恵方巻の具材に決まりはあるの?入れたらおいしい変わり種も伝授!


節分に食べる代表的な物と言えば「恵方巻」。最近恵方巻は様々な種類が売られていたり、家で色々な具材を入れて作るという方も多いと思います。色々な種類がある恵方巻ですが、恵方巻に巻く具材に決まりはあるのか?疑問に持っている人もいますよね。

今回は恵方巻の具材に決まりはあるのか?また中にいれたら美味しい変わり種のアイデア、子どもが好んで食べてくれる具材、工夫を紹介します。

スポンサーリンク

恵方巻の具材って決まりはあるの?

恵方巻の食べ始めには色々な諸説がありますが、最初は大阪地方を中心に節分に食べる習慣がつき次第に全国に広まっていったそうです。また、恵方巻の具材ですが決まりは特にありません。ですが縁起物を言う事もあって7種類の具材を入れると良いとされています。なぜ7種類かというと商売繁盛、無病息災を願って「七福神」にちなんだものと言われています。また、それら福を巻き込むとして巻き寿司にしたそうです。

恵方巻を食べると願い事が叶う、幸運に恵まれるなどと言われています。その年の福徳を司る神様がいる方向を向いて食べるという事は神様にお願いしている状態になり幸運に恵まれる、願い事が叶うとされています。

今では、様々な具材の恵方巻がありますが、それはここ最近の事で昔からの代表的なものとして「かんぴょう、キュウリ、シイタケ煮、伊達巻き、ウナギ(アナゴ)、桜でんぶ、高野豆腐」が入れられていました。

また、入れる具材ひとつひとつにはそれぞれの意味があります。キュウリは青鬼を見立てて「鬼を食べる(退治する)」や、桜でんぷは赤鬼に見立てて「鬼を食べる(退治する)」などの意味を持ち、穴子は穴子の長い姿から健康で長生きできる、金運アップしいたけ元気・壮健への願いなどの意味が込められています。恵方巻を作る時にはこれらの具材が持つ意味を理解しながら作ると良いですね。

恵方巻の具材に決まりはありませんが一年に一度、せっかく食べる恵方巻。福を呼び込む為にも買う時や作る時には出来るだけ7種類の具材の恵方巻を食べると良いでしょう。

中に入れたらおいしい変わり種アイデア!

家で恵方巻を作るという方、どのような具材を入れていますか?恵方巻の昔からの代表的な具材でもあるかんぴょうやキュウリ、伊達巻きなどを入れて作るという方ももちろんいると思いますが、中には少し変わった具材を入れて作るという方もいると思います。

色々な変わり種がある中でまず紹介するのが海鮮巻きです。マグロやエビ、カニやサーモンの海鮮に卵、キュウリ、大葉などの7種類の具材を使って作った恵方巻。ちょっと贅沢な気分を味わいたい時におススメする恵方巻です。

洋風の恵方巻を食べたいと言う方にはアボカドとサーモンの具材を入れます。アボカドとサーモンは美容にとっても良く効く食材で特に女性の方にはおススメです。美容に効果的なんて女性にとってはとても嬉しいことですよね。

そして韓国風の恵方巻。具材には豚キムチとナムルを入れます。ほとんどの人に好まれるお肉。お肉を入れることでボリュームもたっぷりになりまた、辛いのが好きという方にもおススメなのが韓国風恵方巻です。

スポンサーリンク

お肉でがっつりとさらにボリュームがほしいという人は、棒状にしたとんかつを丸々一本入れる恵方巻も良いですね。お肉のしっかりとした噛みごたえは子どもや男性の方が好んで食べてくれるそんな恵方巻です。

また、節分には恵方巻の他にそばを食べるという風習がある所も。それなのでそれを合体させたそば恵方巻。この恵方巻はお米の代わりにそばを使います。お米が食べられない人にもおススメでそばは低カロリーでダイエットにも良い食材。とてもヘルシーな恵方巻になりますね。

また、家にあるもので手軽にパパッと作りたいという方もいると思います。そんな方におススメの具材はチーズ、卵、ハム、キュウリです。チーズとかハムって買ったけど一回の料理で量をそんなに使わず冷蔵庫の中で余っているという事もありますよね。キュウリや卵が置いてある家庭は多いと思うので、ありあわせの具材と組み合わせる事でパパッと手軽に作る事が出来ます。

恵方巻の具材で子どもが食べやすいものは?

恵方巻を子どもが食べる時って大きさが大きすぎたり、酢飯が苦手、中に入っている具材が苦手などっていう子もいますよね。そんな時に子どもに喜んで食べてもらう為にも子どもの好きな具材を選んだり食べる時に工夫したりすることが大切です。

まず、子どもが好んで食べてくれる具材が定番の具材では卵、キュウリ、シイタケ、エビなどがあります。ですがそれより変わり種の具材でもあるコーンやウインナー、ソーセージ、照り焼きキチンなどの具材を入れると子どもも喜んで食べてくれます。また、子どもは意外に納豆が好きという子も多いので恵方巻に納豆を入れるのも良いですね。

そして、子どもが食べるには少し大きい恵方巻。そんな恵方巻を子どもでも食べやすくするにはあらかじめ海苔を4分の1にした大きさで作る事です。恵方巻は一本を丸かじりする事に意味があるので、切ってしまったらせっかくの恵方巻も台無しに。ですから最初から小さいサイズで恵方巻を作りましょう。

また、食べている時に崩れてしまい食べにくいですよね。そんな時は

ラップに包んであげる

と崩れるのを防ぎ、小さいお子さんでも最後まで上手に食べる事ができますね。

また、酢飯が嫌いという子は

パン

で作るという手もあります。サンドイッチ用の食パンに、ウインナー、レタス、卵などをクルクル巻いて恵方巻サンドイッチを作ります。これなら酢飯が苦手な子も食べられる恵方巻になりますね。

恵方巻に合う献立レシピ!簡単でおいしいおかずのアイデアをご紹介!
2月3日と言えば日本に数多くある行事の一つ、節分の日ですね。節分は豆まきをしたり恵方巻を食べたり、楽しみにしている人は多いのではないでしょうか?節分に必ず食べ...

まとめ

今回は、恵方巻の具材に決まりはあるのか、また中にいれたら美味しい変わり種のアイデア、子どもが好んでたべてくれ具材、工夫について紹介しましたがいかがでしたか?恵方巻は節分に食べる特別な食べ物です。昔からの代表的な具材で恵方巻を食べるのも良いですが、自分で好きな具材を7種類入れて手作りの恵方巻を作れば美味しさも倍になりますよね。

旧暦で新春を迎える節分は二月の一回きり。新しい年を迎える節分は楽しく特別な時間を過ごして下さいね。


スポンサーリンク