子供の運動会の季節になると考えるのが、運動会の場所取りですよね。


レジャーシート等を使われると思いますが、どんなもので皆どんな重しで押さえているのか気になりますね。

そこで、今回は運動会の場所取りで重しは何を使う?地面がアスファルトや体育館の場合は?場所取りをするときの注意点は?についてご紹介したいと思います。

どうぞ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

運動会の場所取りで重しは何を使う?

我が家の子供の小学校では、運動会の日は運動場を朝の6時から解放して場所取りができるようにしてあります。主人が、毎年場所取りに行きますがなかなか良い場所は早くに取られてしまうようです。

お気に入りの日陰や、風通しがよさそうな場所は早々に確保されてしまいます。

いくら、良い場所を見つけてジャーシートを敷いてもしっかり押さえていないと、風で飛んだり誰かにずらされたりしてしまうので気を付けないといけませんね!!

私が良く見る場所取りの重しとしては、

  • 水やお茶のペットボトル
  • 持ってきた荷物やカバン
  • 折り畳み式の椅子

などを重しにして場所取りをされている人を多く見ます。

我が家は、水やお茶のペットボトルを寝ころばせたり四隅に立てたりして場所取りをしています。レジャーシートの真ん中にカバンをおいて完了です。

小学校の運動会を何回も経験してたどり着いた場所取りの重しとしては、この方法が一番ベストです。ペットボトルなら、名前を書いていたら他の人に取られることもないし安心です。

毎年風が気になりますが、ペットボトルも倒しておいているので、ずれたりほとんどしたことはありません。ペットボトルがかさばるのが心配な方は、空のペットボトル本持っていきましょう。小学校で空のペットボトルに水を入れて利用します。

帰りも荷物が気になるのなら、ペットボトルなのでつぶしてゴミとして捨てることができますね。ぜひこの方法を試してみてくださいね。

地面がアスファルトや体育館の場合は?

地面がアスファルトや体育館の場合はどうしたらよいのでしょう。これは、ガムテープを張っている人が多いですね。ガムテープをレジャーシートの四隅に貼る方法が、一番おすすめです。

身近にあるものですし、粘着の良いのもを選びましょう。

スポンサーリンク

私の子供の通う小学校の運動会はお弁当の時間には、外では砂ぼこりが立つので毎年体育館が解放になります。そこでもまた、昼前に場所取りをします。その時に、ガムテープを持っていき四隅に貼り場所取りをしています。

ガムテープを貼ると、ずれることがないので安心して場所取りができます。ガムテープは、使う前に余裕があれば体育館の場合は床をキレイに拭きましょう。そうすると、ガムテープがしっかりくっつきますよ。

場所取りをするときの注意点は?

場所取りをするときの注意点としては、やはり日差しのことを考えて日差しがきつくないところを取れたらそちらの方が楽しめるでしょう。皆さん考えることは同じなので、良い場所から早くに場所取りされてしまいます。

私が経験した場所取りの失敗談は、良い場所だと思って場所取りしたものの砂ぼこりがひどく結局立ち見をした年がありました。初めての年で失敗してしまいましたが、次の年からの場所取りの良い勉強になりました。

今では、子供たちが見えることが第一でその次に砂ぼこりが立ちにくい位置を探すようにしています。また、マナーを守って使用禁止の場所での場所取りなどはしないようにしましょう。

他にも知り合いがいるからといっての割り込みによる場所取りも、大人のマナーに反しますので気をつけてください。

マナーを守り気持ちよく運動会を見守りたいですよね!!特に朝早くからの場所取りの場合、列を乱してしまわないように注意しましょう。

また、大きな声で話したりすることも控えた方が良いですね、朝早いですから。それから、意外にも見ている方が日焼けしてしまうことも多いです。ですので、日焼け対策は万全に行い、日焼けには注意しましょう。

小さい子供や、お年寄りは水分補給も気を付けてあげましょうね。特に、毎年感じますがま毎年運動会の時に蒸し暑いことが多いです。ですので、暑さ対策も気を付けて場所取りがしたいですよね。

うちわや、扇子を用意している人もよく見かけます。毎年どんな目的で場所を確保したいのかを、考えて場所取りをするかを考えておくことも大切です。

まとめ

運動会の場所取りは少しでも、わが子の晴れの姿を見たい親の気持ちがでますよね。なるべく良い場所を取りたいですが、皆さん朝早くから場所取りが始まっています。そんな中でも、運動会のメインが何かということをよく考えましょう。

最低限の大人としてのマナーは守ること!

そして、そこに場所を取ろうか、前もって考えておくことで当日の迷いがなくなります。なんといっても場所取りは良い場所は早くとられてしまうので、早さが大切です。

運動会前に色んな人に情報を聞いておくのもオススメです!