小学生の引越しのタイミングはいつが最適?


親の転勤などや、新築で引っ越しが必要になってしまう時、子供が小学生の場合引っ越しのタイミングはいつが良いのでしょう?

いつが最適なのか、何年生のどの時期が良いのかについて、また小学生の転校でいじめられたりしないのか?などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

小学生の引っ越しのタイミングはいつが最適?

小学生での引っ越しのタイミングで考えるには、いくつかの時期があります。

学期の切れ目の時期

やはり、一年の中から考えるのなら学期の切れ目がちょうど良いタイミングです。三学期制でも、二学期制でも4月はタイミング的によいです。夏休み明けや冬休み明けなどの長期休みの最初も良いですね。

学校行事から考える

運動会や音楽会などの直前の引っ越しは、子供達も可哀想ですね。練習不足で、馴染みにくくなります。ですので、大きい行事の1か月前には転校したいものです。

PTA役員などの役員決定からのタイミング

これは、PTAの仕事をしたので分かりますが、3月ころには新役員を決めます。ですので4月以降の転入の場合にはその年の役員は当たりません。このタイミングにされる方も多いかと思います。

このように、色んな面から考えて引っ越しされる時期をよく検討されると良いかと考えます。

何年生がいいのか、何月がいいのか

小学生で転校するのは、何年生が良いのでしょうか?また何月が良いのでしょうか?

私も子育ての経験から言いますと、やはり低学年での転校が良いと思います!!理由は、やはり低学年は勉強面が簡単なので、どの小学校に行っても変わらないと思います。

しかし、高学年になると段々難しい問題が出てきます。ですので、低学年の内がベストです。

また、低学年の内なら人間関係が築き上げやすいです。転校生に対しても新しい友達が増えたと、快く接してくれます。クラスに馴染みやすい、たくさんの思い出が作れるなどから考えてもやはり、低学年がおすすめです。

その上、高学年になると大きな行事がたくさんあります。転校することで、この行事を楽しめない可能性が出てきたら、子供が可哀想ですよね!!

特別な行事を楽しくするためにも、お子さんの転校のタイミングは良く考えたいものです。以上に様なことを踏まえて、ベストなのは低学年の区切りの良い学期の始め、または、低学年の3月の終わりです。

小学生の転校でいじめられたりしない?

小学生で引っ越しする場合はやはり気になるのがいじめですよね。

子供さんの性格にもよると思いますが、学校の先生とよく連絡を取り合うことをお勧めします。子供も親も慣れない引っ越し先で、戸惑うことが多いので困ることも多いと思います。

しかし、担任の先生などとこまめに連絡を取ることで子供の様子も教えてもらえ安心できると思います。そのうち、子供さんも新しい環境に慣れていくと思いますよ。

もし、いじめてくる子などがいた場合は、子供の様子や子供の言うことを良く聞いてあげてください。言葉の中に色んなヒントがあると思います。
お母さんは、子供のそばで励ましてあげ先生とも連絡をとり子供を見守りましょう。

子供には、お母さんの存在が大きい年ごろです。むやみに色々と聞き出すのではなくて、優しい声かけをして落ち着かせましょう。そして、大らかな心で見守るようにしましょう。

スポンサーリンク

私自身が、小学校5年生の時に転校を経験しましたが、2週間くらい学校にいけない時期がありました。それは、いじめが原因なわけではなく、周りは仲良しグループが出来上がってしまっていて、一人で孤独感を感じてしまったんですね。

教室で一人泣き出してしまったのを覚えています。

その後、学校に行けなくなった私を、近所のクラスメイトが毎日家に顔を見に来てくれて、そのおかげで学校にもやっとなじめるようになりました。
このように、いじめがなくても、子供によって問題が出ることもあるんですね。

転校するときの子供の気持ちって?

親の仕事の関係で、引っ越すことになった時の子供の気持ちとはどのようなものでしょう?

やはり、昔から馴染んできた友達や町と急にお別れすることになり戸惑いが隠せないことでしょう。ですので、まずは子供の気持ちを考えてあげることが大切です。

大人でさえ不安でいっぱいの引っ越しです。子供には、本当に大きなストレスとなり負担になると思います。友達などとお別れすることで、寂しい状態だと思います。

そんな時には、お母さんが優しく声かけをしてあげることが大切です。これから新しい場所でまたできるお友達について話してあげたり、引っ越しという体験をすることで自分が成長できることなどについても話してあげましょう。

悲しいことばかりではなくて、新しい出会いがあるんだ。僕は、貴重な体験をしているんだなという前向きな心になると思います。

子供にとっても引っ越しの新しい意味を知るきっかけになると思いますよ!!

実際にいつ転校した?先生からのアドバイスは?

私の妹が実際にこの問題に直面していました。妹の場合は、家を新築して完成予定が6月でした。

  • 家が完成した後、6月から転校するか
  • 4月から転校して、6月までは学校まで送り迎えするか
  • 隣の小学校ということもあり、送り迎えができる状況だったので、この二択で迷っていたわけです。そして、私の友達で小学校教師が何人かいるので、実際のところの現場の声を聞くことができました。

    結論から言うと、送り迎えができるなら4月からがいい。ということでした。

    理由は、この地区の小学校は運動会が5月にあります。運動会って、子どもたちが結束して作り上げることで、仲がいいグループができたり、学級の雰囲気もできてしまうそう。
    そんな雰囲気の中に転校生が来ると、浮いてしまうこともあるそう。子どもの性格にもよりますが、引っ込み思案な子だと特に心配ですよね。

    小学校低学年ならまだしも、高学年となるときついです。
    実際に、私自身は小学校5年生の11月に隣の小学校に転校しているんですが、なじめずに2週間くらい学校にいけない時期がありました。

    先生側の事情から言うと、通知表をつけるのが難しいということ。

    6月から転校してくると、実質1か月くらいしかその子を見ることができません。前の学校からどんな子か聞いていたとしても、先生側からすると、その子がどんな子か、成績をつけれるところまで把握することが難しいみたいです。

    だから、学期の途中からではなく、できるなら4月から。もしくは学期の切れ目からがおすすめなんですね。

    転校する時期を決めたら、なるべく早く担任の先生に伝えましょう。子どもにも、少しずつ話すようにした方がいいですね。

    まとめ

    今回は小学生の引っ越しのタイミングなどについてご紹介しました。

    やはり引っ越しをする場合子供のことをまず第一に考えてあげることが大切だと感じました。

    子供ながらに色いろなことを感じているので、少しでも良いタイミングに引っ越してあげたいですよね。子供の気持ちもくみ取ってあげて、引っ越しの時期を考えていただきたいです!!

    親の都合ももちろんありますが、配慮が出来るならば子供が学校に馴染みやすい時期、学年での転校をお勧めします。