「市民一人一人が主役」をキャッチフレーズに、富士市民総出で楽しむ夏の一大イベント、「富士まつり。


今年は、ディズニーパレードがみられるそうです。

 

これは、もう大きな目玉になりますね!今から要チェックです。

 

今回は、富士まつりに登場するディズニーパレードはどこで、何時頃に見られるのかについて、検証しました。

 

スポンサーリンク

富士まつりのディズニーパレードはどこから見る?穴場はある?

今年の富士まつりには、なんと、初めてディズニーパレードがやってくるのです!

 

富士まつりでは、毎年、中央公園に面した青葉通りでパレードが行われていますが、そのパレードにディズニーが参加することになりました。

 

これは見逃せませんね。

 

パレードは、富士市役所前の西側交差点付近をスタートし、青葉通りをまっすぐ西へ進み、ロゼシアターの交差点まで約1キロの道のりになります。

 

 

その区間は、パレードの始まる前に歩行者天国になって、車道部分にはみ出して観覧スペースが設けられるようです。

沿道はどこも大賑わいでしょうが、特に人気なのは、「スタート地点」と「ゴール地点」です。

 

と同時に、穴場として毎年必ずおすすめとされているのも、「スタート地点」と「ゴール地点」です。

 

穴場と言っても、この場合は空いていてゆっくり観覧できるという意味ではありません。

 

ディズニーのキャラクターたちがパレードに出発する前に、みんなに挨拶したり、キャラクターがパレードカーに乗り降りするところも見られる可能性があるからです。

 

運がよければ、結構長い間挨拶をしてくれるかも知れません。この挨拶が見られることから、スタート地点とゴール地点はいつも人気スポットとなっているのです。

 

今回は、パレードが終わった後、花火大会が予定されていますので、花火会場に近いゴール地点のロゼシアター交差点付近がおすすめです。

 

富士まつりのディズニーパレードは場所取り可能?場所取りの必須アイテムは?

パレードにはたくさんの人が集まると思いますので、良い場所で観覧しようと思えば、待ちを覚悟で場所取りなんかも必要になってくるかも知れませんね。

 

では、場所取りはできるのでしょうか?

 

場所取りそのものは可能でしょう。

 

例えば、パレードが始まる前に、青葉通りは歩行者天国になるそうなので、そこにそのまま居座って場所取りをすることもできるでしょう。

 

ただ、パレードのスタート地点やゴール地点などの人気スポットは、早くから埋まってしまうことが予想されます。

 

どこでも見たい所に早めに陣取ればよいとは思いますが、それなりの大変さを覚悟する必要があります。

 

パレードが始まる18:00という時間は、7月なのでまだ明るく、気温もまだまだ高く、さぞ蒸し暑い陽気であることが容易に予測できます。

 

また、夏の季節特有の急な夕立や雷雨に見舞われることもあるかも知れません。

 

パレードに出かける前に、天気予報をしっかりチェックしておきましょう!

 

そして、長時間場所取りをされる場合は、くれぐれも熱中症などには気をつけて、こまめに水分を取ることをお忘れなく!

 

いい場所が取れても、待機中に体力を使い果たして、肝心のパレード本番が始まる前にダウンしてしまわないように、万全の準備をしていきましょう。

 

そのために、場所取りの必須アイテムとしては、以下のものが挙げられます。

 

・日傘(雨傘兼用)

暑い日差しを避けるだけでなく、急な夕立にも対応できるように、傘は必需品です。でき

るだけUVカット率や遮光率の高いものがおすすめです。

  • 帽子
  • うちわ
  • 折りたたみ椅子
  • 食べ物
  • 飲み物
  • 保冷バッグ

飲食物や冷やしたおしぼりなどを保冷バッグにまとめて入れておくと、便利です。

 

場所取りをする場合は、とにかく暑さ対策をしっかりして頑張りましょう!

 

 

 富士まつりのディズニーパレードの時間とコースは?

パレードが行われるのは、7月22日(日曜日)の18:00から30分程度の予定です。

 

コースは、富士市役所西側交差点付近をスタートして、青葉通りを西にまっすぐ進み、ロゼシアター交差点付近がゴールの約1キロの予定です。

 

初めに、地元の子どもたちによる音楽隊のパレードがスタートし、それに続く形でディズニーのパレードが行われる予定です。

 

ただし、悪天候やその他理由により中止されることもあります。

 

 

富士まつりのディズニーパレードの日程は?

2018年7月22日(日)に開催されます。

 

パレードは18:00からですが、富士まつりそのものは、11:00から始まります。

 

 

スポンサーリンク

富士まつりのディズニーパレードで停止位置ってあるの?シャッターチャンスは?

