長崎で神社と言えば、「諏訪神社」

長崎の氏神様で、長崎くんちの舞台にもなる場所です。

そんな諏訪神社は初詣も大混雑!

今回は、この混雑を回避できる方法と駐車場の情報などをご紹介します♪

スポンサーリンク

長崎諏訪神社の混雑状況は?

年越し~翌朝にかけては、カウントダウン帰りやデートで訪れる人たちも多く、とても混雑しています。

私が以前夜中に行った時は、境内の前まで行くことができず、お賽銭も遠くから投げている状況でした。
(そして、前の人の頭に当たってしまったり…( ´艸`))

この時間は、ゆっくりとはできないかもしれませんね。

元旦は終日混雑しているイメージです。

車で行こうにも、三が日はいつも道路も混雑していて、あまりおすすめできません。

諏訪神社の参拝専用駐車場はあります。
加えて近隣にコインパーキングもいくつかあります。

けど、すぐ埋まってしまうので、ここが空いている可能性も低く、運に任せるしかありません。

諏訪神社は、長崎で最も参拝者が多い神社で例年20万人ほどが訪れます。

出店もありますので、お正月の三が日はいつも多いイメージです。

ゆっくり参拝したい場合は、三が日を過ぎてから行くことをおすすめします。

長崎諏訪神社の混雑を回避する方法とは?

車で行くと、交通規制はないものの、どうしても渋滞に巻き込まれてしまいます。
それを避けるためには、なるべく遠くにとめること。
そして、路面電車を使うことをおすすめします。

長崎駅周辺か、松山のパークアンドライドは安いし、バイパス降りてすぐなので使いやすいです。

お正月の多い時期は、増便もされますので、使いやすいと思います。

スポンサーリンク

駐車場を探してうろうろ…という状況は避けられると思いますよ。

 
時間帯を工夫するというのも、混雑を回避するにはいい方法です。
諏訪神社に限らず、どの神社でもいえることですが…

元日は初日の出を見に行きますよね?
だいたい、朝の5時~7時ごろかと思いますが、その頃は比較的人出が少なくなる時間帯と思います。

で・す・が!
諏訪神社は高台にあるので、ここからも初日の出が見れちゃうんですよね。確か。
だから、この戦法は使えないかもしれません。

長崎諏訪神社に初詣に行くときの駐車場は?

諏訪神社にも参拝者用の無料駐車場はあります。

ですが、収容台数は50台と少なめですので、停められないと思っていたほうがいいと思います。
しかも、諏訪神社へ行く道は細いので、お正月の人でも考えると、地元民としてはあまり通りたくないなーという感じです。

周辺にもいくつか有料駐車場はありますので、ぐるぐる回っているとどこかには入れると思います。
駐車料金は、長崎市の中心部よりは安くて30分100円のとこが多いです。
でも、駐車場が狭かったりするので大きい車の方は気を付けてくださいね。

ですが、渋滞もするでしょうし、近くのコインパーキングから埋まっていきますので、ここはあきらめて長崎駅付近や桜町の方へ停めることをおすすめします。

結局、微妙な距離のパーキングに停めることになって、歩くのが大変だったということもあります。

お気をつけくださいね。

関連記事お正月にまつわる実家への帰省や初詣についての記事一覧

まとめ

三が日はとても混雑しますが、路面電車も増便されますので、公共交通機関を使って徒歩で行くのがおすすめです。

出店も出ていて、賑わっていますよ。
個人的なおすすめは、はしまき!梅が枝餅も定番ですね。
食べたことない人はぜひ、出店も楽しんでみてくださいね!

そして諏訪神社は縁結びの効果もあると言われています。
ぜひ、彼氏彼女と一緒にデートで行ってみてくださいね。


スポンサーリンク