アイロンといえば主婦にとってはめんどうな家事の一つ。

毎日かけるのは本当に大変だし、子供がいる時はできないし。
作業着が100枚くらいあればなぁ。

そんな思いで毎日アイロンをかけているかと思います。

しかしながらここ最近では、簡単で楽なアイロンがけができることをご存知ですか?

その簡単で楽な方法のやり方にはどんなアイロンがけがあるのでしょうか。

そこで作業着にアイロンは必要なのか、かけ方やクリーニングに出した場合を紹介します。

作業着にアイロンはかけるべき?

身だしなみの観点から見ると作業着はビシッと決めて仕事に出勤したいもの。
妻にとしても、旦那さんがシワシワな作業着で仕事しているのはちょっと嫌ですよね。

しかし作業着は職種によってアイロンをかけるものとかけないものとで、主婦たちの意見はさまざまなようです。

特に建設業など毎日泥やホコリまみれになる作業着はアイロンをかける意味がないという意見からアイロンをかけない方が多いようです。

友達の旦那さんも、毎日泥だらけで帰宅することが多く、旦那さんも「どうせすぐ汚れるから」と、アイロンはかけていないそうです。

しかし、社外で作業する仕事と社内で作業をする仕事ではまた違ってくるようです。

社内で作業する職種は汗による汚れが特に目立ってきます。

やはり、社内で作業をする方のほうが汚れは少なくなります。

毎日の汚れの「頻度」によってアイロンをかけるかかけないかを判断してするとよさそうです。

作業着がシワにならないアイロンのかけ方

旦那さんには、やっぱりビシッと決まった作業着を着てほしいですよね。
でももし、このアイロンがけがもっと簡単にできるなら…
ぜひやってみたいと思いませんか!?

簡単なかけ方を紹介しますね(*^-^*)

シワにならないアイロンのかけ方にはいくつかあります。

洗濯の脱水を短くする

洗濯の脱水時間を短くすることで、シワが減りアイロンがかけやすくなります。

霧吹きをかける

アイロンをかける時に、スチームではなく水の入った霧吹きでシュッシュしながらアイロンをかけます。

干す前にアイロンをあてる

・洗濯した作業着を干す前に、先にアイロンを軽く全体にあてます。

・お湯で濡らしたタオルを作業着の上に敷いた状態で上からアイロンをかける。

のり剤を使う

アイロン用のり剤を使用する。



作業着のシワは洗濯の仕方によっても変わってくるので、ここも一つ見直したいところです。

作業着に付いている札を確認し、アイロンがけがNGな作業着もあるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

作業着はクリーニングがいい?出すと料金はいくらかかる?

アイロンが簡単にかけられるといっても、忙しくてそんな時間がない!
という場合には、お金を出してプロに任せるというのも一案です!

やっぱり、クリーニングは仕上がりのキレイさと、朝一に出せば夕方には仕上がっているという早さがメリットです。(※店舗によってはそうじゃないところもあります。)

でもその場合、気になるのが料金ですよね。
クリーニングと言っても、洗い方には汚れや材質によって変わり、料金もそれによって変わってきます。

クリーニングの種類ですが、
クリーニングにはドライクリーニング、ウエットクリーニング、ランドリーと3種類あります。

ドライクリーニング

一般的によく使われているのがこのドライクリーニング。

水を使わない、石油系の溶剤に洗剤を入れて洗います。

普通の洗濯では落ちにくい頑固な油汚れや口紅といった油脂系の汚れを有機溶剤によって汚れを落としてくれますが、汗などの水溶性による汚れは落とすことができません。

衣服の型崩れや縮みがしにくいという特徴があります。

ウエットクリーニング

水洗いが難しいとされる衣服などを洗い上げてくれます。

色落ちなどを防ぎながら水溶性によってドライクリーニングでは落ちない汗や食べこぼしのシミ、コーヒーなどを落とし汗などの黄ばみなどを防いでくれます。

水溶性の汚れは落ちますが、漂白効果はありません。

ウエットクリーニングは手間がかかりますので料金は通常価格の1.5倍と割高になっております。

ランドリー

高温水と弱アルカリ性で、作業服や白衣などの水に対して耐久性がある衣類を専用洗剤とアルカリ剤を使用して洗濯します。

プロの漂白剤を使用するので洗浄力が高く汚れをしっかり落としてくれます。

作業着はランドリーに当たるかと思います。

クリーニング店にもよりますが、一般のクリーニングにて作業服の上下はそれぞれで400~500円程度。

つなぎになっている作業服は1050円~です。

ウエットクリーニングはドライクリーニングの通常価格が割高になっております。
通常価格より1.5倍くらいになるかと思います。

ランドリーは12kgタイプですと600円、17kgタイプ800円、25kgタイプ1200円。

クリーニングは格安設定で行っていますので手軽に活用できますよ。

割引クーポンなどを扱っているクリーニング店もございますので、利用してみてもいいかもしれません(*^-^*)

まとめ

いかがでしたか?

時間の短縮にもなりますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

家事や育児で自分の時間がないという方にオススメです。

私は慢性的な肩こり持ちなので本当にアイロンをかけるとなると嫌で仕方なかったのですが、上記に記載した方法なら身だしなみに気を使ってしまう私にとって簡単で楽なので助かりましたよ。

もう一つは、お金に余裕がある方に作業着は多めに用意しておいたほうが予備がありますので毎日アイロンをかけなくても済むということです。

昔に比べて今はシワになりにくい柔軟剤なども販売しておりますので活用してみましょう。

面倒な作業着のアイロンがけも、一工夫すれば楽になることができますよ。

アイロンがけは簡単にさっと済ませて、自分の時間をつくっちゃいましょう( *´艸`)


スポンサーリンク