしてみたいですよね。

今回は、ポッドから地植えに植え替えるときの注意点と、寄せ植えについて相性のいい花やおすすめの花をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

クリスマスローズを植え替えるときの地植え時の注意点

クリスマスローズは、鉢植でも楽しむことができますが、地植えでももちろん楽しむことができます。

では、購入したクリスマスローズを地植えで植え替えるときの注意点をいくつかご紹介します。

まず、クリスマスローズを地植えする季節は、鉢植えのものを植え替える時と同じように最も生育する時期がおすすめ。

だいたい2月~3月中旬がおすすめの季節となります。

そして次に大切なのが、植える場所の環境です。

クリスマスローズは寒さに強く暑さや湿気に弱い植物です。

その為、夏の時期に半日陰になるような場所がおすすめです。

次にクリスマスローズの植え替えの準備をしますが、クリスマスローズを植える場所は庭の高さよりも10センチほど高くしておきます。

深さ・幅ともに30㎝ほど土を掘り起こし、腐葉土や石灰などの混合した用土にクリスマスローズの株を植えます。

クリスマスローズは5~6年ほどでかなり大きくなるものなので、複数の株を植え込むときには間隔を50センチ以あけるようにしてください。

クリスマスローズを寄せ植えするときの相性

次に、クリスマスローズの寄せ植えについてご紹介します。

クリスマスローズは、寄せ植えをして他の植物と一緒に楽しむこともできます。

では、どのような花が寄せ植えに相性がいいのでしょうか?

寄せ植えをするときは、植物としての相性ももちろんですが、色のバランスも大切です。

スポンサーリンク

さらに、クリスマスローズは冬の時期に咲く花なので、別の時期に咲いてくれる花がおすすめです。

例えば、春先や夏に楽しめる球根植物を寄せ植えしておくのがおすすめ。

一年間花を咲かせてくれるので、いつでも庭を華やかに彩ってくれます。

そして、クリスマスローズは暑さに弱いので夏場に半日陰になる場所を好むという特徴があります。

その為、同じく半日陰でも良く咲いてくれる花もオススメとなります。

逆に、スズランやミントなど、地下茎を伸ばす植物はクリスマスローズと一緒に植え込んではいけません。

特にスズランは、表面だけではなく地下茎を20センチ以上も伸ばして成長する植物。

さらに草に毒性もあるので注意が必要なんです。

クリスマスローズと寄せ植えするならおすすめは?

では、実際にクリスマスローズと寄せ植えするのにおすすめの植物をご紹介しましょう。

まずおすすめなのが、チューリップ

チューリップといえば春の訪れを代表する花の一つですよね。

さらに、いろいろな花の形や色があるので、クリスマスローズに合った色を合わせるのがおすすめ。

特に、原種チューリップはクリスマスローズとの相性抜群です。

次におすすめしたいのが、ユリです。

ユリは、夏を代表する球根植物。

ユリにもたくさんの品種や色があるので、クリスマスローズに合った品種を選ぶことができます。

そして、ユリも直接日が当たらない日陰を好むので、クリスマスローズと相性がいいと言えます。

他にも、園芸樹木として花が咲くユキヤナギ・ハナミズキ・ミモザもクリスマスローズとの寄せ植えにはおすすめですよ。

まとめ

クリスマスローズだけでもきれいですが、いろんな花と寄せ植えすると一気に華やかさが増します。
それに、比較的丈夫な花なので、初心者の園芸入門には最適なんです。

まったく園芸に興味がなく、面倒くさがりな私でも枯らせず育てられているので!
なんで食べられない植物をわざわざ植えるの?

なんて思っていましたが、育ててみると心が癒されます。

ぜひ、育ててみてくださいね。

関連記事クリスマスローズの育て方 鉢や土の選び方や肥料について

スポンサーリンク