雪が降る時期になると発生する雪虫。
雪虫がちらちらと舞う姿は本当に幻想的…


北海道では古くからなじみの深い虫です。
ですが近年は、雪虫の大量発生が問題になっています。

対策や駆除方法はあるんでしょうか?
気になる生息地や生態についても、調べてみました( ^ω^ )

スポンサーリンク

雪虫とは?発生する時期はいつ?

北海道では、雪が降る季節になると出てくる虫のことです。

冷え込みが強くなる10月ごろからみられるようです。

雪虫が目撃されるようになってから、だいたい1週間~10日くらいで初雪が降るといわれています。

遠くから見ると、雪がちらちらと舞っているようで幻想的な雰囲気ですが、近くから見ると…

ただの虫です。

種類もいくつかありますが、北海道などで見られる一般的なものは、
正式名称はトドノネオオワタムシと言います。

アブラムシの仲間で、お尻には綿のようなふわふわしたものがついています。

羽が生えているとはいえど、飛ぶ力は弱いので、風に流されながら飛びます。
この、ふわふわと飛んでいるさまも雪を思わせるんですね。

おまけに生命力もとても弱く、どこか違う場所に付くとその時点で死んでしまうんです。

とことん儚げな虫なんです…

雪虫の生息地はどこ?

雪虫は基本的に北海道や東北地方で多くみられます。

正確な生息地については分かっていません。

時折関東地方で目撃されることもあります。

地球温暖化が関係しているともいわれています。

雪虫の生態とは?

雪虫の生態については、まだわからないこともたくさんあります。

雪虫は、単為生殖と言って、

オスがいなくてもメスだけで子供を生むことができます。

雪虫の生涯

春にヤチダモの木に産み付けられていた卵から、メスの幼虫が生まれる
↓↓
ヤチダモの葉で育ったメスの幼虫は、
5月頃には成虫になり、トドマツの木に移ってその木の根元で生活します。
↓↓
そして、そこでメスの幼虫を生みます。

↓↓
秋から冬にかけて成虫になった雪虫は、トドマツの木の根でアリと共存しながら増えていきます。
↓↓

最後に残った世代が羽をもった成虫になります(10月ごろ)
↓↓

なんと!
最初から羽をもっているわけではなかったんですね。

そして、晩秋に外にでてヤチダモの木を目指して飛び立ちます。

この時に飛び立った成虫が雪虫なんです!
↓↓

そしてヤチダモに見事たどりついた雪虫は、初めてオスとメスの両方を生みます。

ここで生まれたオスには口がありません。

交尾をするためだけに生まれるんですね。

そしてメスも、1個の卵を残した後は力尽きてしまうんです。
↓↓

そして、また最初に戻ります。

飛行能力の低い雪虫は風の強い日は飛べません。

風の弱い時を見計らって飛んでいるそうですよ。

雪虫が大量発生するのはなぜ?理由はある?

この雪の妖精ともいわれる雪虫ですが、大量発生すると大変なことになります。

北海道民にとってはやっかいな存在なんだとか。

大量発生時は目も開けられない、吹雪のような光景になります。

駐車中の車にもたくさんつきますし、機械の中に入り込んでショートしてしまう原因にもなります。

近年、大量発生の頻度が増えているそうですよ。

大量発生した時は、窓も開けられません。

それに、外にいた場合は髪や服にもついてしまいます。

しかも、ぶつかると死んでしまいます。

雪虫が洋服についてしまった場合は、なかなかやっかいなんですよね。

スポンサーリンク

見るだけだとかわいい、お尻の白いふわふわって実は、体内から分泌されているロウのような物質。

取り方を間違えると、べったりとくっついてやっかいです。

特に、自転車に乗っていたり、走っていたりすると口の中や鼻の中にも飛び込んできます!

口の中に入った雪虫を飲んでしまったときと言ったら…

おいしいかって?

おいしくないですよ。

虫だもん…

アブラムシの仲間は、直前の夏~秋にかけての気温の高さに比例して
大量発生するということが分かっています。

雪虫もアブラムシの仲間なので、地球温暖化に伴う気温上昇の影響を受けていると考えられます。

このまま温暖化が進んでいくと、大量発生だけでなく、生息地が南下していく可能性もあります。

雪虫の対策は何かある?

雪虫がちらついているときは、

ゆっくり歩くこと。

普通に歩いていても雪虫がついてしまうレベルなので、自転車やバイクなんかはもってのほかです。

どうしても外を歩く場合は、つるつるした素材の洋服を身に着ける。

マスクは必須!

サングラスもあればいいですね。

帽子もなるべく雪虫がついても落としやすいものをかぶる。

合羽などあればいいです。

雪虫を駆除する方法とは?

雪虫はどうやって駆除すればいいんでしょうか?

駆除と言っても、雪虫はふわふわと漂っているだけで、作物を荒らしたり人に危害を加えることはありません。
人を刺すこともありません。

服についてしまった雪虫は、手で払うとロウがべったりとくっついて筋のようになってしまうことも。

柔らかい布で払うようにするといいですよ。

そして、家に帰ったらコロコロでしっかりと取りましょう。

そんな雪虫も、まれに家の中で発生する場合もあります。

臭いのする場所に発生することが多く、

その場合は、防虫スプレーをして消臭剤を置いておくだけでも効果があるようです。

こちらのピリカレを使って周りを掃除したり、置いておくだけもいいそうですよ。

薄めてスプレーにすることもできます。
防虫スプレーを使いたくない場合はお試しくださいね。

雪虫についてのまとめ

雪の降るころに姿を見せる雪虫

ですが、大量発生すると困りものです。

一時的なものですが、外に出る場合はきちんと対策をしておきたいですね。