友達から結婚式の招待状が届いた時、喜びながらも悩むのが服装。ですが、その服装よりも意外と最後まで決まらないのが爪の色です。好きな色を塗りたいけど何色でも大丈夫なのかマナー違反にはなっていないか。などなど悩んでしまう方も少なくないと思います。

わたしも何度か招待いただいて友人の結婚式に出させてもらっていますが、結局いつもギリギリまで悩んでしまいます。好きな色が結婚式で使用して良い色なのかどうか、最初は分からず大変でした。また、マニキュアだけでなく爪が割れやすかったりボコボコしてしまったりと、爪のケアも分からず困ったりもしました。

今回は、その時に調べたマニキュアの色。そして爪のケアなどについて、わたしが調べて勉強になったことをまとめてみました。

スポンサーリンク

結婚式にしていくマニキュアで赤はタブー!?

せっかくの結婚式、好きな色で出席したいと思うのも分かりますが、好きな色を身につけるよりも大切なことがあります。それは、花嫁より出しゃばった色味を使わないことです。

結婚式での主役は、もちろん新郎新婦です。なので、花嫁より目立つ服装はNGというのは有名ですよね。マニキュアもそれと一緒です。赤などの濃い色は、鮮やかなためかなり目立ってしまいます。指先だけであろうと、花嫁よりも目立つ可能性がある色は控えた方が良いです。

どんな色のマニキュアを塗ればいい?ドレスに合わせれば大丈夫?

何色にするかというよりも何より大切なことは、清楚で清潔感のあるネイルにすること。これが一番大切で、マナーとも言えます。

なので、赤や濃いピンクなどの鮮やか過ぎる色や、黒やネイビーなどの暗い色は避けた方がいいです。

オススメは、淡い色系のピンクやオレンジ、ベージュ、白などです。ドレスと違って、マニキュアで白を使うのは問題ありませんし、むしろ清楚な雰囲気が出るので素敵です。ただ、爪全体を白1色にしてしまうのは目立ちますので、できるだけ避けた方がいいかもしれません。

色を使うことに抵抗がある方は、透明でも大丈夫です。トップコートを塗るだけでも、艶が出て綺麗になりますからね。

もしも色が決まらず悩んでしまう方は、ドレスと合わせると決めやすいです。同じ系統の色にすると、まとまりが出てオシャレにも見えます。

わたしも悩んで決められない時は、着ていくドレスやアクセサリーと合わせて決めています。青いドレスなら淡い水色、ピンクのドレスなら淡いピンク色。色合いを合わせたら間違いないです。ただ、この時も注意が必要です。赤いドレスだから赤。青系だからネイビーなどの暗い色。なんてのはいけません。先程も書いた通り、鮮やか過ぎる色、暗い色はドレスに合わせようともNGです。

手先をキレイに見せるには?式までのケア方法

爪は、短いと綺麗に見えない。とよく聞きますが、それよりも長過ぎに注意です。結婚式には不向きなので、程々の長さにしましょう。形や長さはヤスリで整えると、かなり綺麗にできます。爪切りでやると、二枚爪や深爪の原因にもなるのでヤスリがオススメなんです!

スポンサーリンク

そして大切なのは爪のケアだけじゃありません。爪に目がいく時、当然指や手の甲、手のひらも見られます。爪が綺麗なのに指はガサガサ、なんて悲しいですよね。そうならないためにも、当日に向けてマッサージを忘れずに。クリームやオイルを塗って、指先から手首まで優しくマッサージするだけで全然違います。

あまりに乾燥している場合は、ハンドクリームを塗ってグローブをする。そのまま寝る。これだけでかなり保湿されます。

結婚式に限らず、わたしも乾燥が酷い時はこの方法を取っています。ガッサガサだった指先がスベスベに変わります。乾燥に悩んでる方はぜひ1度試してみてください!

もちろん、普段からハンドクリームを塗るのを忘れずに。水に濡れたらハンドクリームの効力は当然落ちてしまうので、その都度塗ることを心がけてください。

あとは体の中から気をつける、という方法もあります。爪は、体の健康状態が分かると言われている場所です。なので、バランスの良い食事が欠かせません。もし偏った食事を続けて貧血や胃腸の疲れが出てしまうと、そこから爪に傷みが出てしまう可能性もかなり高いんです。

ぜひハンドクリームを駆使しつつ、食べ物にも気をつけましょう!

まとめ

ネイルにまでマナーがある、ということをわたしは知らず、もし調べずに行っていたらネイビーなどのネイルを使っていた気がします。それを考えると恐ろしいです。自分が恥ずかしい思いをするだけならともなく、新郎新婦のご親族や関係者の方たちに失礼なことをしてしまうとこでした。

自分が好きな色、ドレスと同じ色にして統一させる。もちろんそれも大切だし、後悔のないようにしたいとは思います。しかし、せっかく呼んで頂いた結婚式。恥ずかしい思いはしたくないし、何より不快な思いもさせたくありませんからね。最低限のマナーを守って、ぜひ楽しい思い出にしましょう!