近年増えているブライダルネイルですが、中にはやりたくない、面倒だと思ってる方も少なくないと思います。


職業によっては、ネイル禁止のところもありますもんね。
それに、普段ネイルをしないと、爪も短いしどうせかわいくならないんじゃ…って思いますよね。

実際、1日だけのために高いお金をかけて爪をキレイにする意味ってあるんでしょうか?

でも、せっかくの結婚式だし、できるならかわいくしてみたい。という気持ちもありますよね。
今回は、そんなあなたに爪が短くてもかわいい爪になれる方法を紹介します。

スポンサーリンク

ネイルってしたほうがいい?爪って注目されるの?

しなければいけない、という決まりはもちろんありません。実際しない人もいます。わたしの周りにもいました。普段しないから、面倒だから。仕事的にすぐに落とさなきゃいけないからしない。理由は様々でしたが、それで後悔したという話は特に聞いたこともありません。わたしも普段しないし、職業柄ネイルは禁止なのでするかしないかでとても悩んだ1人です。

ただ、たしかに問題はないし絶対しなければいけないということではないにしろ、しないと目立つのでは?周りから見てどういう印象なのか?などなど、気になっている方もいると思います。実際、当日そんなに指に注目が集まるのかというと…全てがそうだとは言えませんが、集まる瞬間は少なからずある場合が多いです。

指輪交換の瞬間、指輪をはめ終えてみんなに見せる時、キャンドルサービス、ケーキカット…意外と手をアップにして撮る写真は多いです。専門のカメラマンにお願いしていたら尚更です。その時、爪がボロボロで悪目立ちなんてことになったら悲しくなりますよね。わたしもそれは避けたいと思い、結局シンプルなものですがすることにしました。せっかくなら指の先まで素敵な思い出として残したいですからね。

サロンに行った方がいい?自分でもできる?

これは正直、慣れ具合にもよると思います。普段からしていて、ネイルに慣れている方なら全く問題はないです。ただ、ネイルにも色々と種類はあるので、自分がしたいネイルが不慣れだったり、また甘皮の処理を普段しない人はサロンに行った方が確実な気がします。

やはり比べてしまうと、素人とプロでは出来栄えが変わってきます。せっかくの特別な日なので、普段行かない方もこの機会に足を運んでみるのも良いかもしれません。サロンの方たちは細かな注文も聞いてくれたりする場所もあるので、インターネットで気になるデザイン画を見つけたり、絵を書いて持っていくとスムーズにいきます。あとは、ドレスと合わせることも忘れないでください。デザインだけで考えてしまうと、ドレスと合わせた時にネイルが浮いてしまう、なんてことも有り得ますからね。お願いする際は忘れずにドレスの写真も持って行きましょう!

そして、専門の場所だと様々な対応もしてくれたりします。してもすぐ落とさなければいけない、目立つものはNGなど。他にも、ジェルネイルのように落としに行くのが面倒であれば、自宅で除光液で落とせるものをお願いするのも一つの案です。この方法なら当日の夜にすぐに落とせます。

また、チップにする方法もあります。チップにすればすんなり落とせるし、何より思い出として残すこともできます。友達がこの方法でネイルをしていました。式が終わったあと、綺麗に剥がしてそのまま大切に保存してあるそうです。こういうのも素敵ですよね。

スポンサーリンク

チップは取れやすい?

落とすのが面倒、な方にオススメのチップですが、特別な日だからこそ心配なのが取れることだと思います。ドレスや白無垢に引っかかって取れてしまったという話も聞いたことがあります。もし、チップならしてもいいかな、とお考えでしたら最低限、自分でできる取れにくい方法を試して欲しいです!

結婚式の時ではないですが、1日どうしてもネイルをしたい日があって、しかしすぐに落としてしまうのでジェルネイルはもったいない。と思った時に、わたしが調べた方法です。外れにくくする方法があったことにまず驚きました。

自分で付ける場合、甘皮の処理も自分でしなければいけません。これを面倒だからとやらないでいると、外れやすくなる原因の一つになってしまいますので気をつけてください!前日にやることをオススメします。

爪の先端がギザギザしていたりするのもよくないので、長さを整える時に一緒に形も整えてください。この時、絶対爪切りは使わず爪やすりを使いましょう。この方が2枚爪にもなりにくくて、深爪も避けられるからです。

更に大事なのが表面です。爪先が滑らかな曲線になっても、表面がボコボコだったら意味がありません。表面も軽く磨いておいた方が良いです。光沢も増すのでより綺麗に見えたりもします。

下準備を完璧にしたら、次は装着時の注意点です。シールタイプの場合、貼るだけだからといって適当に付けるのは絶対ダメです!本当に取れます、若干の引っかかりでポロポロ落ちるので慎重に付けましょう。

シール面は絶対に触らないこと、すぐに粘着力が弱まります。指が触れないようにピンセットを使うのも良いかもしれません。貼り付けたあとはしっかり指で押さえつけるようにしてくっつけましょう。

シール以外にもグルーという専用の接着剤を使って貼る方法があります。こちらの方がチップは外れにくいし長持ちはします。しかし、終わったあとに思い出として残すことはできません。外れる時に壊れるからです。せっかくなら残したいし、悩むところですね。

残したいからグルーはちょっと、けど外れるのはやっぱり困る!という方は思い切ってオーダーメイドを頼む、というやり方もあります。オーダーメイドだと、自分専用で作ってくれるので、大きさや形が自分の爪にフィットします。結果、外れにくくなります。高い分、外れにくく自分好みのネイルが楽しめて、そして保存しておけるのがこの方法かな?と思っています。わたし的にはこれが一番のオススメですが、正直その時のお財布と相談…とも思ってます。やっぱりオーダーメイドはお高いです。

普段全然ネイルしないし、爪も短い…それでもかわいくなるの?

これは安心してください。短かろうが光沢が増すだけで綺麗に見えるものです。シンプルなベージュやピンク、もちろん色なし透明のネイルでも可愛く綺麗な仕上がりになります。もし悩んでいるのなら、サロンで1度相談してみるのも良いかもしれません。プロに爪を見てもらい、合うデザインをいくつか教えてもらえればイメージもしやすくなります。

もし短いからとネイルを諦めようとしているのなら、その前に専門の方のところに行きましょう!短い爪でも似合うデザインを見せてくれます。もし、それでも爪が気になるようでしたら、チップで長さを誤魔化してしまうのもありです。上手に付けられれば、パッと見チップだと分からないくらいに素敵なチップがたくさんあります。

まとめ

したいけど仕事が、爪の長さが足りたい、とお考えの方にはぜひ1度相談に行ってもらいたいです。

逆に面倒でしたくない、という方は無理しなくて大丈夫です!少し磨くだけで爪には光沢が出て綺麗に見えますからね。それだけでも全然違いますよ。

わたしの中での一番のオススメはチップですが、色々想像したり相談したりして、自分に合った形で結婚式を迎えて欲しいです。


スポンサーリンク