四国・土佐の小京都、高知県中村の夏まつり「四万十(しまんと)市民祭」に、今年ディズニーパレードがやってくるとか!これは、見逃せませんね!


 

今回は、今年の「四万十(しまんと)市民祭」にやってくるディズニーパレードの時間やコース、そして、どこから見るのがおすすめかについて、検証しました。

 

スポンサーリンク

 

四万十市民祭のディズニーパレードはどこから見る?穴場はある?

 

南国土佐、高知県の南西部に位置し、日本最後の清流といわれる有名な四万十川が流れ、「土佐の小京都」として知られる旧中村市と、隣接していた幡多郡の旧西土佐村が2005年に合併して誕生した四万十(しまんと)市。

 

その四万十市が市民祭を始めて14回目を迎えた今年2018年、ディズニーパレードがやってくることになりました!

 

ふだん、なかなか浦安まで見に行けないディズニーファンの皆様、お待たせ~です!

 

猛暑で知られる四国の夏をいっそう熱くする、お祭りの目玉になりますね。

 

パレードが始まるのは、7月28日(土)の17:00頃です。

 

場所は、四万十市内の中心、土佐くろしお鉄道宿毛線中村駅のすぐそば駅前通りから、四万十市役所方面へと向かう大橋通り交差点付近までの750メートルです。

 

ここで、注目すべきは、従来の市民祭のメインイベントである「なかむら踊りパレード」「提灯台パレード」のルートとは、別の場所で行われるということです。

 

つまり、初めからディズニー狙いで、早くからコースの好きな場所で待機していれば、どこでも特等席を確保できる可能性が大きいといえます。

 

沿道はどこも大賑わいでしょうが、特に人気なのは、「スタート地点」と「ゴール地点」です。

 

と同時に、穴場としておすすめするのも「スタート地点」と「ゴール地点」です。

 

穴場と言っても、この場合は空いていてゆっくり観覧できるという意味ではありません。

 

ディズニーのキャラクターたちがパレードに出発する前に、みんなに挨拶したり、キャラクターがパレードカーに乗り降りするところも見られる可能性があるからです。

 

運がよければ、結構長い間挨拶をしてくれるかも知れません。この挨拶が見られることから、ディズニーのパレードでは、スタート地点とゴール地点はいつも人気スポットとなっているのです。

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードは場所取り可能?場所取りの必須アイテムは?

 

これまでディズニーパレードがやってきたお祭りは、どこの地でも例年以上の大賑わいを見せています。

 

しかも、この時期、夏休みということもあり、家族連れで混み合うことでしょう。

 

良い場所で観覧しようと思えば、待ちを覚悟で場所取りなんかも必要になってくるかも知れませんね。

 

では、場所取りはできるのでしょうか?

 

はっきりしたことはわかりませんが、場所取りそのものは、どこでも可能だと思います。

 

ただ、パレードのスタート地点やゴール地点などの人気スポットは、早くから埋まってしまうことが予想されます。

 

どこでも見たい所に早めに陣取ればよいとは思いますが、それなりの大変さを覚悟する必要があります。

 

大変なのは、何といっても「暑さ」です。7月下旬の四万十市では、日中は軽く30度を超えます。

 

パレードが始まる17:00という時間は、7月なのでまだ明るく、気温も湿度もまだまだ高く、さぞ蒸し暑い陽気でしょう。

 

また、夏の季節特有の急な夕立や雷雨に見舞われることもあるかも知れません。

 

パレードに出かける前に、天気予報をしっかりチェックしておきましょう!

 

そして、長時間場所取りをされる場合は、くれぐれも熱中症などには気をつけて、こまめに水分を取ることをお忘れなく!

 

いい場所が取れても、待機中に体力を使い果たして、肝心のパレード本番が始まる前にダウンしてしまわないように、万全の準備をしていきましょう。

 

そのために、場所取りの必須アイテムとしては、以下のものが挙げられます。

 

・日傘(雨傘兼用)

暑い日差しを避けるだけでなく、急な夕立にも対応できるように、傘は必需品です。でき

るだけUVカット率や遮光率の高いものがおすすめです。

・帽子

・うちわ

・折りたたみ椅子

・食べ物

・飲み物

・保冷バッグ

飲食物や冷やしたおしぼりなどを保冷バッグにまとめて入れておくと、便利です。

 

場所取りをする場合は、とにかく暑さ対策をしっかりして、頑張りましょう!

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードの時間とコースは?

 

パレードの開始時間は7月28日(土)の17:00の予定です。

 

コースは、四万十市内の中心、土佐くろしお鉄道宿毛線中村駅のすぐそば駅前通りから、四万十市役所方面へと向かう大橋通り交差点付近までの750メートルです。

 

ちなみに、市民祭の例年のメインイベントである「なかむら踊りパレード」は16:00頃から、「提灯台パレード」は19:00から始まる予定で、場所もディズニ―パレードとは異なり、市役所周辺の市街地を回るコースとなっています。

 

ディズニーパレードと両方を観覧したいという場合は、混雑の中を移動が大変だと思います。

 

そこで、ディズニーパレードのゴール地点とほぼ重なる「なかむら踊りパレード」の沿道がおすすめポイントです。

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードの日程は?

