日焼け対策は1年中必須なものではありますが、暑くなってくると今年の日焼け止めは何を使おう?

と悩み始める時期ですよね。

 

しかも、敏感肌で今まで自分に合う日焼け止めに出会ったことがない・・

という方にとっては、切実な悩みです。

 

将来のお肌のことを考えると、日焼け止めを塗らないわけにはいかないし・・・

今回は、敏感肌でどんな日焼け止めがいいか悩んでいる方に、日焼け止めの選び方から使い方までをご紹介します。

 

スポンサーリンク

敏感肌でもあきらめない日焼け止めの選び方

 

まず、自分は日焼け止めのどの成分に反応しているか見極めることが大事です。
日焼け止めは大きく分けて2種類あり、紫外線散乱剤を使っているもの、紫外線吸収剤を使っているものとがあります。

 

敏感肌の方は、だいたい紫外線吸収剤に対して反応してしまう人が多いようです。

白浮きしない、サラサラした日焼け止めには大抵この紫外線吸収剤が入っています。

この紫外線吸収剤は化学合成された成分で、自分の中に紫外線を取り込み、化学反応を起こすことで紫外線を防止します。

敏感肌の方は、この化学変化が起こる過程での熱や、化学反応した過程で出来た物質が肌に刺激を与えている場合があるんです。

 

紫外線散乱剤の方は、天然成分由来のものがほとんどなので、肌への刺激も少ないです。

ただ、白浮きしやすかったり、汗で流れやすかったり、使用感もイマイチだったりするんですよね。

 

しかし、紫外線吸収剤を使ったものでも直接刺激にならないよう、これをコーティングしたものもあり、一概に紫外線吸収剤=×
とは言えなくなってきています。

スポンサーリンク

敏感肌で日焼け止めが使えない方にはこれ!

シルクに紫外線をカットする働きがあるって知ってましたか?

活性酸素を抑制したり、肌の水分の蒸発を防いでくれるそうです。

シルクパウダーをメイクの下と上からつけるだけでも、SPF15程度の効果はあるとか。

 

そんなシルクを使った日焼け止めも販売されています。

ラクピュアという会社の、ピュアイオンUVケアローションは、

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤さえも使わず、シルクの力で紫外線を防止してくれる商品です。

肌に負担となる成分が入っていないので、クレンジングも必要ありません。

就寝前の美容液としても使えるというスグレモノです!

日常生活レベルでは十分だそう。

>>ラクピュア公式サイト

アウトドアや、夏の日差しのきつい時には、ピュアイオンさんスクリーンという商品もあります。

こちらは、紫外線散乱剤を使って、より紫外線防止効果を高めているものです。

紫外線散乱剤でも高品質なものを使っているそうで、こだわって作られています。

 

敏感肌のための日焼け止めの塗り方

肌に刺激の少ない商品を選ぶことも大事ですが、
それと同じくらい大事なのが、肌に刺激を与えない塗り方です!

まず、日焼け止めを塗る前に、保湿をしっかりとしましょう。

ただでさえ、日焼け止めは乾燥を呼びやすく、保湿を怠るとすぐにメイクが崩れてしまいます。

保湿はしっかりと!

が第一のポイント。

 

一般的に、日焼け止めを塗る時は、

おでこや頬にちょんちょんと日焼け止めを置いて、伸ばしていきますよね。

雑誌にもこの方法が載ってます。

しかし、肌の上で伸ばすことで肌がこすられ、敏感肌の方には刺激になることも。

そんな方は、まず両手の手のひらを合わせて日焼け止めを伸ばし、
叩き込むように塗ったほうが刺激がありません。

そして、目元などは皮膚が薄く、ダメージも受けやすいため、
二度塗りしましょう。

難しければ、スポンジを使ってもいいですね!

 

こするのNG!

これが第二のポイントです。

 

そして、塗り直しはこまめに。

上の方で紹介した、ラクピュアのUVローションはメイクの上からでも濡れるので、お化粧直しや塗り直しも簡単にできますよ。

 

さいごに

日焼け止めジプシーは今年で終結させたいですよね!

何か参考になる情報はあったでしょうか?

 

日焼け止めで紫外線を防いで、

10年後の自分のために!

美肌を目指しましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 
こちらの記事もおすすめです
>>乾燥肌かくるヒリヒリ対策は?化粧水の選び方と改善方法を紹介!