ミカンの食べ過ぎは体に悪い?1日何個まで食べていい?


もう1個…後もう1個食べちゃおう…

おいしいから特にお子さんはつい手がでてしまうものですよね。

ですが、実はみかんの食べ過ぎは体に良くないのです。

果たして食べ過ぎたみかんからは
体にどのような悪影響を及ばすのでしょうか。

そこで食べ過ぎによる体への影響と、
ミカンを食べる目安などについて紹介します。

ミカンの食べすぎは体に影響がある?

ミカンを食べ過ぎると体には何が起こるの?

…こんなことが起きてしまいます。

虫歯

ミカンに含まれる糖分はアメ玉一個分を相当します。

また、ミカンには「酸」が含まれており、
その酸によって歯を溶かしてしまうのです。

しかし唾液によって酸が流されるので
そこまで神経質にならなくてもよろしいかと思います。

柑皮症

βカロテンの多摂取による手や足、体全体を黄色と化してしまう、
これを柑皮症といいます。

そもそもβカロテンって?

豊富な野菜に多く含まれるカロテノイドの一つで、
強いパワーの抗酸化力を持つ栄養素です。

野菜などに含まれているβカロテンは、
食べた物の吸収によって血液中へと入り、皮膚から排出されます。

それが皮膚の表面へとβカロテンは溶け込んでしまうのです。

結果…

βカロテンの多摂取により手や足、体全身を黄色に
変色
させてしまうという状態になるです。

ミカンで太る!?しかも体を冷やすの?

ミカンで太る原因は「果糖」にあります。

他の果物にも果糖は含まれていますが、
ミカンにはたくさんの果糖が含まれているんですよ。

「甘いお菓子を食べているわけじゃないんだから平気でしょ?」

それは違います!

果糖摂取が多ければ多いほど体が吸収してしまいブヨブヨに…
という結果に繋がるのです。

また、水分が含まれているため体を冷やしてしまいます

ですので、冷え性の方がミカンを食べ過ぎてしまうと
冷え性を更に悪化させてしまう恐れも!

体の中を冷やすことから下痢にも繋がってしまうのです。

元から胃腸が弱いお子さんはミカンを食べる時には
注意しなければなりません。

毎度毎度トイレに直行なんてことにならせないために、
みかんを食べる際は温めてからがいいでしょう。

the hot ミカンですよ!

手足が黄色いのはみかんの食べすぎが原因?

先程もご説明いたしましたように、
手足が黄色くなる状態のことを柑皮症といいます。

スポンサーリンク

しかし、ミカンの食べ過ぎだけでなく、野菜ジュースからも
柑皮症が起こることがあるのはご存知でしたか?

野菜ジュースのパッケージに記載されているので
確認していただけるとお分かりになると思いますが、
野菜ジュースにはβカロテンが含まれている野菜などが
たくさん入っているのです。

野菜ジュースで日頃のお子さんの野菜不足を補っているママさん!

ここは要注意ですよ!

良かれと思い毎日野菜ジュースを与えていては
柑皮症になり兼ねません。

お子さんに野菜ジュースを与える際の摂取量は、
子供用コップで1~2杯になります。

この目安でお子さんに野菜ジュースを与えてあげましょう。

柑皮症の治し方は?

体が黄色いことを子供のお友達から指摘されちゃう…

どうしたらいいのかな?

ご安心ください。

これは自然に治っていくものですので心配いりません。

βカロテンを含めるミカンなどの食べ物を控えることによって、
黄色くなってしまった体の色素は数ヶ月程で正常化していきます。

ですので、病院に連れて行かなくてはと焦らなくていいのですよ。

ここで、とあるお風呂での出来事の話です。

私が子供の体を洗ってあげている時に…

ムム!?

娘の体が黄色いじゃない!!

何、えっ何!?

何かの病気なの!?

と、実は私の娘もミカンが大好物であったために
このような経験をしたときがありました。

あの時は本当に焦りましたよ(笑)

ミカンの1日に食べていい量の目安ってあるの?

ミカンをたくさん食べて子供を柑皮症にならせないためには
量を変えればいいのよね!

その通りでございます。

お子さんにミカンを食べさせていい摂取量は1日2~3個まで
与えてあげるといいでしょう。

何個までと上限はありませんが、上記にも記載いたしましたように、
たくさん与えてしまいますと体に悪影響を及ぼしてしまいますので
限られた個数の範囲の中で止めておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

お子さんのミカンの食べすぎ。

気付いたら後1個しかないなんていう光景は
何度か目にしてるママさんたちは多いのではないでしょうか。

ミカンを購入すると価格もそんなに安いわけではないですし…

貴重に食べてもらいものですよね。

しかもミカンから体が黄色くなるなんてビックリですよね!

ミカンはオレンジ色なのに、なぜ体はオレンジ色にならないのか
とかいろいろ考えてしまいました…

けれど、ミカンはビタミンCが豊富に含まれていますし、
お子さんの風邪予防もしてくれるので
積極的に取り入れたい果物の一つですよね。

食べ過ぎ予防に一つ、ミカン1個をママとお子さんとで
一緒に分け合って食べることで、コミュニケーションを図る時間にも
繋がりますので試してみてはいかがでしょうか。