女の子にとってはバレンタインは好きな男の子に思いを届ける一大イベントですよね。

ですが実際どんな告白の仕方をすれば良いのか。告白したの時、男の子はどんな気持ちなのか不安な事がたくさんあるかと思います。

今回は、バレンタインに告白する時どのように告白すれば良いのか、告白された時の男の子の気持ちや告白のセリフの例文を紹介します。

バレンタインに告白する!中学生や高校生の場合は?

いざ、告白しようと思ってもどんな風に告白したら良いのかわからないという方も多いはず。ここではどこでどんな風に渡し、告白すれば良いのか。
また告白の時にしない方は良い事を紹介します。

チョコを渡す時や告白はどんな風にするの?

1対1で

友達がいたり大人数の中チョコを渡す、告白するとしっかりと自分の気持ちが相手に伝わらない事があります。

1対1で話せるシチュエーションを作る事がまずは基本になります。

相手をしっかり見て

緊張していても気持ちを伝える時は相手の目を見て伝えるようにします。緊張している時ってどうしても下を向いてしまいがちですよね。

下を向いて気持ちを伝えてしまうと相手は「本当に好きなのかな」と不安になってしまいます。不安な気持ちにさせない為にも相手の目を見てしっかり自分の気持ちを伝えましょう。

ストレートに気持ちを伝える

伝えたい想いがたくさんあって長々と自分の気持ちを伝えていると本当に自分が伝えたい事が伝わらない場合もあります。最終的に何を伝えたいか分からなかったなど相手に思われてしまいせっかくの告白も台無しに。

そこで気持ちを伝える時は一番自分が伝えたい事を簡潔に伝えましょう。

チョコを渡す時や告白する時は何処でする?

誘って特別な雰囲気作り

1対1になるには例えば体育館裏や誰も通らないような所に誘う事が必要です。相手を誘って特別な雰囲気を作り「今から何かを伝えてくれるんだな」と思ってもらう事も大切です。

そう思ってもらえた方がより真剣に気持ちを聞いてもらえてちゃんと答えを出してくれます。

帰りを待って

学校の下校の時に好きな子を校門で待ったり部活動が終わるのを待ったりして「一緒に帰ろう」と誘ってみましょう。一緒に帰る道中たわいもない話をして別れ際に告白するもの良いですよね。

しない方が良い事って何?

友達が一緒についてくる

チョコを渡す時、告白をする時緊張してしまうからと言って友達が一緒についてくるのは避けましょう。相手からしたら冗談なのかなっと思われてしまったり、相手も友達がいる事で緊張して本来の気持ちを話してくれなくなってしまう可能性もあります。

すれ違った時やついでにあげる

いくら緊張していても廊下ですれ違った時に渡す事や教室で話していて近くにいたからついでにあげるなんて事はしない方が良いです。

本命だとしても軽く思われてしまい気持ちが全然伝わらなくなってしまいます。

CHECKバレンタイン本命の彼への渡し方!肝はラッピングとメッセージ!

バレンタイン本命の彼への渡し方!肝はラッピングとメッセージ!
バレンタインは大好きな彼に好きの気持ちを込めてチョコを贈る、女の子にとって特別な一日ですね。ずっと片思いしてきた男の子にチョコを渡したいっと思っているけどど...

バレンタインに告白された時の男の子の気持ちって?

男の子は単純に本命チョコをもらえるだけでも嬉しいと思っています。

スポンサーリンク

好きな相手だとしてもそうでない人でも自分の事を好きでいてくれる事はとても嬉しい事ですよね。女の子が好きな人を想ってチョコを作ったり選ぶという事は、それにかけるほど愛があり純粋な姿を見れとても好印象を与えます。

本命の人からもらった時には幸せすぎる事だけど、本命の人でなくて精一杯の気持ちを伝えてくれた事で一度考えてみよう!や、少しでも好みが合えば付き合ってみようと思う人が多いです。

またその人との関わり方でも思っている事は違います。

あまり面識がなく喋ったことがない人だと

喋ったことがないと中身を知らないからルックスを重視して告白されたと思い、自分の好みとか誰から見ても可愛い人と思わないと返事をしない事が多いです。

もし女の子があまり面識がなく喋ったこともない人に告白する際は、気持ちより次につながる為に連絡先などを交換すると良いです。

仲が良い相手

話したり連絡を取り合っていると相手の事を知っているので、告白しても冷静に考えてしっかりと答えを出してくれます。

バレンタインに告白したときの成功率ってどれくらい?

バレンタインに告白する女の子はたくさんいるかと思いますが、実際どれぐらいの成功率なのでしょうか?

実際バレンタインに告白する人3人に1人と言われており成功する人4割!半分以下の結果と言われています。バレンタインに告白すれば成功しそうですが中々成功しないようですね。

手紙で告白、直接告白どちらのほうが成功率が高い?

手紙

自分の伝えたい気持ちをしっかりと考えて簡潔に書く事が出来ます。渡して読んでから相手に考える時間があるので、しっかりと自分をの事を考えてくれて本心の気持ちを聞くことが出来ますね。

直接

相手の顔を見て気持ちを伝える事が出来るから本気度が伝わりやすいです。

手紙とは違い気持ちを伝えた後に彼が考える時間が限られてしまいます。気まずくなったり、相手も本当に好きだったらいいですが、彼が曖昧な気持ちで答えを出してしまう可能性もあるので、そうすると実際付き合ってもやっぱり違ったと別れてしまう可能性もあります。

手紙と直接告白するのを比較してみると

直接会って告白すると目を見て話せ本気なんだという想いが伝わりやすいですが
緊張してしまって本当に伝えたかった気持ちが伝えられない事もあります。

手紙に気持ちを書いて渡した方が

自分が一番に伝えたい気持ちも伝わり相手にも考える時間もあるので、真剣に付き合う事に対して考えてくれるので成功率も上がりますね。

バレンタインに告白する時のセリフは?

バレンタインの告白の時にどんなセリフで伝えたら良いのか困っている方に告白のセリフの例文を紹介します。

  • ストレートな言葉で
  • ○○君の事がずっと前から好きでした。
    私と付き合ってください!

  • どんな所が好きが伝えて
  • ○○君が部活動で頑張っている姿に心を惹かれました。
    よければあたしと付き合って下さい!

  • 感謝の気持ちと自分の気持ちを伝えて
  • ○○君の隣にいるといつも笑顔になって幸せです。
    私と付き合って下さい!


    告白する時は絶対に相手の名前を呼びましょう。
    「好きだよ!」より「○○君好きだよ!」と言った方が相手の心に響きますよね。
    また、気持ちを伝える時は目を見て
    ストレートな言葉で簡潔に言うと気持ちが伝わりやすいです。

    CHECK【おすすめ】バレンタインに関するお役立ち記事一覧はコチラ

    まとめ

    今回は、バレンタインに告白する時の告白の仕方や注意した方が良いポイントと、告白した時の男の子の気持ち、また告白の成功率やセリフの例文について紹介しましたがいかがでしたか?

    直接告白するのって本当に緊張しますよね。告白で一番大切なのはしっかりと自分の気持ちを伝える事。

    この記事を読んで参考にして頂き少しでもバレンタインの告白のお手伝いになれれば嬉しいです。