夏休みに家族旅行を計画される方は多いと思います!

その中でも、今年はディズニーへ初めて行く!

という方もいるんじゃないでしょうか?

 

けど、夏のディズニーは暑いって聞くし、特に子連れだと、どの程度の暑さ対策をしていけばいいかわかりませんよね?

 

そこで今回は、夏の暑い時期にディズニーへ行く方に向けて、暑さ対策や服装・必須アイテムをご紹介していきたいと思います。

 

何か参考になることがあれば幸いです♪

 

スポンサーリンク

夏のディズニーでの熱中症対策はどうすればいい?

 

ディズニーランドやディズニーシーでは、アトラクションやレストランで長時間並ぶことも想定しなければいけません。

 

子連れならなおさら、自分も楽しみたいけど、子供の様子には特に気を配る必要があります。

 

子供は自分で体温調節することが苦手です。

その1 帽子

通気性の良いつばの大きな帽子がオススメです。

時々、髪の毛をほぐして頭も空気を入れ替えましょう。

キャラクターのぬいぐるみ帽子は、通気性が悪いので、暑い時期は避けたほうが無難です。

その2 飲み物

園内は、飲食物の持ち込みは禁止です。

荷物も増えるし、パーク内でも購入可能です。

パーク内各所には水道水(飲料可)がありますので、飲み終わったら補給も可能です。

レストランでは、氷をもらうこともできます。

何か購入の際は、一緒に氷ももらいましょう。

その3 タオル

水に濡らして首に巻くタイプのクールタオルがオススメ!

なければ、手ぬぐいやタオルでも代用可能です。

その4 塩分

熱中症対策としては、水分だけでなく、塩分補給も必要です。

塩でもいいですが、塩飴がオススメです。

かさばらないですしね!

その5 いったん引き揚げる

子連れだと、疲れや暑さで子供が泣き出すことも考えられます。

そんな時は、無理せずにいったんホテルや車に引き上げましょう。

いったん休憩すれば、体力も回復することでしょう。

ただ、車の中は十分に冷やしてから入らないと、逆に具合が悪くなってしまいますよ!

 

 

こちらの記事に車を早く冷やす方法を記載しています!
>>チャイルドシートの暑さ対策とおすすめグッズを紹介!

スポンサーリンク

 

夏のディズニー服装はどうする?

 

暑いからキャミソールやTシャツ短パンで行きたいですよね?

しかし、ディズニーはアスファルトの照り返しでものすごく暑くなります。

 

1日過ごすと、肌がでているところは真っ赤に腫れ上がります。

日焼けを避けるなら、長袖にパンツスタイルがいいですね。

サンダルも要注意!足の甲も焼けます。

 

長く歩き回りますので、履きなれたスニーカーやぺたんこ靴がオススメ!

ジーパンも蒸れるので、素材にも気を使ってみてください。

 

ロングスカートは涼しくていいですが、アトラクションに乗ったりするときは邪魔になるかもしれません。

着替え用にTシャツをかさばらない程度に何枚か持って行ったらいいですね。

水濡れ系のショーは、下着まで濡れますので、レインコートも持っておいたらいいと思います!

 

ディズニー行くなら夏の必須アイテム!

日傘

シルバーコーティングされているものがいいです!

子連れだと難しいかもしれませんが、あったら全然違います。

日焼け止めクリーム

こまめに塗りなおしましょう!

 

長袖の羽織ものもしくは、アームカバー

子連れだと、ゆっくり日焼け止めを塗り直す時間もないかも。

なので、物理的に腕は隠した方がいいですよ!

 

フェイスタオル

何枚か持っておくといいですね。

お昼寝するお子さんだと、日よけにも使えます。

 

着替え

ベビーセンターに子供のお着替え場所もあります。

 

ベビーカー用日よけ

ベビーカーの中はこまめに様子を見ましょう。

 

座布団

アトラクション待ちやショーを見ている間、お尻が焼けないように。
タオルでも代用できます。

 

ミスト

ハンディタイプの小型扇風機やミストが出るタイプのものは、子供の良いオモチャにもなります。

スプレーに水を入れただけのものでも、時々顔にかけてあげるとスーッとします。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

夏のディズニーは本当に暑くなります。

お子さんが楽しめる年齢なら是非行ってもらいたい場所でもあります!

初めてならなおさら、親も子も、テンションが上がって喉の渇きを忘れがち。

喉が渇いてからでは遅いので、子供にもこまめに声をかけ、ちょこちょこ水分補給を心がけましょう。

熱中症対策を万全にしていれば、楽しい事間違い無し!

何か参考になる事があれば、取り入れてみてくださいね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。