子どもが小学生になったらフルタイムで働けるかな?そのように考えられているママはたくさんいると思います。

そこで、今回は子どもが小学生になったらフルタイムで働いてもいいのか、母親が働くことで子供への影響、子育て中はフルタイムはきついのか、などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子どもが小学生になったらフルタイムで働いてもいい?

子どもが小学生になったら、フルタイムで働きに出ようと思っている方は多いと思います。これからお金がかかるし、時間ができるなら少しでも働きにでたい!!そのように考えられているママさんが多いと思います。

しかし、実際のところを言うと、逆に働きにくくなることもあるんです。
小1の壁、小1ギャップというものをご存知ですか?

それは、保育園や幼稚園では、延長保育があるのに小学校ではないということです。そうなってくると、なかなか会社の配慮がないとフルタイムで働くのは難しい状態だと思います。

また、私が住む町の学童はすぐに利用する子供で毎回満員だそうです。ですので、働きたくても働けない状態のママがたくさんいます。

もし、小学生になって少しでも長い時間働きたいというのであれば、次の点に気を付けましょう。

フルタイムでも低学年の内は時短申請をしましょう。

小学生の低学年は帰宅時間が14時から15時です。

ですので、幼稚園の頃とそう変わりません。収入は少なくなりますが、高学年になり時期が来ればまた働けます。

子どもが小学生になって働きに出る時は、フルタイムでも、可能であれば時短申請することをおすすめします。

おじいちゃん、おばあちゃんなど子供を見てくれる人がいたら安心

学童がありますが、やはりインフルエンザで学級閉鎖などや、病気で学校にいけない場合は子供を見て貰わないといけません。

そんな時に頼りなるのが、おじいちゃん、おばあちゃんです。日頃から協力してもらえるようにしておきましょう。

小学生の内は、なかなか子供のこともまだまだ気になる年ごろなので、フルタイムで働くのはなかなか難しいですね。
母親である自分自身も最初は体力的にきついと思います。

母親が働くことで子供への影響は?

働くママって子供は寂しいの?

働くママの子供は寂しいのでしょうか?確かに専業主婦のママの子供に対してよりは、ママと過ごす時間が少ないことは確かです。

しかし、働くママがそれだけのことを子供に時間は短いですが、逆に言うと、密度を濃くすることができるともいえます。
例えば、寝る前に一日あったことをじっくり聞いてあげるなどです。

また、私が感じているのはママが働いている子供は、自立心があることです。

ある意味、ママはお仕事だからと割り切り自分で出来ることは自分でしている様子が多く見られます。
なので、働くママの子供が寂しいとは言えないのかな、と思います。

多分、私が考えるに、母親が働いたら子供がかわいそう…と感じるのは、その人自身が幼いころ専業主婦の家庭で育ったのではないかな?と思います。
私自身も、専業主婦の家庭で育ったので、学校から帰ってきて、母親がいるとうれしいものです。それを自分の子供にもしてあげたい!なんて思っていました。

学校から帰ると、母親がいる。
これは、子供ながらにうれしかったのを覚えていますが、そのほかは大概イライラしている人でしたので、そこは嫌でしたね。

やはり、専業主婦となると、いつも子供がいるので、イライラしやすくなるとも言えます。
その点、仕事を持っていると、気分転換にもなるし、より子供を大切にしようという気持ちも芽生えます。(専業主婦がそういう気持ちがないと言ってるわけではなく!)

スポンサーリンク

実際、私自身子供にイライラしてしまうことが多く、自分一人の時間が持てないことをすごく不満に思っていたので、母親といえど、働きに出た方が子育てがうまくいくこともあるなとも思いました。

そもそも、子育てって母親だけでするものではありません。
私には子育ては無理!!と思ったら、思い切って働きにでてみてはいかがでしょうか(*^-^*)
子どもは、母親の笑顔が一番大好きです。

働きに出ることによって、お母さんの笑顔が増えるなら、寂しいなんてことはないと思いますよ。

共働きの子供への影響は?

共働きの場合は、やはり周りから子供が放っておかれている感じという方もいるかもしれません。
子どもは小学生と言えど、フルタイムでは拘束時間が長くなります。

やはり、子供と一緒の時間が少なくなるのでそういわれるのでしょうね。

でも、親の心配りで子供への影響も良いものにすることができます。

子供と過ごす時間を大切にしたいものです。

家族でコミュニケーションをとる

コミュニケーション不足は、子供の性格を左右するといわれています。

出来るだけ、忙しい中でも疲れていても子供とのコミュニケーションを大切にしてくださいね。

子供も愛情を感じることができますよ。

大好きなことを伝える

育児で大切なのは、時間の長さではなく濃さです。

限られた時間のなかで、子供に愛情を沢山伝えましょう。

小学生低学年はまだまだ甘えたいのです。

大好きを沢山伝えましょう。

このようなこと、配慮しながら共働きでも子供に変わらない愛情を沢山注いであげましょうね!!

子育て中はフルタイムはきつい?

子育て中のフルタイムはどんなものなのでしょうか?

子供が小学生になったからといって急に成長するわけでもありません。

鍵など持たせるのもまだ危ない年頃ですよね。

このようなことを考えると子育て中のフルタイムをするのは、すこしきついと私は感じます。

子供が急に病気になった時や、夏休みなど長い間の休みどうしようかと考えるとなかなかフルタイムは、私の中では考えられませんでした。

そんな中でも私の周りには、看護師さんとしてフルタイムで働くママがいます。

素敵なママですが、やはり家庭のことは、二の次になったり子供会などには参加はできない状態だと話していました。

仕事でも、働き盛りで重要なポジションを任されているので責任もあるようでした。

おばあちゃんにいつも夕食は作ってもらっているようです。

もう子供も割り切っているようで、お母さんは仕事という感じです。

そのママさんは、仕事は楽しいけれど、やはり育児中のフルタイムは子供が可哀想だといわれていました。

土日くらいしか子供のそばにいれないと、ぼやいておられました。

働かれる方には、それなりの悩みもあるんだと感じました。

ただ、働くと決めたのなら、子供がかわいそう…と思うんじゃなく、子どもに働いている背中を見せるように、精いっぱい頑張ったらいいんじゃないでしょうか?

子どもが寂しい!とサインを出した時に気づけることも大事です。

忙しさで、子供に寄り添えなくなることがないよう気を付けましょう。

お母さんがキラキラしていると、子供もうれしいものです。仕事をしているからと言って、後ろめたさを感じる必要はみじんもありませんよ。

まとめ

育児中のフルタイムについて色々ご紹介してきました。

皆さん働かれるには、賛否両論だと思います。それでも、何より自分が仕事をすることで、笑顔が増えるなら、私はぜひ働きに出ることをおすすめします!
ただ、その際はそれまで以上に子供の様子を気にかけてあげます。

そして、1日に1回は密度の濃い子供との時間を取りましょう。
最初は、子供も寂しいと感じるかもしれません。慣れるまではお母さんも大変だとは思いますが、笑顔を忘れなければ大丈夫!
家族で協力し合って、乗り越えていけると思います。


スポンサーリンク