毎年7月に、九州・鹿児島県の志布志(しぶし)市で、志布志みなとまつり花火大会が開催されます。


鹿児島市内から少し離れた地域ながら、例年鹿児島県の内外から7万人もの来場者がある人気の花火大会です。

 

できれば、混雑を避けてゆっくりと楽しみたいという人々も大勢いると思いますが、穴場はあるのでしょうか?

今回は、今年の志布志みなとまつり花火大会の見どころや、とっておきの穴場情報について紹介します。

 

志布志みなとまつり花火大会の穴場スポットはある?

 

鹿児島県の南東部、薩摩半島の東岸に位置する大隅半島の付け根(北東部)にあたり、

太平洋岸に面した志布志湾を望む志布志市では、毎年7月に「志布志みなとまつり花火大会」が行われます。

 

志布志市は、鹿児島市内から車で約2時間もかかるほどの少し離れた所にありますが、志布志みなとまつり花火大会は、志布志市の夏最大のイベントで、鹿児島県の内外から7万人もの来場者がある人気の花火大会です。

 

鹿児島県内の花火大会では、鹿児島市の「かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会」に次いで大きな花火大会で、鹿児島県内の花火大会人気ランキングで9位に挙げられています。

 

 

その人気の秘密は、3連続の尺玉13発同時打ち上げなど迫力満点の花火が1万発打ち上げられることです。

 

しかも、会場となる新若浜埠頭(しおかぜ公園)と打ち上げ場所が近いので、打ち上げ場所に近い所で花火を見ると、花火が頭の真上に打ち上がっているような感覚になるぐらいの大接近花火を見ることができます。

 

花火の「ドーン!」という音がすぐそばに聞こえて、大迫力で楽しめるのです!

また、花火だけではなく、会場では様々なイベントも行われるので、大人から子どもまで存分に楽しめるでしょう。

 

それだけに、花火大会会場周辺は交通規制もあり、駐車場に入る車も人も多くて、ものすごく混雑します。

花火を見るのに、あまり混雑に巻き込まれずに、見やすい穴場を探したくなりますよね?

 

特に、家族連れで見に行くときは、小さいお子さんがはぐれないように、結構神経を使います。

できれば、人や車が混み合っていない場所で、ゆっくり心ゆくまで花火を楽しみたいものですね。

 

そこで、志布志みなとまつり花火大会を混雑せずに見られる穴場スポットとして、おすすめの場所をいくつか紹介します。

 

志布志運動公園

会場から近いので花火が見えやすく、やはり近くから見たいという人におすすめのスポットです。
便利なだけに、場所は広いのですが、会場よりは多少空いている程度です。早めに来場しましょう。

志布志港周辺

港の入り江をはさんで、会場の向かい側に位置するので、花火を大迫力で見ることができます。

ただし、ふだん大型船が停泊することが多いので、船が停まっていない場所を確保する必要があります。

国際の森(鹿児島県志布志市志布志町夏井)

会場から東方向へ、車で20分くらいの距離にあります。山の上なので、志布志の町と花火を一緒に眺めることができます。特に、観光客におすすめです。

ダグリ公園鹿児島県志布志市志布志町夏井)

会場から国道220号を東に20分くらいの距離にあります。

「国際の森」とは逆に、海側に面したオーシャンビューの素晴らしい眺めが望めます。

会場から離れていることもあり、できれば、国民宿舎ボルベリアダグリか志布志湾大黒リゾートホテルに宿泊して、優雅に花火を鑑賞したいですね。

大崎ふれあいの里公園(鹿児島県曽於郡大崎町神領2392)

会場から西方向へ車で15分くらいの距離で、国道220号沿いにある公園です。

温泉や子どもが遊ぶ場所もあり、花を楽しむこともできる大きな公園です。

会場から離れているので、多少迫力は落ちますが、花火はきれいに見えます。

 

大崎町役場(鹿児島県曽於郡大崎町假宿1029)

大崎ふれあいの里公園からさらに西寄りに移動した所にあります。人があまりいませんので、ゆっくりと花火を鑑賞できます。

 

 


志布志みなとまつり花火大会の日時・場所・アクセス・見どころは?

