一年生なのに朝泣くのはなぜ?泣きながら登校しなくなる方法は?


4月は、保育園や幼稚園に通っていた子供さんがピカピカの一年生になる時期ですね。新生活で期待に胸ふくらましますが、一方で学校へ登校する時に泣きじゃくる子供もいるかと思います。

あなたのお子さんはどうでしょうか?

そこで、今回は一年生で朝泣きじゃくるのはなぜなのか?理由や心理状態についてと、その改善と言葉かけの方法を紹介します。

ご参考になさってくださいね!!

スポンサーリンク

一年生で朝泣く…理由は何?どういう心理状態なの?

朝ご飯を食べるまでは、元気だったのに登校する時間が近づくにつれて嫌がり最後には、玄関で駄々をこねる子供は多いと思います。特に新一年生の時期には多いことです。そうなると親は子供が学校が嫌なのか?周りの子にいじめられているのか?と不安になりますよね。

しかし、実は多くの場合そういう理由ではなく新しい環境に適応するまでの間に起こる不安から来るケースがほとんどなんです。これといった理由はないのです。不安という漠然とした恐怖を感じて泣いているのです。

新一年生の子供に限らずに人間は、新しい環境に身を置くととてもストレスを感じる生き物です。大人でも、ストレスを感じたりすることが多いのでやっぱり小さい子供は余計に不安を抱えることになるのです。

ですから、理由としては新しい環境に馴染めていないからというのが最大の原因です。
学校が嫌だったり周りの子にいじめられたりという理由は新生活が、始まったばかりなので考えにくいですよね!!新しい環境になれていないことから来るものなのです。

泣きながら登校するのを改善するには?

次は、泣きながら登校するのを改善させる方法です。

登校の集合場所まで親も一緒に付いて行きましょう。

最初のうちは、やはり不安でお母さんのそばにいたいのです。集合場所まで付いて行って、見送ってあげましょう。

学校の担任の先生に事情を説明して、しっかりとしたフォローをしてもらいましょう。

先生に話すことにより先生も気に留めてくれると思います。

帰ってきたら話をきちんと聞いてあげましょう。

一日頑張ってきた子供を褒めてあげて、子供を安心させましょう。

以上の3点が改善させる方法です。

スポンサーリンク

いずれにしてもいつまでたってもそういったことはせずに自分で一歩を踏み出せるようにしてあげましょう。そして、次は背中を支えてあげて最後には、気が付かないように手を放してあげる。このようにいつかは自分の力で学校に行けるようにしてあげることも、考えておかないといけません。

手伝うと依存させるのとでは、意味が違ってきます。将来、自分の力で生きていける能力が身に付くように子供を見守るようにしましょう。あくまで、しばらくの間子供の役割を手伝う感じでしましょう。

言葉かけの方法

言葉かけの方法ですが、やはりお母さん達が子供にかける言葉には大きな意味があると思います。
ですので、間違っても子供に対して「なんで学校に行かないの!」や「いつまでも泣いてちゃダメでしょ」と、子供を責めたり怒鳴ったりすることはやめましょう!!

子供は、新しい環境に対して不安なのです。その気持ちを理解してあげて声かけする言葉を考えましょうね。
「ゆっくりでよいからね」と、優しく応援してあげるような言葉かけをしましょう。

また、「お兄ちゃんたちも一緒だから安心してね」と、声をかけるのも良いかもしれませんね。子供の気持ちを不安から落ち着かせてあげましょう。不安な気持ちをくみ取ってあげて、少し長い目で見守ってあげましょう

まとめ

ちょうど長男が新一年生に入った時に2週間ほど新しい環境に馴染めませんでした。登校班に間に合わずに家で泣いている朝が多かったです。私も初めてのことで少し悩みました

しかし、担任の先生や同じ登校班のお兄ちゃん、時間が解決してくれました。担任の先生に電話で相談すると長男に直接担任の先生が、悩みを聞いてくれたようでした。息子もそのおかげで少し泣くことも減りました。

また、同じ登校班の6年生のお兄ちゃんがわざわざ朝家まで迎えに来てくれたこともありました。息子もお兄ちゃんが迎えに来てくれたことで、朝から気分が良くなり気持ちよく登校していくようになりました。色んな周りの人のおかげで長男は2週間で、朝の登校班で行ける様になりました。

ありがたかったです。

私も自分の経験から言えるのですが、やはり最後は自分の子供を信じることが大切だと思いました。一度何かのきっかけに小学校生活に慣れるとと後は、大丈夫です。

泣きじゃくるのは一年生になりたての子供には多いので、そこまで過度に心配せずに「家の子にもそういう時期が来たんだな」と、考える程度で大丈夫だと思います。

大切なのは、お母さん達が取り乱さずに、大らかな気持ちで見守ることです。また、周りの協力も大切になると思うので必要な時は周りに頼ることも考えましょうね。


スポンサーリンク