いろいろ市販の化粧水を使ってみたけど、どうも肌に合わない。

自分で化粧水を作ってしまえば、余計な成分や添加物もない、ナチュラルな化粧水ができちゃいますよ!
 
 
そこで使うのは、天然の植物からとれたエッセンシャルオイル。

自分好みの香りで、低刺激な化粧水を簡単に作っちゃいましょう!

スポンサーリンク

アロマで手作り化粧水の効果とレシピ|エッセンシャルオイルは何を使う?

乾燥肌に効果的なエッセンシャルオイルとしては、

ラベンダー 殺菌・消毒、抗炎症

キャロットシード 皮膚細胞を活性

サンダルウッド 皮脂分泌調整、皮膚を柔らかくする

パルマローザ 皮膚細胞活性

ローズウッド 皮膚細胞活性

ネロリ 新陳代謝促進

フランキンセンス 収れん、皮膚細胞活性

ゼラニウム 皮脂分泌調整

ローズ 収れん、保湿

イランイラン皮脂分泌調整

と、様々です。

けど、エッセンシャルオイルもすごく高価なものもあれば、比較的手に入れやすいものまであります。

ラベンダーは、紫外線を浴びた後のクールダウンにも使え、火傷の時も使えます!(日焼けも軽度の火傷ですもんね!)

乾燥肌には特に、サンダルウッドがオススメ!
 
 
ただ、品質が悪いものだと逆に刺激になったりするので、要注意!!

雑貨屋さんで売ってあるようなものはオススメしません。

芳香浴やナチュラルクリーニングに使う程度ならあまり神経質にならなくていいかもしれませんが、肌に塗るときはオーガニックのものや、メディカルグレードのエッセンシャルオイルを使いましょう。
 
 
※注意※
妊婦さんや、子どもさんには使えないエッセンシャルオイルもあります。
よく調べてからお使いください。
皮膚が敏感な方は化粧水は顔に使う前に、肌の目立たないところでパッチテストをしましょう。

タイトル(全角15文字)

ここに本文を記述

このように、メディカルグレードのエッセンシャルオイルは肌につけても安心ですよー

アロマで手作り化粧水の作り方レシピ

ホホバオイルやマカデミアナッツオイルなどのキャリアオイル
(ホホバオイルは浸透力もよく、酸化もしにくい)     ・・・ 5ml

お好みのエッセンシャルオイル ・・・ 3滴

精製水 ・・・ 45ml

1、キャリアオイルにエッセンシャルオイルを垂らし、よく混ぜる。

2、そこに精製水を加える。

タイトル(全角15文字)

ここに本文を記述

出来上がりです!

どうですか?

簡単でしょ?
 
 

使う前には必ず、よく振って使ってください。
(エッセンシャルオイルは完全には混ざらないため)

キャリアオイルをエタノールに変えて作ると、完全にエッセンシャルオイルが混ざりますが、
エタノールが刺激になる場合もあるので、敏感な方は上のレシピがオススメ。

もうちょっと、保湿効果を高めたい・・・

という方は、グリセリンを足してみてください。(ドラッグストアにも売ってあります)
 
 
けど、量が少し少ないんじゃない?

って思うかもしれません。

このレシピでは防腐剤などを使っていないので、2週間以内で使い切らなきゃいけないんです!

なので、これくらいでちょうどいいと思います。

バンバン使う方は、2倍量でもいいかなと思いますが!

冷蔵庫で保管します。

※注意※
2週間以内で使い切ること

冷蔵庫で保管すること

柑橘系(レモンやグレープフルーツ、ベルガモット等)のエッセンシャルオイルは光毒性があり、
つけた後に光に当たると炎症やシミができたりする恐れが・・・

よく調べてからの使用をお願いします。

タイトル(全角15文字)

ここに本文を記述

まとめ

 
結構手軽に化粧水って作れちゃうんです。
いくつか注意点はありますが、肌への刺激も少ないし、安価に出来るので(エッセンシャルオイルは高いですが・・・1回に3滴しか使わないので!)オススメです。

ただ、やっぱり高機能化粧水と比べると肌の変化はゆっくりめです。

根気よく使っていると、着実に肌の力を引き出してくれます。

ぜひ、作ってみてくださいね。