今年の志布志みなとまつり花火大会は、7月21日(土)20:00~21:00に開催されます。

小雨決行で、荒天時は順延の予定です。

 

場所は、新若浜埠頭(しおかぜ公園)です(鹿児島県志布志市志布志町志布志296-1)。

 

会場へのアクセスは、電車の場合、JR日南線志布志駅から徒歩約20分、車の場合は、宮崎自動車道の都城ICから車で約50分です。

 

当日はJR志布志駅から無料シャトルバスが5分~10分間隔で運行されます。

 

ただ、バスの順番待ちをしたくない場合は、早めに駅に着いてバスを待つか、徒歩かタクシーなどで会場に行くこともできます。

 

また、会場には無料駐車場が2,000台分あります。

 

当日は、会場周辺は交通規制(16:00~22:30)が敷かれ、道路は混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関をご利用されることをおすすめします。

 

志布志みなとまつり花火大会は、志布志みなとまつりのフィナーレとして行われます。

 

見どころは、何といっても3業者同時打ち上げによるオリジナル花火を始め、スターマイン、ミュージック花火、ナイアガラ、尺玉13発を含む大玉連続打上げなど約10,000発の花火が打ち上げられることで、その光景は、まさに迫力満点!志布志港の夏の夜空をきれいに彩ります。

 

しかも海面に映る、華やかでスケールの大きな色彩も見ものです。

 

特に、九州最大級と言われている尺玉入り連続スターマインは圧巻です!さすが鹿児島県で最大級の花火大会と言われるのも納得です。

 

ここで、簡単に花火の種類について説明しておきます。

 

・スターマイン

仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(直径約6センチ)から4号玉(直径約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。

・ナイアガラ(の滝)

焔管(えんかん)という火薬を詰めた管を速火線で連結して一列に吊し、点火すると焔管から火の粉が一斉に流れ落ちる仕掛け花火です。長いものでは、2,000メートルにもなるものもあります。

・尺玉(1尺玉)

直径約30センチの10号玉(重さ約8.5キロ)のことを言います。尺玉は一般的に東京タワーとほぼ同じ高さの約330メートルまで打ち上げられ、直径約320メートルにも広がります。

 

 

花火大会の前に、さんふらわぁ号クルージングやよさこい踊りなどのダンスイベント、おやじバンド演奏など盛りだくさんの多彩なステージイベントが行われます。

 


志布志みなとまつり花火大会 会場の無料スペースで見る場所取り方法は?

志布志みなとまつり花火大会では、有料席は設けられません。

 

毎年、多くの人々が少しでもいい場所で花火を見ようと、早い時間からレジャーシートを会場に敷きつめ、場所取りをしています。

スポンサーリンク

 

ベストポジションを選んで、好きな場所を確保しようと思うなら、ほぼガラ空き状態の午前中に到着することをおすすめします。

 

お昼頃から少しずつ埋まり始めて、夕方になると一気に埋まってしまいます。

 

特に、打ち上げ時間が近づいてくると、どっと人出が増えるので、できるだけ時間に余裕を持って出かけ、遅くとも夕方前までに良い場所を確保するようにしたいものです。

 

場所取りをする場合は、レジャーシートを敷き、飛んでいかないように重しを置くことが大事です。

重しになるものはクーラーボックスだとか何でも結構ですが、できれば、交代で人が待機するのが望ましいですね。

 

会場では、出店もありますし、お昼頃からいろいろなイベントが行われているので、早めに現地に行っても、花火打ち上げまで退屈せず、お祭り気分で楽しめます。

 

ただ、くれぐれも、熱中症対策だけは万全にしなくてはいけません。

 

また、レジャーシート以外に、飲み物、うちわ、虫除けスプレー、タオル、ウェットティッシュ、懐中電灯、ごみ袋、レインコートなどの必需品を忘れずに持参しましょう。

 

 

 

志布志みなとまつり花火大会の駐車場はどこ?混雑具合は?

 

志布志みなとまつり花火大会では、会場近くに2,000台分の無料臨時駐車場が設けられます。

会場近隣の他、志布志駅周辺や香月公民館周辺などにも臨時に設けられるようです。

 

詳しい場所などは、志布志みなとまつり実行委員会事務局までお問い合わせの上、確認しておきましょう。

 

駐車できる時間は17:00~22:00(予定)なので、17時になるまでは誰も停めることはできません。

 

ただし、相当前から開場待ちの車が列を作って待っているので、またたく間に満車になってしまいます。

 

そのため、できるだけ早めに、できればお昼頃には現地入りして、17時より前に駐車できる民間の有料駐車場を探すか、そのまま早い時間から無料駐車場で待つかどちらかになりますが、どちらも結構大変ですので、それなりの覚悟は必要です。

もちろん花火大会会場での場所取りを優先して、運転者一人を残して、他の同乗者は、一足先に会場で待機するというのが一般的ですね。

 

志布志みなとまつり花火大会 最寄駅、近くのコンビニの場所は?

