毎年夏の時期に1~2回「土用の丑の日」がありますね。

土用の丑の日といえば、欠かせない食べ物が「うなぎ」です!

毎年土用の丑の日が近づくと、スーパーやコンビニやデパートなどではうなぎの予約の受付が始まります。

そして、土用の丑の日にはうなぎ屋さんが大繁盛します。

しかし、そもそもなぜ土用の丑の日にはうなぎを食べるのか。

疑問に思いませんか?

私も、わざわざなんで高いうなぎを買うんだろう・・・と子供心に思っていました。

そんなあなたに向けて今回は、

土用の丑の日の由来
なぜ土用の丑の日にはうなぎを食べるのか。

などをご紹介いたします!

  

スポンサーリンク

  

土用の丑の日の由来とは?そもそも何をする日?

毎年土用の丑の日は日にちが違うって知っていましたか?

しかも、1年に1回の時もあれば2回の時もあります。

なんで?決まってないの?って思いますよね。

では、土用の丑の日の由来からご紹介しましょう!

そもそも、土用の丑の日というのは夏だけではなく各季節ごとにあるものなんです。

まず土用というのは、立春・立夏・立秋・立冬の前の18~19日間のことを言います。

そして丑の日というのは文字通り、干支の丑(うし)の日ですよね。

つまり、土用の丑の日というのは、土用の期間内にある丑の日のことを言うんです。

干支は12あるので、18~19日の期間内に1日あるときと2日あるときがあるから!なんですね。

ちなみになぜ土用なのかというと、これは中国の五行説が元となっています。

四季はこの五行に当てはめると、春は「木」、「夏」は「火」、秋は「金」、冬は「水」となり、土が余ってしまいます。

そこで、季節の変わり目の18日間を「土」の期間と定められたと言うわけです。

東洋医学では、この土用の期間は体調を崩しやすいこともあり、養生する期間と言われています。

我が家でも、土用の期間に入ると食事に気をつけたり、いつも以上に体調管理に気をつけるようにしています!

  

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?

土用の丑の日が各季節ごとにあることはわかったけど・・・

なぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになったんでしょうか!?

他の季節には食べませんもんね。

特別な理由があったんでしょうか?

これには「平賀源内」が大きくかかわっています。

平賀源内って聞いた事ありますか?

江戸時代の大天才と呼ばれるほどの人物で、いろんな発明をした人です。

他にも、学者や医者など様々な顔を持っていたと言われています。

なんでそんな人物がうなぎと関係しているのかというと・・・?

実は元々土用の丑の日には丑「うし」という字がつくことから「う」で始まる食べ物を食べるといいという由来があったんです。

しかし、夏の時期というのは、うなぎが売れずうなぎ屋さんは困っていました。

そこで平賀源内に相談したところ、「本日丑の日」という張り紙を見せに貼ることを提案しました。

すると、確かにうなぎも「う」から始まる食べ物という事でたちまちうなぎ屋さんは大繁盛。

他のうなぎ屋さんもそれに便乗し、日本中に広がったといわれています。

ちなみになぜうなぎが夏に売れないかというと、うなぎは本来冬が旬だからなんです。

旬の食べ物が好きな江戸時代の人は、夏にうなぎを食べたがらなかったんです。

  

スポンサーリンク

  

土用の丑の日の食べ物とは?

土用の丑の日といえば、そんなんこんなでやっぱり欠かせないのが「うなぎ」ですよね。

広く日本中に浸透しています。

しかし、ここ数年は漁獲量の低下などでうなぎの値段が高騰し、一般庶民がおいそれと食べることが出来ないものとなってしまいました。

だからこそ、土用の丑の日くらいは贅沢をしてうなぎを食べたい!!という人も多いと思いますが。

ただ、土用の丑の日というのは、食べ物はうなぎだけなのでしょうか?

先程もお話ししたように、もともと「土用の丑の日には「う」から始まる食べ物を食べるといい」というものがありました。

その為、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣がつく前には別のものを食べていたことが多かったようです。

例えば、「梅干し」「うどん」「馬肉」「牛肉」「うさぎ」「瓜(きゅうり、スイカ)」などを食べていたようです。

ただ、夏の時期というのは、どうしても暑さで夏バテをしてしまったり体力が衰える時期でもありますよね。

その為、「う」のつく食べ物以外でも、もち・しじみ・卵など、精のつく食べものや身体の働きを回復させる食べ物が好んで食べられていたようですよ。

うなぎは高いし、どうも胃が重い・・・

と言う方は、こんなものを食べたらいいですね!

  

まとめ

土用の丑の日にうなぎを食べるというのは、もともとは深い意味があるわけではなく、夏の時期にうなぎが売れないうなぎ屋さんのために平賀源内が考案したものが元だったんです!!

そして、土用の丑の日にはうなぎだけではなく「う」のつくものを食べるのもいいですね!

土用の丑の日は、夏だけではなく季節ごとに1日もしくは2日ありますよね。

その為、最近では夏の土用の丑の日だけではなく、各季節ごとにある土用の丑の日にうなぎを食べる習慣を根付かせる動きもあるようです。

それなら、一番の旬の時期である冬の土用の丑の日にうなぎを食べるのもいいかもしれません。

しかし、うなぎというのはとても栄養価が高く精のつく食べ物だと知られています。

そのことを考えると、やはり夏バテや疲労のたまる夏の時期にうなぎを食べるのもいいですよね!

今年はぜひご家族でうなぎを召し上がれ〜!


スポンサーリンク