子どもがインフルエンザに罹ってしまうと、子供はもちろん親の方も大変です。

それを避けるために、インフルエンザの予防接種が勧められていますが、実際のところ効果や副作用はどうなんでしょうか?

いつ接種すれば、インフルエンザが猛威を振るう時期を乗り越えられるんでしょうか。

そんな疑問にお答えしたいと思います。

インフルエンザの予防接種を考えるきっかけにしていただければと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種は子供への効果は?

インフルエンザの予防接種を受けても、子どもにはあまり効果がないという話を聞いたことはありませんか?

インフルエンザ予防接種は、受けることによって身体に抗体を作り病気にかかりにくくするものです。

では、インフルエンザ予防接種には子供にはどのような効果が得られるのでしょうか?

まず、インフルエンザ予防接種は子どもにもきちんと効果はあります。

しかし、小さな子供であればあるほど効果は低いのです。

だいたい6歳くらいで20~30%程度だといわれています。

この数字を見ると、そんなに低い確率なら高いお金を出して子供につらい思いをさせてまで予防接種の必要はないのかと感じる人も多いかと思います。

しかし、決してインフルエンザ予防接種を子どもに受けさせることは無駄ではありません。

その理由は、たとえ予防接種を受けてインフルエンザにかかってしまったとしても、重症化しにくいということが確認されているからです。

つまり、インフルエンザ予防接種の子供への効果は、インフルエンザの予防・そしてかかってしまった場合の重症化を抑えるものでなんです。

費用対効果を考えて、予防接種を打つか打たないか、どちらかを選んだらいいと思います。

インフルエンザの予防接種副作用で熱が出る?

インフルエンザの予防接種を受けると、人によっては副作用が起こることがあります。

どのような副作用があるのかというと、

・予防接種をした場所の赤みや腫れ、かゆみ

・発熱

・頭痛

スポンサーリンク

・めまい

などです。

しかし、これらの症状のほとんどは心配はありません。

2~3日で収まるようであれば、それはワクチンが身体の中に入り、免疫を作ろうとしていることで現れる症状だからです。

ただ、高熱が出るようであれば要注意です!

その理由は、過剰反応である「アナフィラキシーショック」である可能性が高いからです。

もしもインフルエンザの予防接種を受けた後に発熱があった場合には、まずは予防接種を受けた病院に問い合わせをしてみましょう。

そして、免疫を作るための発熱の場合は解熱剤などは使わずに様子を見てあげるようにするといいでしょう。

インフルエンザの予防接種の時期で幼児に最適なのは?

インフルエンザというのは、11月ごろから流行し始めますよね。

では、幼児の場合いつ頃にインフルエンザの予防接種を受けるのがいいんでしょうか?

インフルエンザ予防接種を受け付けが始まるのは10月ごろから。

そして、予防接種を受けてから身体に免疫が出来るまで2週間ほどかかるのだとか。

ちなみにインフルエンザ予防接種の効果は6か月ほど持つんだそうです。

インフルエンザというのは、翌年の2~3月ごろまで流行しますよね。

そう考えると、幼児の場合インフルエンザの予防接種は10月の中旬から下旬には受けておくといいと思います。

さらに13歳未満の場合は2週間から1ヶ月後にもう1回受けることが勧められています。

この時期に予防接種を受けることで、ちょうど一番流行するといわれている1~2月ごろに一番予防接種の効果が高まっている状態で乗り切ることが出来るんです。

関連記事インフルエンザの予防接種やその他予防対策に関するまとめ

まとめ

今回記事をまとめます。

・インフルエンザの予防接種の子供への効果は、ゼロではない!
重症化を防いでくれる効果がある。

・インフルエンザの予防接種の副作用で熱が出ることもあるが、高熱でない限り少し様子を見てみていい。

・インフルエンザの予防接種を受ける時期は幼児の場合は、10月中旬から下旬にかけて受けておくといい。

インフルエンザの予防接種を子どもに受けさせるときの参考になれば幸いです。

病気時の栄養補給にも!ミライスターを実際に飲んでみた感想

スポンサーリンク