お風呂場のタイルの目地にこびりつく、黒いカビ・・・

 

見た目にも悪いし、カビは、人体にもアレルギーを引き起こしたり
悪影響があることを知っていますか?

 

 

特に毎日入るお風呂場は、完璧にカビを撃退したいですよね。

 

しかも、梅雨時期になるといつもよりカビが発生しやすくなります。
 

 

しかし!その前に、徹底的にカビを追い出しておけば、
もしカビが発生してきたとしても、

少ない労力で落とすことができます。
 
重曹ペーストや片栗粉でカビを落とす方法もありますが、
ラップでパックしたり、

ちまちま歯ブラシでこすったり。

狭い範囲ならいいですが、
黒ずみが広範囲に及んでいるようなら、

果てしなく終わりが来ない作業になります。

 

 

もっと手早く、カビ退治ができないものか・・・

 

今回は、

お湯で手軽にカビ退治ができる方法をご紹介いたします♫

 

 

 

スポンサーリンク

お風呂のカビを死滅させるにはお湯が効果的!

 

NHKのためしてガッテンで紹介された方法です。

市販のカビ取り剤は、具合が悪くなったり、

その割には効果もイマイチだったりしませんか?

 

 

カビを完全に死滅させるためには、

お湯をかけるのが一番手軽で効果があります。

 

 

 

カビは、タイルの奥へ奥へと成長していきますが、

多くは1ミリ以内にいます。
この方法で、熱をしっかり伝えることで、

ほとんどのカビを死滅させることができるんです。

 

 

奥へ入り込んでいるため、

お湯と言っても100度のお湯をバシャッとかけるよりも、
50度のお湯を長い時間かけて熱を伝える方が、

しっかりカビの根元まで熱が伝わります。

 

ためしてガッテンで紹介されていたのは、

 

シャワーで50度のお湯を90秒間かける方法

 

 

しかし、私が思うのは、
シャワーからお湯が出てから壁に当てるまでで温度が下がるんじゃないかってこと。

 

だから、給湯器の設定温度は55度〜60度くらいまで上げた方が、

効果があると思います。

 

そしてこの90秒間シャワーを持ってるのって、

結構しんどかったりするので、
誰かと交代でできたらいいかもしれません。

 

 

ただ、50度や60度のお湯って結構熱いので、

子どもさんがいる場合は寝ている時間か
誰かに見てもらっていると安心です。

 

 

そして、浴室でお湯をかけていると中はサウナ状態になります。

 

メガネの方はメガネ外さないと、

曇って何も見えなくなります。

 

 

サウナ状態だからといって、お風呂のついでに・・・

と全裸ですることはお勧めしません。

 

なぜなら、何かの拍子にお湯がかかってきた時、

めっちゃ熱いからです。

 

火傷するレベルですので、気をつけてください。

 

 

天井には、シャワーはかけないでください。
熱湯の雨を浴びることになります。

 

 

天井のカビは、キッチンペーパーにエタノールを染み込ませて、

クイックルワイパー的なものに装着して拭くといいです。

 
天井のカビは、壁の中ではなく、

空気中に向かって成長しようとするので、

これで十分除去することができます。

 

ただ、キッチンペーパーだとすぐにボロボロになって破れてしまったので、

タオルかバウンティ ペーパータオルスコット ペーパータオル などの頑丈な

ペーパータオルを使ったほうが、ストレスがありません。

 

 

これで、ほとんどのカビを死滅させることができた!
と言っても過言ではありません!!

 

しかし、ゴムパッキンの中に深く入り込んだカビや

長年放置されてきたカビは色が残ってしまいます。

 

 

中のカビは死滅しているそうですが、

どうしても黒い色が残ってしまうんです。

 

そんな時は、ホームセンターなどでも売ってある、

ペンタイプのタイル目地用修正剤を使うと

真っ白に目地がよみがえります。

 

 

火傷には十分に気をつける必要はありますが、
使うものはお湯だけですので、

一番経済的かつ安全にカビが除去できる方法かと思います。

 

 

お風呂のカビを週一回のお手入れで予防する方法

お風呂のカビを退治したところで、

重要なのはその後のメンテナンスですよね。

 

これまた簡単にすることができます。

 

それは、

これまたお湯をかけること。

 

なんですが、

 

 

カビの胞子は育つまでに1週間ほどかかるそうです。
育つ前に直接カビにお湯をかければ、

これからカビに悩まされることも無くなります。

 

1週間に一度、5秒間、同じく50度のお湯をかけるだけ!なんです。

 

ただ、この時も給湯器の設定温度は60℃がいいと思います。

 

 

これで、梅雨時期にうっかりカビさせてしまったということも無くなります!


スポンサーリンク

お風呂のカビ予防でよく言われるのが、
お風呂上がりにシャワーで水をかけて

浴室の温度を下げるというカビの予防法。

 

カビは、温度よりも湿度を好みます。

 

シャワーをかけて出ても、汚れは落ちるかもしれませんが、
水気が残ったままだと湿度が上がってしまい、

効果がありません。

 

その後、タオルで水気を拭き取れればいいですが。

 

 

・・・面倒じゃないですか?

 

 

それに加えて、浴槽のお湯も、残ったままだと湿度が上がるので、

カビの原因になります。
しっかり蓋を閉めるか、抜いておきましょう。

 

我が家は、子供がいたずらして溺れたら大変なので、
いつもお湯は抜いて上がります。

 

 

毎日水をかけるより、1週間に一度、50℃のお湯をかける方が、

カビ予防には効果的かと思われます。

 

 

子どもをお風呂に入れながら、

しかも上がった後に浴室にシャワーまでかけるとなると・・・
裸で騒いでいる我が子を目の前にそんな悠長なことしてられませんよね。
タオルで浴室の壁を拭くなんて絶対無理!

 

 

 

毎日冷水かけられる余裕があるなら、それをお湯に変えたらいいんじゃないか?
と、個人的には思うのですが。

お湯なら、水気も早く蒸発するので、

タオルで拭く必要もありません。

 
毎日できれば、カビが生える余地もありませんね!

 

 

浴室のカビを撃退し、カビが生えにくい浴室にするまとめ

 

 

いかがでしたか?

くれぐれも、やけどには注意して行ってくださいね!

 

私はというと、ハイターを使った方法を組み合わせて

お風呂が真っ白になりました!
こちらは危険が伴いますので、

しっかり準備と対策をしなければいけませんが・・・

 

 

やはり、きれいなお風呂に入った時は気分が違いますねー

 

50℃以上のお湯が出る給湯器がある家庭では、

今回の方法が、カビ撃退には最強ではないかと思われます!

 

 

梅雨前に、お風呂のカビを退治してしまいましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク