喪中なのに、初詣デートってしてもいいのかって悩みますよね。

特に、毎年恒例で行っていたらなおさら!

二人でおみくじ引いたり、初詣の雰囲気でしか味わえない二人の空気っていうのもありますしね。

今回は、喪中だけど初詣デートしてもいいのか。
そもそもの、喪中の範囲ってどこまでなのか。
そんなルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

喪中に初詣デートしてもいい?

毎年彼と初詣デートに行っているという人も多いと思います。

しかし、思わぬ身内の不幸があると初詣に行ってもいいのか不安になりますよね。

喪中の期間というのは、お祝いごとなどは基本的にはダメですが、初詣はどうなのでしょうか?

そもそも初詣に行く場所というのは、「神社」と「お寺」の二カ所がありますよね。

その中でも喪中の期間に行ってはいけないのは「神社」に限られるのです。

理由は、神社というのはケガレを中に入れてはいけないという決まりがあるから。

人の死や、不幸に対する悲しみというのはそのケガレと考えられているのです。

その為、喪中の期間中に初詣(神社に参拝すること)は禁じられているのです。

しかし、お寺というのは人の死に対して特に禁止していることはありません。

その証拠に、お寺の僧侶の方にお葬式にお経をあげてもらったり、お墓の管理をお寺がしていることが多いですよね。

つまり、喪中に初詣デートをしていけないのは神社に限るのです。

お寺であれば、喪中でも関係なく初詣を行うことができますよ。

初詣で喪中の範囲はどこまで?

身内の人が亡くなると、「喪中」となりますよね。

しかしそもそも喪中の範囲はどこまでなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

喪中となるのは一般的には「2親等まで」と考えられています。

親等というのは、自分と配偶者を0とし、そこからの身内のつながりを数えるものです。

例えば、1親等は自分や配偶者の両親、そして自身の子供が含まれます。

スポンサーリンク

そして2親等は、自分の兄弟・兄弟の配偶者・祖父母・孫・配偶者の兄弟・兄弟の配偶者・祖父母が入ります。

つまりこの2親等までの誰かが亡くなった場合には、自身は喪中となるのです。

ただ、身内であっても一緒に住んでいなければ喪中とはならないのではないかと考える人もいますよね。

しかし、あくまで喪中の範囲は2親等までと決められています。

その為、たとえ別々に暮らしている人であっても2親等であれば喪中となるのです。

したがって、喪中である場合は神社に初詣に行くのは控える必要があります。

初詣の喪中の時のルールってある?

初詣といえば、欠かせないのがおみくじを引いたりお守りや破魔矢を買う事でもありますよね。

毎年初詣に行ってその年の運勢を占うためにおみくじを引くという人も多いかと思います。

では、もしも喪中の場合はおみくじを引いたりお守りや破魔矢を買うことはできるのでしょうか?

先程もお話しした通り、神社の場合人の死をケガレとし、中に入ることはタブーとされています。

これは、お参りはもちろんおみくじやお守り、破魔矢の購入も同じことが言えます。

ただ、お寺での初詣の場合には、人の死は特に心配する必要はありません。

普段通り初詣に行き、おみくじを引いたりお守りや破魔矢を購入することができます。

しかし、中にはどうしても毎年行っている神社でお守りや破魔矢を購入したいという場合もありますよね。

そんな時には、故人の方が亡くなってから50日を過ぎれば参拝をすることができます。

場合によっては時期が遅くなってしまうと思いますが、やはり喪中の期間中は神社の参拝やおみくじ・お守り破魔矢などの購入はタブーなのです。

関連記事初詣は喪中時はしたらダメなのか!神社に参拝してしまったときは!?

まとめ

今年は喪中だからお寺に行こう!
といっても相手は「?」ってなるかもしれないので、誘うときは何気なく今年は○○寺に初詣に行きたい!
と、何気なく誘導してみてはいかがでしょうか?

まだ付き合って日が浅かったりすると、親戚のことなんかは言いたくなかったりしますよね。
おのお寺はご利益があるらしい!などと言ってみるのもいいかもしれません。

お寺は神社とはまた違った落ち着いた雰囲気もあって、個人的には好きです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク