大好きな彼女と結婚したい!!

だけど彼女はパニック障害持ち…

これから先一緒に上手くやっていけるかなぁ…

こんなことを考えて不安になっていませんか?

大好きな彼女のためにパニック障害を一緒に乗り越えてみてはいかがでしょうか。

そこでパニック障害の方と結婚するにあたって気を付けなければならない点などを紹介します。

スポンサーリンク

 

パニック障害の彼女と結婚するうえで大事なこと

 

これからもずっと彼女を大事にしていきたい…

この俺が果たして幸せにできるだろうか…

もちろんできます!!

彼女にとってはパニック障害持ちの私でいいのかな…と、逆に不安になっていますよ。

旦那さんになるあなたが彼女の不安を包んであげてください。

生涯を一生共に歩んでいくんですから責任重大です。

ですから結婚するにおいて、彼女のパニック障害による出来ることや出来ないことも旦那さんになるあなたがフォローしていかなければなりません。

それが出来ないのであればパニック障害の彼女と結婚する資格はありません。

彼女にとってはそれぐらいのことなんです。

結婚してパニック障害に嫌気をさし見捨てられた…

なんてことになるのが彼女はそれを一番恐れています。

ですからパニック障害の彼女と結婚する上で大事なのは、旦那さんになるあなたがパニック障害と闘う覚悟を決めなければなりません。

彼女をしっかりと理解し、何があっても彼女を支えること!

パニック障害は必ず克服できます!!

お互いに協力することで、早期にパニック障害を克服する近道になるのではないでしょうか。

パニック障害の人との接し方は?絶対に言ってはいけない言葉とは?
 その場でパニック発作が起きてしまったら...そんなとき、みなさんはどう対応したらいいのかとアタフタしてしまう方は多いのではないでしょうか。救急車を呼んだ方...

プロポーズするときに気を付けたいこと

あなたはパニック障害と闘う覚悟はできていますか?

そう聞かれた時に、少しの迷いなどがあるときはプロポーズをする時ではありません。

しっかりと彼女を理解していない証拠です。

プロポーズをする前に気を付けたいこと…

それは、パニック障害の彼女と結婚しても、一生彼女を大切にし、パニック障害と向き合っていけるかどうかをもう一度再確認することです。

一度胸に手を当ててみてください。

パニック障害と闘うということはそれほど覚悟が必要だということです。

もう一度言います。

少しの気の迷いがあればプロポーズはしないでください。

結婚生活を送るうえで気を付けたいこと

大好きな彼女との幸せな結婚生活…

楽しみがたくさん増えることでしょう。

ですがパニック障害の彼女にとっては不安が付きものです。

その不安を取り除くことができるのはあなたしかいません。

パニック障害を克服するには、あなたの協力がとても大事になってくるのです。

パニック障害になる原因には、トラウマやストレス、遺伝などから発症します。

ですから、本人からその原因になった要素から遠ざけることが必要です。

ここではそのパニック障害になった原因別でご紹介します。

スポンサーリンク

 

  • 暗所恐怖症

暗いところを過剰に嫌がります。

ですから夜に出かける時は、街などの明るい場所を選んであげましょう。

家の身の回りにはスタンドライトなどを置いてあげると安心できますよね。

インテリアにおしゃれを取り入れることで、その雰囲気を二人で楽しめることができますよ。

 

  • 閉所恐怖症

狭いところを過剰に嫌がります。

まずは共に生活していくお部屋選びから始めましょう。

お部屋は広い方が彼女には負担がかかりません。

トイレなどの個室になっている場合は、ドアを開けたまま用を済ませていても気になさらないことです。

本人はいつでも逃げられるように確保しておきたいだけなのです。

 

  • 嘔吐恐怖症

吐き気、嘔吐、または吐いた時の音や見てしまったときに過剰に反応してしまいます。

ですから、旦那さんになるあなたが一番気を付けなければなりません。

例えばお酒を飲み過ぎて吐いた、食べすぎて吐いたなんてことはご法度です。

吐く時は、彼女のいない場所で済ませましょう。

 

ここで注意点が一つ。

それは妊娠です。

妊娠すると、必ず乗り越えなければならないのが「つわり」です。

このつわりが怖くて赤ちゃんが欲しくても妊娠できない方がたくさんいるのです。

どれくらいの恐怖度にもよりますが、二人でしっかりと話し合うことが大切です。

妊娠するとお薬は飲めませんので吐き気止めは使用できません。

ですから吐き気を和らげる漢方をお勧めします。

 

  • ストレス

結婚すれば夫婦ゲンカはつきものです。

パニック障害の本人にとっては、パニック障害の病気そのものだけでストレスでいっぱいになっている状態です。

ですから彼女にはそれ以上にストレスを与えてしまいますと、症状が悪化してしまう可能性がありますので、ストレスを与えないように心がけておきましょう。

 

  • 遺伝と環境

遺伝だけは避けて通れない道です。

ですから何らかの原因でパニック障害を患ってしまったときはそれなりに対応が必要になります。

どんなきっかけでパニック障害を発症するのか分からないのでしっかりと観察しておきましょう。

 

環境ですが、引っ越しによる環境の変化は大きく影響します。

彼女の知らない土地や風習などからカルチャーショックを受け、ホームシックなどに陥ってしまいます。

知らない土地で自分の安心する場所がなく、不安発作を起こしてしまいます。

私がそうでした。

右も左も分からない状況の中、私の心の中では孤独感が湧き、どうしたらいいのかと困惑し不安発作を引き起こしてしまいました。

そういうことのために、引っ越しされた場合は、通院先の病院は第一に決めましょう。

パニック障害になりやすい人って?血液型によって違うの?対策は?
なんだなんだ!?この血の気が引くような感覚...息が出来なくて苦しい...もしかしてパニック障害!? ストレス社会で年々増えつつあるこのパニック障害。過呼吸で...

まとめ

いかがでしたか?

パニック障害の彼女との結婚は生半可なものではありません。

彼女も懸命にパニック障害と闘っています。

しっかり彼女を支えてあげてください。

彼女にとってもあなたの協力によって、共にパニック障害と闘ってくれているんだなって強い励みになります。

パニック障害の方は孤独感に陥りやすい傾向がありますので、二人で闘っている姿勢を感じることで孤独感にならず、前向きになることができます。

早期のパニック障害克服のために一緒に闘いましょう。
 


スポンサーリンク