お母さんはすごい!平成の今でもできる昭和の節約実践術!!


私が結婚する時に母から、
「結婚すると色々お金が必要になるから、節約しなさいよ。」
と言われました。

その時はバラ色の未来に浮かれて
あまり気にもしていなかったのですが、
いざ結婚して生活をすると色々お金がかかるのにびっくりしました。

そこで母にどうしていたのか聞いたところ
現在でもできる節約術がいっぱい!

それを私一人だけが知っているのはもったいない!

と思い、今回は平成の今でもできる、
昭和の節約術をご紹介します。

スポンサーリンク

光熱費・水道代・電話代 毎月の必要経費は最小限で

母がまず実践したのは、光熱費、水道代、電話代など
毎月引き落とされる必要経費を最小限に抑えることでした。

使っていない電気を消す
のはもちろんですが、
お風呂は間を置かずに入ってガス代を節約し、
残り湯は洗濯や掃除に使っていたそうです。

これでもずいぶん節約できますよね。
私も実践しています。

昔は固定電話だけだったので、
電話代はかなりのウエイトをしめていたそうです。

しかも両方の両親、つまり私の祖父母は遠くに住んでいたために
どうしても高くなりがちで、月に何回は手紙を書いて
できるだけ長距離電話は控えていたようでした。

私が中学生だったころ、友達との長電話がブームに。
学校では話せない事を毎日だらだらと話していました。

そんなある日、母は私に通話記録がついた請求書を
私に見せてきたのです。

請求書を見てびっくり、10,000円を超えているではありませんか。

しかも、ほとんどが私の長電話です。

あまりの衝撃に友達と「長電話は控えよう」と話し合ってしまいまた。

母の作戦勝ちですよね。

現在ではあまり固定電話を使う事はありませんが、
携帯のプランの見直しや家族割りの利用、
LINE等を利用
して通信費は抑えたいものです。

また子どもがスマホを持つときは、
パケホーダイにするとか、毎月かかるアプリ代をいくらまでにする
というのをしっかり決めるのも節約につながりますよね。

LINEモバイル

流動的な食費こそ節約のポイント

食費は出費の中でもかなり流動的で
外食ばかり続けばすぐに跳ね上がってしまうものです。

食費の節約は家計に直結しますよね。

私の父はかなり食事にはうるさく、
「美味しいものが食べたい」とよく言っていました。

スポンサーリンク

でも、外食をすることは年に数回でしたし、
出来合いのお惣菜がテーブルにならんだ記憶はあまりありません。

ほとんど母の手料理でした。

私たちが育ち盛りの時は、たくさん食べたので母も大変だったでしょうね。

また父はお弁当を持って行くタイプだったので
母は毎日ありあわせでもお弁当を作り、
昼食代もかなり節約していたみたいです。

レジャーで出かけるときも手作りのお弁当でした。
もちろんお茶の入った水筒も一緒です。

これは、現在でもすぐに実践できますよね。

母はお菓子作りが得意で、おやつはいつも母の手作りでした。
誕生日ケーキも母の手作りで、友達にうらやましがられていましたよ。

母が言うには、「買うより1/5ぐらいの費用でできるのよ」とのことです。

料理の食材も良いものを安く買うことを心掛けていたようで、
新鮮で安い農協の朝取り野菜などは特にお気に入りで買いに行っていました。

今なら道の駅などでも新鮮な野菜が安く手に入りますよね。

また業務用スーパーは非常に安く買えるので、
「まとめ買いにはおすすめよ」と母も言っていました。

長く着る服は良いものを

母の服選びの基本は「質の良いもの」

私たちが小さかった頃は、近所の人から
おさがりをもらっていたそうです。

小さい頃は、すぐに大きくなって着られなくなったり
汚して駄目にしてしまうので、おさがりで十分ですよね。

今はおさがりをもらうこともあまりありませんが、
ママ友と交換したりするのもいいですよね。

フリマやリサイクルショップ、アプリを利用するのも節約できます。

でも、成長が止まってからは、長く切られるようにと
しっかりとした服
を買ってくれていました。

買った時は高いのでは?と思っていましたが、
ものがしっかりしていたので、長く着ることができ
結果として節約になっていたようです。

父のスーツもイージーオーダーで価格としては高めでしたが、
何年も着ることができたそうですよ。

流行に左右されない良いものを買うと結果として
節約につながるのですね。

それは今でも一緒ですよね。

子どもの教育費や本も節約できる

私の家族は本好きでした。

でも、本ばかり買うわけにはいきませんよね。

それで、週末になるとみんなで図書館に通って本を借りていました

本代も節約できるし、借りてくるから収納スペースもいらないので、
部屋が本で散らかる事もありませんでした。

また昔は今ほど塾に通う子どもいなかったですよね。

私も塾には行っていませんでした。

でも母は、「塾より通信教育の方が安いから
塾に行かせなかったのよ。」と言っていました。

たしかに、現代でも塾より通信教育の方が安いですよね。

習い事も結構な費用です。

本当に子どもがやりたい習い事だけをやるようにするのも
節約のポイントですよね。

まとめ

いかがでしたか?

昭和でも平成の今でも節約のポイントは一緒ですね。

ということは、今すぐ実践できるということですよね。

出来ることから実践したいものです。


スポンサーリンク