大きくてキレイな花火、頭の中だけの思い出にしておくにはもったいないですよね。

彼氏とのデートだったら、花火をバックに記念撮影してみたり!

それを手軽に、自分のスマホで撮れたらいいなと思いませんか?

最近は、撮影アプリなんかも登場してきて、以前とは比べものにならないくらいキレイに撮れるようになりました。

ですが今回は、アプリは使わず、アイフォンの設定だけでキレイに撮る方法をご紹介します!

アイフォンユーザーは必見です!
   

スポンサーリンク

  

花火をiphoneでキレイに撮る撮り方

フラッシュはオフに

花火の撮影だと、遠すぎてフラッシュの意味がないし、バッテリーも消費してしまいます。
はフラッシュの白い光で花火もきれいに写りませんので、オフにしておきます。

HDRもオフに

余計にブレてしまう原因に。
 

アイフォンでのおすすめ設定

花火を撮る場所を決めたら、
カメラを起動後、画面を長めにタップして離します。

すると、AE/AFロックになります。
これで、ピントを固定したことになります。

横に出てくる太陽のマークを上下にスライドすることで、明るさの調節ができます。
花火の場合は、少し暗めに設定するときれいに写ります。

花火は、音がしてから開くまでに2、3秒かかります。

何枚か試してみて、最適なタイミングを計り、構図も決めましょう。
そして撮影するときは、連写がオススメです。

絶対に、ズームは使わないでください!
画質がいきなり落ちてしまいます。

  

スポンサーリンク

  

花火の撮り方手持ち撮影の注意点

 

フル充電しておきましょう。

きれいな花火を撮ろう!

と、カメラを起動させたままにしていたり、動画や連写機能を使ったりと当日はかなり撮影すると思われます。
そのためにも、充電は完璧に!

念のために、携帯充電器も持って行っていると安心ですね。

 

容量に余裕はありますか?

上記の理由から、十分な空き容量を確保しておくことも重要です!

 

手ブレを防止するには

花火をキレイに撮影するために一番気をつけなければいけないなのが、手ブレ!なんです。

設定のみではなかなかうまく撮影できません。

ミニ三脚などでスマホを固定できればいいんですが、荷物になるし、そこまでは・・・
って感じですよね。

もし、座って観れる場所があれば、体操座りして膝の上にスマホを置き構えて撮ります。
脇も閉めて、動かさないように撮りましょう。

座れない場合は、壁や電柱などにスマホを押し付けながら撮影したり、脇を思いっきり締めて、なるべく動かないようにしましょう。

そして、シャッターを押す時も音量ボタンでシャッターを切るようにすると、両手でスマホを持ったままシャッターを切れるので、手ブレを最小限に抑えます。
  

 

花火の撮影場所はどこがいい?

   

もし、場所が選べるのなら、風上がいいです。

なぜなら、煙がかぶってしまうから!!

風が全くない花火大会でも、よく煙をかぶってますが、一気に気分が萎えてしまいますよね。

そして花火の撮影では、手ブレに一番気をつけなければいけません。

人が多いところでは、どうしても押したり押されたりで撮影に集中できません。

できれば、座れる場所があればいいですが、人が多いところでは写真撮影は難しいかもしれません。

そんな時は、写真は諦めて動画で撮り、その後静止画を切り抜いてもいいと思います♫

    

さいごに

  

きれいな花火を撮影するのも大切ですが、

そればかりに夢中になって、恋人を置き去りにしないように。

二人で花火を見ているのに、恋人が撮影ばかり一生懸命にしていると、ムードもあったもんじゃないし、

最悪の場合、しらけてしまいかねません。

花火を撮影するときは、相手にちゃんと断ってから、手短にすませるようにしましょう。

そしてそのあとは、二人でゆっくりと花火を味わってください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。