夏は浴衣が大活躍する季節ですね。

浴衣を着る頻度が少なければ、クリーニングに出すのが手間なく楽ちん♫
けど、毎週のようにお祭りや花火大会があれば、クリーニングでは間に合わないことも。

それに、費用がかさんでしまいますね。

クリーニング代がかかるから、浴衣は着ない!
というのは、あまりにも勿体無い!
浴衣は女性を何割増しにも美しく見せてくれます。

ぜひ気軽に着て欲しいとの思いも込めて。

今回は、自分で洗ってみようかな?
と思って洗濯方法をお探しの方に、浴衣の洗濯方法をご紹介いたします。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

浴衣の洗濯を自宅でするやり方

真夏の蒸し暑い夜に着た浴衣。
汗もかいたし、泥汚れもきになります。
その時は綺麗に見えても、時間が経つにつれ、汚れが浮き出てきてしまうことも。

その前に、自分で洗ってしまいましょう!

大丈夫!浴衣はクリーニングなんてない昔から着られてきたものです。
むしろ、自宅洗いに向いているとも言えます。

結論から言うと、綿の浴衣なら自宅で洗えます!
麻や、絞りのものはできなくはないが、絞りが取れてしまったり縮んでしまうこともあるようです。

取り扱いは優しくが鉄則!
では、手順を追って解説していきます。

洗い方

洗濯機を使う場合は、ネットに入れて手洗いコースで洗います。
手洗いの水洗いでも汗は十分に抜けますので、手洗いでも可。
泥汚れなどあれば、部分的に洗っておきます。

柔軟剤は入れません!

浴衣はパリッと仕上げたいので、柔軟剤を入れてしまうとくたっとして、寝間着のようになってしまいます。

すすぎの2回目では、キーピングなどを入れて薄くのりをかけましょう。

脱水も軽く。中には脱水しすぎて縮んでしまうものもあります。

ただ、これもそう見えるだけで、きちんとシワを伸ばして干せば元に戻ることが多いです。

脱水は、1分程度で大丈夫です。

その後はキチンとシワを伸ばしてから、干しましょう。

干し方

和装用のハンガーを使うのが一番いいです。

普通のハンガーだと、肩部分が崩れてしまいます。

そして、直射日光を避け、陰干しします。

しっかり干さないと、カビの原因にもなりますので、注意してください。

浴衣の洗濯後のアイロンのかけ方

キチンと洗濯した後は、次回着る時のためにもアイロンをしっかりと丁寧にかけましょう。

ピシッとのりが効いた浴衣はそれだけで凛々しく見えるものです。

ここを丁寧にすることで、着た時の見え方も違ってきますので、是非頑張っていただきたい部分です!

わかりやすい動画を見つけたので紹介します。

 

和服はたたみ方が命!

変な畳線がつかにように注意しましょう!

 

 

さいごに

いかがでしたか?

なんだか自分にもできそうな気がしてきませんか?

一度覚えてしまえば、ポイントを抑えるだけで比較的簡単にできると思います。

花嫁修行だと思って、頑張ってみてください!

せっかくの夏、ぜひ浴衣を楽しんできていただけたらと思います♫

この記事を読まれた方は、次にこんな記事を読んでいます
>>浴衣のクリーニング値段と相場|帯も出した方がいい?


スポンサーリンク