小学生が勉強のやる気を出す方法!って知りたくないですか?小学生のお子さんをお持ちのママさんなら、ぜひとも知りたいですよね。


小学生の子供がいると子供に勉強させるのに、やる気を出すことで悩むママも多いですよね。

どうしたら、子供のやる気を出せるようになるのでしょうか。

そこで、今回は小学生の子供の勉強のやる気を出す方法とポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

小学生が勉強のやる気を出す方法は?

小学生の子供に勉強についてやる気を出すことは、なかなか難しいことです。

自分が、小学生だった時に事を思い返してみるとよく分かると思いますが、勉強よりも楽しいことをしたいと感じてしまいます。

小学生の頃は、勉強しないといけない理由もよく分からないし勉強以外ことをしたい子が多いのです。

小学生にとって、勉強は自分が好んですることではないのです。

ですので、小学生の子供がやる気をおこして勉強をすることは基本的にはないでしょう。

しかし、そのまま放っておくわけにはいかないので無理やり勉強をさせないといけなくなります。

その時にも、大切にしたいことは子供が勉強をしない場合は頭ごなしに怒るのではなく愛情をもって正しく注意してあげるようにしましょう。

わが家の子供達も小学生の子供が2人います。

長男は、どちらかというと時間が来たらきちんと勉強をすることができるタイプです。

ですので、見守る感じでどうしても勉強のやる気が出ない時は私が注意しています。

次男の場合は、宿題は必ず帰ったらするということは身についています。

ゲームが好きな子供なので、勉強が終わったらゲームをするんだよという風に教えています。

ゲームをする時間も決めさせせてメリハリがつくようにさせています。

一度身についたら、勉強をするということは習慣づくと思います。

継続は力なりです。

小学生が勉強のやる気を出す方法!子供をしっかり見守る

また、子供をしっかりと見守ることも大切です。

わが家の場合もそうなのですが、私がいる時にはきちんとできても私が留守のしている時には気が抜けて勉強がきちんとできていないこともあります。

そういうことがあるので、子供の様子をきちんと見守ることも必要ですね。

どうして、きちんとできなかったのか責めるのではなく子供の意見も聞きましょう。

子供は、基本的にはなかなか勉強のやるきを出すことが難しいので子供のやる気を上手に引き出してあげましょう。

小学生が勉強のやる気を出す方法!やる気を出す言葉

子供の勉強のやる気を出す言葉をご紹介します。

一緒にやってみよう

子供の年齢が上になっていくと、子供は一人で成長していくものだと考える親は多いでしょう。

ですので、勉強や運動も習い事をさせておけば自分でしてくれるだろうと思いがちです。

子供自身がしたいというならば良いのですがそうでない場合は大人も一緒にやってみてあげましょう。

子供と同じようにすることで、子供のやる気を出すのに役立つこともあります。

頑張っているねお母さん嬉しいわ

子供は、褒められることはいくつになっても嬉しいものです。

お母さんも嬉しいわという素直な気持ちを子供に、伝えてあげるようにしましょう。

③前より良くなってきているね。

子供が頑張ったことをほめる以外にも、頑張った過程を褒めてあげるようにしましょう。

この言葉をかけるだけで子供の自信につながりやる気をどんどん起こさせるでしょう。

あなたなら、出来るよ。

誰でも何か新しいことに、挑戦することには勇気が必要です。

そんな時にこの言葉を子供にかけてあげましょう。

すると、子供も自分にもできるかもしれないというやる気がわいてきます。

小学生が勉強のやる気を出す方法!子供が喜ぶ言葉

子供のやる気を出すために、子供の喜ぶ言葉を使うようにしましょう。

自分の内面からやる気を出すようになるようにする言葉です。

子供のことを全部肯定する言葉です。

例えば、○○ちゃんは優しい子だねや、努力家だねなどの言葉です。

