夏になると花火大会やお祭りに浴衣が大活躍です。

彼氏とのデートならなおさら、普段と違う自分を見せたいですよね。

浴衣って、意外と汗をかいたり、動いてシワになったり、花火の臭いがついたりしますよね。

脱いですぐは汚れは目立たないけど、お洗濯はどうしたらいいんだろう?

とお悩みではありませんか。

今回は、浴衣はクリーニングに出した方がいいのか。

その値段の相場も調べてみました。

 

スポンサーリンク

浴衣のクリーニングに出した方がいい?

 

結論から言いますと、浴衣はクリーニングに出した方が良さそうです。

 

というのも、浴衣は絞りなどの特殊なものでなければ、洗濯は自宅でできます。

しかし、その後のアイロンや糊付けは慣れていなければ、少し難しいです。

 

その点、クリーニング店に頼めばアイロンもしっかりかけてくれるので、手間も省けるし、パリッとした浴衣に仕上がります。

そして、浴衣は着るたびにクリーニングに出しましょう。

 

浴衣は結構汗を吸っています。

 

その時は汚れがないように見えますが、時間が経つと汚れやシミが浮き出てくることもあります。

スポンサーリンク

 

着た後は、なるべく早くクリーニングに出しましょう。

 

浴衣クリーニングの値段相場はいくらくらい?

 

ところで、浴衣のクリーニングの値段の相場はいくらくらいなんでしょうか?

一般的なチェーン店では、1000円前後が相場のようです。

高いところでは3000円くらいのところも。

それに加え、特殊な生地の場合はまた値段が上がります。

個人経営の、手仕上げのお店ではもう少し高くなります。

あまりにも低価格だと、仕上げが雑だったり、シミが取れていなかったりする経験をした人もいるようです。

信頼の置けるクリーニング店があればいいですが、なかなか難しいですよね。

もし、仕上がりが雑だったり、変なところに折り目がついていたりするときは、

遠慮なくやり直しをお願いしましょう。

 

 

浴衣の帯はクリーニングに出す?

 

さて、帯はどうしましょう?

浴衣の帯は、基本的にはクリーニングに出さなくても大丈夫です。

直接汗がつくわけでもないので、目立った汚れやシミがなければクリーニングは必要ありません。

帯を外した後、陰干ししてしっかりと乾かした後、丁寧にたたんでしまいましょう。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

せっかくの夏の風物詩。

よれっとした浴衣では、せっかく髪型やメイクを頑張っても半減してしまいます。

パリッと糊のきいた浴衣で出かけましょう♫

彼氏からの株もアップすること間違い無し!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読まれた方は、次にこんな記事を読んでいます
>>浴衣の洗濯を自宅でする|アイロンがけやたたみ方を動画で紹介