寒い季節も大丈夫!子供にもおすすめの乾燥肌に効く食べ物!!


今年も本格的に寒い時期に入ってきましたね。

これからの時期、やはり気になるのが乾燥です!

空気がカラカラに乾燥すると、大人も辛いですが、
デリケートな肌の幼児、子供達にも辛い時期になります。

わが家の子供達もこの時期は、肌が乾燥しやすく
粉が白くふいてしまいます

親としても毎年、可哀想だなとつくづく思い悩む時期です。

私同様に悩まれている、子育てママ、パパさんも多いと思います。

この悩みを少しでも解消できるように、色んな面から
幼児、子供達の乾燥肌に役立つ方法を探りたいと思います!!

今年は、子供達を乾燥肌から是非守りましょう!!

スポンサーリンク

幼児や子供におすすめの乾燥肌に効く食べ物!!

毎日食事として摂る食べ物ですが、
この食事も体調管理には大切となります。

幼児や子供たちにどんなものを食べさせたら、
乾燥肌から守れるのか探ってみましょう!

調べてみると、

人参、南京、乳製品などのビタミンA
(肌の蘇りに効果であります。)

サツマイモや、マグロ、納豆などのビタミンB群
(脂を溶かし、元気を取り戻す効果があります。)

ブロッコリーや、パプリカ果物に含まれるビタミンC
(肌を強くして艶を出してくれる。)

アーモンドなどのビタミンE
(肌の代謝を良くし、血のめぐりを良くしてくれる効果。)

米、豆乳、魚、牛乳などのたんぱく質
(肌を守る効果があります。)

意外と、私たちの身近によくある食材ばかりなのです。

このような食材をうまく組み合わせて
子供の好きなメニューを作りたいですね。

子供を体の中から健康にしてあげましょう。

乾燥肌を悪化させる食べ物

幼児や、子供達に食生活で食べさせるものは
本当に気になりますよね。

そこで、続いては乾燥肌を悪化させてしまう
食べ物について調べていきましょう。

ファストフード、スナック菓子

言うまでもなく多量にとると体に良くないのは
当然のことですよね。

特に塩や脂を、多く摂ると肌が乾燥しやすくなります。

冷たい飲み物、アイス

冷たいものを摂ると体の新陳代謝が悪くなり
肌が乾燥しやすくなってしまいます。

インスタント食品や、添加物が多く入る清涼飲料

添加物などは体に良くないので
体の代謝がおちるといわれています。

飲み物であれば、水やお茶がお勧めです。

スポンサーリンク

100%ジュースもいいのでは?と思いますが、
濃縮還元のジュースには添加物も入っているので
あまりお勧めできません。

ジュースを飲みたい時は、ジューサーで手作りしてみては
いかがでしょう。

やはり、欧米化した現代の日本働くママも増えてきて
ついつい便利なものを使いがちですよね。

私も、時間が無い時には利用している一人です。

これを機会に自分の子供の食事を見直していきたいと思いました。

乾燥肌と食べ物の関係

幼児や子供達の肌は、本当にデリケートで敏感ですね!!

家の子供達も本当にデリケートで、
毎年冬場のこまめなケアが必要になります。

続いては、そんな乾燥肌と食べ物の関係について調べていきましょう。

毎日の食事において、子供達に偏った食生活になっていませんか?

子供が喜ぶものが、食卓に並ぶ良くありがちなことですよね。

しかし、偏った食生活が続くと、必要な栄養成分が足りなくなります。

その結果、体の代謝が悪くなります。

更には、体内の調子が悪くなります。

そして、体の代謝が悪くなると、子供達の肌を守る
皮脂の量が少なくなります。

皮脂の量が減ると、肌が乾燥してくるということなんです!

ですから、保湿剤を塗ったとしても体の中が乱れているので、
潤いにくい肌になってしまうんです!

こまめに、保湿をしながらも、まずは子供の食生活を
見つめなおす
ことも大切にしましょう。

食べ物以外での乾燥肌の対策方法

子供の乾燥肌で、何気にかきむしってしまうのは
本当に痛々しいですよね。

それを防ぐために、食べ物以外で
乾燥肌対策をするポイントについて調べてみましょう。

入浴後は、保湿クリームを必ず使おう!!

肌が乾燥しやすい子は、やはりうるおい成分が少ないようです。

入浴後、すぐにたっぷりの保湿クリームを塗ってあげましょう。

我が家の子供達も、ベビークリームを毎日入浴後につかっています。

やはり、お風呂上りすぐに保湿するのが一番効果的だと思いますよ!

子供の衣類を考えよう!!

子供の身に着けているものを考え直しましょう。

特に一番下に身に着ける下着は、
綿100%の肌に良いものにしましょう。

我が家も子供達みんな肌が弱いので、特に気にしている点です。

子供の爪を定期的に切ること!!

子供は、無意識の内に痒いと掻いてしまいますね。

そうならないためにも、定期的に爪を切ることが大切です。

私も、子供たちが肌をかきむしらないように注意していますが、
いつの間にか、かきむしってしまうので爪を切るように心がけています。

まとめ

幼児、子供達の乾燥肌を守る方法を色んな面からしらべてみました。

乾燥肌から子供達を守るには、
保湿などの外側からのケアが重きになりがちですが、
食べ物等の食生活にも心配りをしたほうが良いことがわかりましたね!!

子供達の肌を守る対策法を知ることは、
子育てをする上では自信になりますよね!!