 

志布志みなとまつり花火大会が開催される新若浜埠頭(しおかぜ公園)の最寄り駅は、JR日南線志布志駅になります。会場まで徒歩約20分の距離です。

 

国道220号線沿いに、セブンイレブン志布志町安楽店とファミリーマート志布志安楽店、さらに、駅寄りにローソン志布志安楽店があります。

 

近いと言っても10分くらいは歩きますので、立ち寄る場合は、ちょっと遠回りになるかも知れませんが、駅から会場に向かう途中に寄って、買い物を済ませておいた方が無難です。


志布志みなとまつり花火大会 周辺にホテルはある?

 

志布志みなとまつり花火大会の会場近くには、ホテルがありません。

 

市外遠方から来場され、当日の夜に現地で宿泊を希望される場合は、最寄り駅の志布志駅周辺のホテルがおすすめです。

 

いくつか紹介しておきますので、早めに予約しておきましょう。

 

志布志の宿 きたの

志布志駅から一番近く、徒歩1分。飲み屋街に隣接している旅館なので、ちょっと飲みに行くには最適ですね。

 

ホテルポラリス

志布志駅から徒歩約2分。街の中心にあるので、観光したい人にピッタリです。

 

ビジネスホテルサンワード

志布志駅から徒歩約2分。ホテルポラリスの近くにあります。ビジネスホテルなので、低料金なのが魅力です。

 

この他に、駅から徒歩で26分ほどかかる所に、ビジネスホテル枇榔(びろう)という宿があります。ちょっと遠いですが、その分サービスもよく、予約も取りやすいようです。

 

さらに、会場から車で20分くらい足を延ばすと、グレードの高いホテルがあります。

 

国民宿舎ボルベリアダグリ

志布志駅から1駅の大隅夏井駅から徒歩12分です。ダグリ岬の上に立つ絶景がおすすめの宿です。ホテルとしてのグレードは高く、落ち着いて過ごすにはうってつけです。

花火帰りには遠くて不便かも知れませんので、できれば、ここに宿泊を予約して、ゆっくりと花火を鑑賞したいものですね。

・志布志湾 大黒リゾートホテル

こちらも、大隅夏井駅から徒歩で約30分もかかります。オーシャンビューの上質なホテルで、ゆったりとくつろぐには最適です。

ここも、こちらに宿泊を予約して、ゆっくりと花火を鑑賞してみてはいかがでしょう。


志布志みなとまつり花火大会の穴場は?駐車場はどこに停める!

 

一口に穴場と言っても、会場に近いほど迫力ある花火を楽しめますが、その代わり早めに場所が埋まってしまい、混雑はある程度避けられません。

 

例えば、先に紹介した志布志運動公園や志布志港周辺などは、実質的に「第二会場」的な存在になっていて、もはや「穴場」とは言い難いかも知れませんね。

 

会場から遠ざかるほど、空いてきて文字通りの穴場として、ゆったり鑑賞できます。

その代わり、花火そのものの迫力は多少落ちますが、その美しさに変わりはありません。

 

例えば、会場から東方向にある国際の森やダグリ公園、逆に西方向へ行けば大崎ふれあいの里公園や大崎町役場などが挙げられます。

 

もっとも、市内中心部ならどこにいても、海側の空を見上げれば、打ち上がる花火を見られます。地元の人は、毎年自宅の近くの見晴らしの良い「マイ・フェイバリット・スポット」から楽しんでいるようですね。

 

駐車場についても、会場に近いほど早く埋まってしまいます。17:00開場の相当前から待機行列に加わる必要がありそうです。

 

会場から多少遠くなっても、香月公民館周辺や志布志駅周辺のいわば「穴場的」駐車場に停める方法も一案だと思います。

いずれにしても、どこに停めたのか、帰る時にすぐわかるように、その位置をしっかり覚えておきましょうね!

 

志布志みなとまつり花火大会の穴場は?駐車場はどこに停める!まとめ

今回は、志布志みなとまつり花火大会の見どころや、観覧場所の穴場についてまとめました。

 

夏の夜空を彩る10,000発の花火は、とっても楽しみですね!

 

打ち上げ会場で間近に大迫力を味わうのも良し、少し離れた穴場でリゾート気分を楽しみながら優雅に鑑賞するのも良し、どちらも心ゆくまで満足度大でしょう。

 

いささかローカルな地で行われるので、帰りの足を考えて、現地で宿泊するのかどうか、それによって電車と車とどちらを利用したらよいか、などを考えて鑑賞プランを考える必要がありそうです。

 


スポンサーリンク