毎年、夏になると普段お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて送るのがお中元ですよね。

ただ、「自分が喪中の時に、お中元は贈ってもいいのか」と不思議に思う事はありませんか?

今回は、喪中の時にお中元は贈っていいのか、贈る場合にはどのように贈ればいいのか、さらに逆に御中元をもらったときはどうすればいいのかなどを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

自分が喪中時にお中元を送る場合

 

お中元というのは、普段からお世話になっている人へ贈るものですよね。

しかし、お中元を贈る際ののしはお祝い用の紅白ののしを使用するため、贈るはマナー違反になるのではないかと不安になる人も多いと思います。
 
 
 
それに、喪中の人からお中元をもらった相手も困ってしまうのではないでしょうか?
 
 
 

結論から言うと、自分が喪中の時でもお中元は贈っても特に問題はありません。

 
 
なぜなら、先ほどもお話しした通り、お中元というのは感謝の気持ちを込めて贈るものなので、お祝い事ではないからです。
 
 
それに、お中元というのは、感謝の気持ちを伝えるとともに、夏の暑い時期に相手の健康を気遣って贈る季節の挨拶でもあります。
 
 
その為、特に普段から毎年のようにお中元を贈っている相手に、喪中だからと贈らないというのは逆に相手に失礼にあたることもあります。
 
 
喪中である、喪中でないにかかわらずお中元はきちんと贈るようにしましょう。

ただ、もしもお中元の時期が四十九日内の忌中の場合には、控えた方がいいでしょう。
 
 
この場合には、時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いとして贈るようにすることをお勧めします。

チェック!>>お中元で人気の贈答品をレビュー数順にピックアップしました!

自分が喪中時は、のしや水引は通常でいいのか?注意点はある?

自分が喪中の時でも、特にお中元を贈っても問題はないという事はわかったと思います。

しかし、喪中の際お中元を贈る際にはいくつかの注意点があります。

それは、贈り物に掛けるのしや水引です。

通常のお中元のマナーとして、贈り物にかけるのしは紅白の蝶結びです。

しかし、紅白ののしというのはあくまでお祝いごとで使うものですよね。

喪中の時でもお中元を贈っても問題はないといっても、やはり紅白ののしというのはマナー違反となります。

では、どのようなのしを掛ければいいのでしょうか?

紅白ではだめといっても、白黒ののしというのも相手にあまりよいイメージではありませんよね。

喪中の場合には、白い無地の奉書紙、もしくは白い無地の短冊を使用するようにしましょう。

デパートでも喪中である旨を伝えれば無地ののしを用意してくれると思います。

そしてこの無地ののしに「お中元」と表書きをして贈るようにします。

もしもお中元の時期内に四十九日が明けない場合には、四十九日が明けてから暑中見舞いや残暑見舞いで贈りますが、この場合にもお中元と同じように無地の奉書紙もしくは無地の短冊を使用しましょう。
  

  

スポンサーリンク

自分が喪中の時にお中元をいただいた!何か特別なことをする必要はある?

  
では逆に自分が喪中の時にお中元をもらったら、何か特別なことをする必要はあるのでしょうか?

何度も言っている通り、お中元というのはお祝い用の紅白ののしをつけて贈るものですが、お祝いごとではなく普段からお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るものですよね。

喪中の時に避けなくてはならないのはあくまでお祝い事のみなので、お祝いではなく感謝の気持ちで贈るお中元は特に普段と変える必要はありません。

つまり、もしも自分が喪中の時にお中元をもらったら、普段通りなるべく早く、2〜3日の間にお礼状などを贈るだけで大丈夫です。

もちろんお礼状の内容も、普段通りの頂き物に関する感謝の気持ちをしたためれば十分です。

そして、もしも喪中の時にお中元をいただき、どうしてお返しをしたいという場合でも、品物を送っても大丈夫です。

のしの表書きは時期によって「お中元」「残暑見舞い」「暑中見舞い」となります。

そしてこちらから品物を贈るときにものしは無地の奉書紙もしくは無地の短冊を使用するようにしましょう。

  

まとめ

 
お中元を贈る時期に、自分自身が喪中の場合、お中元を贈ってもいいのか悩みますよね。

しかし、お中元というのはあくまで日ごろの感謝の気持ちを込めて贈るものなので、喪中とは関係なく通常通り送っても特に問題はありません。

さらには、相手からお中元をいただいた場合でも、通常通りお返しをしてもマナー違反にはなりません。

ただ、注意しなくてはいけないのはのしです。

通常お中元を贈る場合、のしは祝いのしですよね。

喪中の場合、祝いののしはやはり不謹慎になりますので、贈り物には無地の奉書紙もしくは無地ののしに「お中元」と書いて送るのがマナーです。

喪中の時でもお中元の時期には普段と同じようにお中元を贈るようにしましょう。

チェック!>>【まとめ】お中元に関する知りたいこと