スポンサーリンク

そこの言葉を頑張り屋さんねとか、粘り強い子だねという風に変えても良いでしょう。

この様に子供の性格や、心を褒めてあげることで子供も自分の性格が好きになるでしょう。

そして、のびのび成長していけるのです。

ポジティブな形容詞ならどんな言葉でも当てはめて大丈夫です。

子供をいろんな角度から褒めて子供のやる気を伸ばしましょう。

確かにわが子も、このような方法で褒めてあげるととても喜びます。

小学生が勉強のやる気を出す方法!やる気をなくさせる言葉

子供のやる気をなくさせる言葉は、どんなものがあるのでしょうか。

親としては知っておきたいですね。

あなたのためなんだから

親が自分の行動を決めてしまうと、いけません。

あなたのためなんだからと、決めつけてしまっては子供のやる気も起こりません。

間違えているよ。

子供が頑張っているのにそれを否定する言葉を言ってはいけません。

子供を否定し続けると、子供のやる気もなかなか起こらないでしょう。

だからあなたは駄目なのよ。

子供を否定してばかりいると、子供の自信もわいてきません。

もちろんやる気もわきません。

この様な言葉は、子供の小さな心を傷つける言葉です。

くれぐれもかける言葉には、注意しましょう。

小学生が勉強のやる気を出す方法!子供の気持ちになりましょう

子供にやる気を起こさせたいのなら、自分も子供の気持ちになりましょう。

自分が子供だった時にはいつも親は、自分の味方でいてほしいはずです。

子供のことを信じてあげることも大切ですね。

少しくらい点数が悪くても、頑張ってきた過程を褒めてあげることで子供が次の自信につながります。

点数が悪くても子供を信じて応援してあげることが、親の務めです。

小学生が勉強のやる気を出す方法!勉強を見るうえでの注意点

子供の勉強を親が見るうえでも注意点は、どんなものがあるのでしょうか。

それは、間違えているところを注意するのではなくて、何で間違ったのかを理解させることです。

何回も間違えると、イライラしてしまいがちですが気長におおらかな気持ちで子供に向かい合いましょう。

怒ったり、注意ばかりしていては子供のやる気をなくしてしまいます。

勉強しなさい!と言ってはいけない!?

子供に、勉強しなさいと言ってはいけないのでしょうか。

よくテレビ番組でも、この言葉は子供に言わない方が良い言葉として紹介されていますね。

私は、わかっていながらもついつい子供達に言ってしまいます。

子供のことを考えるからこそ出る言葉なのですが、子供にとっては苦痛になりますね。

やる気ももちろん出ませんね。

反抗期の小学生が勉強しない時は?

反抗期の小学生が勉強しない時には、なにを言っても反抗的なので気を付けましょう。

少し注意しただけでも、反抗的ですので様子を見守り子供のことを考えていることを伝えましょう。

見守り続けることが大切ですよ。

自分も大切にされていると分かると、情緒も安定してくるでしょう。

小学生が勉強のやる気を出す方法!勉強を習慣づけるには?

子供に勉強を習慣づけるのは、家庭学習の始める時間を決めることにあります。

この時間と決めたら何が何でも、やり終えるようにさせましょう。

子供が嫌がるかもしれませんが、これを身に着けることが一番の方法です。

勉強+α勉強させたい時は?

この場合は、まず学校や習い事での勉強が身についているか確認しましょう。

また、宿題の量を理解し、それ以外の勉強時間を決めましょう。

テストの点数だけで熾ったり注意することもやめましょう。

この様な方法で、子供を手助けしてあげましょう。

小学生が勉強のやる気を出す方法!一番大事なポイントとは!?まとめ

今回は、小学生の子供の勉強のやる気を出すためのポイントについてご紹介してきました。

私も子供が小学生なので、いつも考えていることです。

どのように、子供のモチベーションを持っていくかにより子供のやる気も伸びてくるでしょう。


スポンサーリンク