家事を分担することは家庭円満にも繋がる


家事を分担することは共働きには必須ですよね。
ですが、家事は主婦の仕事、そういう考えをお持ちの方は未だに多い気がします。しかし、共働きが増えている中で全てを主婦、母親が受け持っていてはストレスも溜まる一方。

最悪、家庭内に亀裂が入ってしまうかもしれません

上手く家事を分担する、家庭内の平穏の為にこれは欠かせないことだと思います。

今回は、家事を分担する時に共働きの場合に、うまく旦那を動かす方法について紹介します!

スポンサーリンク

家事分担は共働きでもしない旦那が多い?

家事は女の仕事?

先ほども言いましたが、共働きの家庭は年々増えてきていると言えます。それなのに女が家事をするものだ、という考えは何故か薄れることがありません。

もちろん、全ての家庭が当てはまる訳ではありません。助け合って生活している家庭もたくさんあります。

我が家もそうです、我が家は家族全員が働きに出ていますが女だけが家事をする、ということはありませんし、家族の誰もがそうは思っていません。

共働きだからこそ、助け合わなければという考えだからです。もちろん、最初から上手く分担が出来ていたかというとそんなことはありません。

やはり我が家も例外なく、女が家事を担当。それが当たり前でした

家事の分担をしてほしい!共働きでも、考え方が違えば…

考え方の違い

人それぞれ、考え方には大小はあれど違いがあります。それは話し合いで簡単に解決出来るものから、話し合ったところで解決まで行かずすれ違ったまま終わるものまで様々です。

家事についてもそう言えると私は思っています。分担して少しは手伝って欲しいと思う女性がいる反面、家事は男性が手を出すものではないと考えている人もいるからです。

もちろん、専業主婦ならばその考えも受け入れられるかもしれません。しかし今の世の中、共働きをしなければ生活が苦しいと感じている家庭も少なくない筈です。

そうなると女性側は自分も働いているのに、なぜ手を貸してくれないのか

当然そう考えてしまうと思います。仕事から帰ってきて旦那はゆっくり寛いでいるのに、自分は座る時間も無く夕飯の支度をしなくてはいけない。のんびり過ごす姿を見ながらの家事ほどストレスになることはありません。

家事の分担に必要な助け合いの精神を持ってもらうには?

助け合いの精神を持ってもらうには?

スポンサーリンク

疲れて帰ってきて、家でもストレスを感じていては休まる場所が無くなってしまいます。少しでもイライラを減らすためには、旦那に手伝ってもらうことが重要です。

しかし、ただこれやってあれやってと命令するかの如く頼むのは逆効果になりかねません。

頼み方にも気を付けましょう。「今、手が離せないから○○をしてくれたら助かる。疲れているのにごめんね?」このように柔らかく頼まれて嫌な気分はしないですよね。

しかしこれでも、すんなりやってくれない人も中にはいらっしゃると思います。グチグチと文句を言いながらやり始めるかもしれません。

その時はグッと堪えてください

そこで怒りをぶつけてしまってはマイナスになります。更なる怒りが返ってくるのが目に見えますね。そうならないためにも、こちらは一歩引いてください。

これではストレスが減らない、と思うかもしれませんが、積み重ねが大切なのです。最初はイラッとすると思いますが、今後のためにも深呼吸をして一旦落ち着きましょう。

そして何より一番大切で忘れてはならないことは、やはり手伝ってくれた後の感謝の言葉を忘れないこと。してもらって当然。お互い働いているのだから、という考えは分かります。

しかしそれを全面に押し出してしまっては、相手側は嫌な気持ちになりますし手伝ってあげたいという気持ちはきっと生まれません。

女性側もそうだと思います。感謝されて嫌な気分になる人はいませんね?「手伝ってくれてとても助かったよ、ありがとう。」この一言があるかないかでは大きな違いがあるのです。

家事の分担を旦那にやってもらうには焦りは禁物!

焦りは禁物!

ここで一つ注意してください。全ての人が家事に慣れている、なんてもちろんある訳がありません。

最初からたくさんのお願いをしては、感謝の言葉をもらった達成感よりも、疲れた、もうやりたくないという感情の方が上回ってしまうかもしれません。

これではお互い嫌な気持ちをするだけで何も進歩がありません。まずは小さなことから、洗濯機のスイッチを入れる。食べ終わった食器を運んでもらう。

そんな些細なことからお願いしてみるのはいかがでしょうか。子供の手伝いかと思われるかもしれませんが、普段やらない人に慣れてもらうのです。

そこは堪えて、ゆっくり時間をかけて挑みましょう。じれったいと思いますが、コツコツ様子を見ることが大切です。

家事を分担する方法 共働きの場合!旦那が手伝うようにするには?まとめ

家事を分担する方法(共働き編)について紹介してきました。
旦那さんに手伝ってもらうことは、共働き家庭には必須だと思います。

家事全てを頑張ろうとする女性は勇ましく素敵ですが、無理をして体調を崩しては本末転倒です。やってもらえることはお願いして、少しでも気持ちにゆとりを持って余裕のある生活をしましょう。

そして何度も言いますが、感謝の気持ち、それを言葉にすることを忘れないようにしてください。一言二言あるかないかで男性は気持ちよく手伝ってくれるでしょうし、こちらにもプラスになります。

それを続けていけば、自分から手伝ってくれるようにもなるかもしれません。
我が家はそうでした。
小さなことでも「ありがとう」その一言で家庭は暖かく、そして柔らかいものになるんだと思います(*^-^*)


スポンサーリンク