 

7月28日(土)に行われる予定です。

スポンサーリンク

 

四万十(しまんと)市民祭は、従来「なかむら踊りパレード」」と「「提灯台パレード」、そして「しまんと納涼花火大会」の二部構成になっています。

 

前半の「なかむら踊りパレード」」と「「提灯台パレード」は、ディズニーパレードと同じ7月28日(土)に行われます。

 

後半の「しまんと納涼花火大会」は、8月25日(土)に行われる予定です。

 

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードで停止位置ってあるの?シャッターチャンスは?

 

ディズニーランドのパレードのように決まった場所で停止があるのかどうかは、わかりませんが、おそらく「ない」と思った方がよいでしょう。

 

パレードが通り過ぎていく街頭よりも、スタート地点やゴール地点の方が滞在する時間が少しでも長くなったり、キャラクターがパレードカーに乗り降りするところも見られる可能性があります。

 

それだけにシャッターチャンスも多いと思いますが、両スポット共人気の場所だけに、パレードが始まる前に場所取りをするのが大変でしょうね。

 

やはり、観覧場所にかかわらず、目の前に来たら、シャッターを切るのが一番良いと思います。

 

ただし、写真を撮るのに夢中になり過ぎて、目の前のミッキーたちに手を振り返せなかったり、落ち着いて十分楽しめなかった、ということにならないように気をつけましょう!

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードにジェラトーニワゴンは来る?時間や場所は?

 

残念ながら、今年は来る予定はありません。来年に期待しましょう。

 

 


四万十市民祭のディズニーパレードのグッズ販売はある?

 

残念ながら、今のところ、グッズ販売は予定していないそうです。

 

 


四万十市民祭の見どころと言えば?

 

四万十(しまんと)市民祭は、土佐の小京都の町・中村に夏の訪れを告げるイベントとなっていて、 市民有志で構成する「しまんと市民祭実行委員会」を中心に、「なかむら踊りパレード」や「しまんと提灯台パレード」、「納涼花火大会」などを行う、市民参加型のお祭りです。

つまり、ディニーパレード以外にも見どころ満載なのです!

 

小さな町ならではの“アットホームなお祭り”っていう感じがして、とっても親しめます。

 

そこで、メインの見どころを紹介します。

 

  • なかむら踊りパレード

日時:7月28日(日)16:00~

場所:四万十市役所~市街地

市役所(スタート地点)~大橋通→一条通→天神橋→東下町→市役所(ゴール地点)

 

「なかむら踊り」は、保育園・小学校・大人などそれぞれで構成されたチームが踊ります。

ゆったりとした音楽や、現代風の音楽があったり、衣装も各チームの特色が出ていて、観客を楽しませてくれます。2017年は9組のチームが参加しました。

 

  • しまんと提灯台パレード

日時:7月28日(日)19:00~

場所:四万十市役所~市街地

市役所(スタート地点)→東下町→天神橋→一条通→大橋通→市役所(ゴール地

点)

 

夏の恒例行事「提灯台」は、各商店街組合・団体によって構成されたチームがそれぞれに個性あふれる提灯台を作成して、市街を練り歩きます

明かりが灯された提灯台はとても勇壮で、特に十字路に来ると、走りながら提灯台をぐるぐる回しながら、各参加団体が趣向を凝らしたパフォーマンスを見せてくれて、見物客の目を楽しましてくれます。

 

有名な大阪・岸和田の「だんじり祭り」を思わせる、粋で勇壮なお祭りです。

普段は奥ゆかしい中村の人がすごく熱くなります。2017年は11組のチームが参加しました。

 

「なかむら踊りパレード」と「しまんと提灯台パレード」には、会長賞・審査員特別賞・敢闘賞などが設けられていて、受賞チームは8月下旬の納涼花火大会にて表彰されるとのことです。

 

 

  • しまんと納涼花火大会

日時:8月25日(土) 20:00~20:45

場所:四万十市、赤鉄橋たもとの四万十川河川敷

 

四万十(しまんと)市民祭の最後を締めくくる納涼花火大会です。

音楽と、色とりどりの花火約11,000発の共演により、「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川の川面が色鮮やかに輝きます。

 

鮎のつかみ取り等のイベントも盛り沢山の花火大会なので、お子さん連れには大人気です。

 

 

せっかく四万十市を訪れるなら、市民祭だけでなく、やはり、日本有数の清流・四万十川でのアウトドアを楽しみたいですね。

 

何日か休暇を取って、都会では味わえない貴重な美しい自然を満喫しましょう!

 

ディズニーパレードとあわせて、きっと夏休みの楽しい思い出になるはずです!

 

 四万十市民祭のディズニーパレードはどこから見る?時間やコースは!まとめ

今回は、第14回となる「四万十(しまんと)市民祭」と、今年の新たな目玉となる「ディズニーパレード」について、まとめました。

 

ディズニーパレードは、7月28日(土)の17:00から登場する予定です。

 

毎年、市の人口よりも多い人出で賑わうお祭りに、今年はディズニーが加わるだけに、さらに盛り上がりを見せることでしょう。場所取りなども大変だと思います。

 

くれぐれも熱中症に気をつけて、土佐の夏を満喫してくださいね!

 


スポンサーリンク