ディズニーランドのパレードのように決まった場所で停止があるのかどうかは、わかりませんが、おそらく「ない」と思った方がよいでしょう。

 

パレードが通り過ぎていく街頭よりも、スタート地点やゴール地点の方が滞在する時間が少しでも長くなったり、キャラクターがパレードカーに乗り降りするところも見られる可能性があります。

 

それだけにシャッターチャンスも多いと思いますが、両スポット共人気の場所だけに、パレードが始まる前に場所取りをするのが大変でしょうね。

 

やはり、観覧場所にかかわらず、目の前に来たら、シャッターを切るのが一番良いと思います。

 

ただし、写真を撮るのに夢中になり過ぎて、目の前のミッキーたちに手を振り返せなかったり、落ち着いて十分楽しめなかった、ということにならないように気をつけましょう!

 

 

富士まつりのディズニーパレードにジェラトーニワゴンは来る?時間や場所は?

さらに嬉しいことに、今回、ダッフィーフレンズの「ジェラトーニ」のワゴンもやってきます!

 

「ジェラトーニワゴン」って、何?という方のために、簡単に紹介しますと、

 

ミッキーとダッフィーが旅の途中で出会ったお友だちのジェラトーニは、絵を描くことが大好きなネコの男の子。ふわふわのボディと同じ生地でラッピングされた「ジェラトーニワゴン」が、東京ディズニーリゾート35周年を記念した特別な装飾になって、ジェラトーニの描いた絵をいっぱいのせて旅に出かけます。

 

その「ジェラトーニワゴン」が、富士まつりにも立ち寄ってくれることになったのです。

 

ダッフィーファンの皆さんは、特に必見です!

 

ジェラトーニワゴンは、今回展示のみで、パレードには参加しませんが、その分写真を撮ったり、もふもふなワゴンを眺めたりする時間がたっぷりとあります。

 

展示場所:富士市役所駐車場

展示時間:7月22日(日)11:00~16:00(予定)

 

 

富士まつりでディズニーのグッズ販売はある?

残念ながら、今のところ、グッズ販売は予定していないそうです。

 

 

富士まつりの見どころと言えば?

富士まつりは、今年も市民総出の楽しいイベントが盛りだくさん!

 

ディズニーパレードの他にも、見どころ満載です。

かぐや姫コンテストやパレード、そして花火大会など華やかなイベントを楽しむことができます。

 

2018年のイベント内容の詳細発表はこれからになりますが、たぶん昨年と同様の内容が盛り込まれると思われます。

 

・かぐや姫コンテスト決勝審査
・新かぐや姫お披露目
・市民総おどり
・まとい・木やり道中・はしご乗り
・太鼓の競演
・音楽パレード
・あっぱれ富士
・市民パフォーマンス
・みこし練り歩き
・かぐや姫横丁
・結花乃コンサート
・打ち上げ花火

 

等々、一日中イベントがいっぱいです。

 

 

メインステージでは、和の文化を感じさせてくれる太鼓の競演のほか、かぐや姫コンテストが開催されます。

かぐや姫コンテストとは、富士市が「竹取物語」の発祥の地であることから毎年7月に実施されるコンテストのことで、毎年かぐや姫クイーンとかぐや姫が選ばれます。

このコンテストで選ばれたかぐや姫クイーンとかぐや姫は、1年間富士市のPR活動を行う予定です。

野外ステージでは、富士市民によるたくさんのパフォーマンスを見て楽しむことができます。

どんなパフォーマンスが行われるかは当日のお楽しみに。

市民総出で盛り上げるイベントとして、とても楽しい時間を過ごすことができそうですね。

 

そして、パレード広場での市民による市民総踊りでは、名物の富士ばやし、FUJIサンバ、そしておみこしの練り歩きなどが見られます。

 

 

最後に、何といっても.お祭りのフィナーレを飾る花火大会は必見です!

 

約6,000発の花火を打ち上げ、大きさは最大で3号玉の花火が打ち上げられます。

 

「富士まつり2018」の花火は、ただ打ち上げられるだけでなく、音楽ともシンクロした花火で、華やかな演出を楽しむことができるそうです。

今年の夏も、家族やお友達、恋人と楽しい一日を過ごしましょう!

 

 

富士まつりのディズニーパレードはどこから見る?時間やコースは!まとめ

 

今回は、今年の富士まつりの大きな目玉企画としてやってくる、ディズニーパレードについて、まとめました。

 

ディズニーパレードは、7月22日(日)の18:00から登場する予定です。

また、ダッフィーフレンズの「ジェラトーニワゴン」も展示されます。

 

さぞ大勢の人出で賑わい、場所取りも大変だと思います。

 

くれぐれも熱中症に気をつけて、夏の日の楽しい思い出をつくりましょう!


スポンサーリンク