傘はお手入れするものって知っていましたか?

私は今までビニール傘派でした。
使っていてさびたり壊れたりすると、次々に新しいものを買っていました。

なので傘を使った後はそのまま玄関先に立てかけて、乾いたら巻いて傘立てにさす。

それが普通だと思っていました。

けど、傘もメンテナンス次第で長持ちするものなんです。

小学生になれば、傘をさして学校に行きますよね。

我が家は自分の傘は自分でお手入れする。というのを実行しています。

そこで今回は子供にもできる!傘のメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

今までビニール傘ばかり使っていた
子供に傘の手入れ方法を教えたい
面倒なお手入れはしたくない

こんなあなたに向けて書いた記事です。

スポンサーリンク
  

子供は傘をすぐ壊すものと思っていませんか?

私は今まで、ビニール傘ばかり使っていました。

ですが、子供が小学生になったのを機に、ビニール傘を卒業することにしました。
なぜかというと・・・

我が家の小学2年生になる息子は、1年生になってから自分で学校に歩いて行くようになり、雨の日は傘をさして登校します。
私は今までビニール傘ばかり使っていましたが、さすがにビニール傘はな・・・
と思い、ホームセンターの安い学童用の傘を持って行かせていました。

すると、すぐに壊して帰ってくるんです。

逆さ傘にしたり、傘で戦ってみたり、扱いも荒いです。
ひどい時は、おろしたての傘をその日のうちに壊して帰ってくることも。

最初は、男の子だしなと諦めていました。
ですがそんな時、私自身が傘を大事に扱ってないことに気づいたんです。

壊れたら捨てる。使ったら使いっぱなしな親の姿を真似ていただけだったんですね。
大人として恥ずかしくなった私は、これを機にビニール傘は卒業することにしました。

今まで、傘にお金をかける意味がわからなかったんですよね。
100円で買えるわけだし、雨がしのげればよかったんですから。
それに、車での移動が主なので、あまり傘の出番ってないんです。

忘れっぽいっていうのもあって、あまり傘にお金をかける意識ってそんなにありませんでした。

けど、子供にものを大切にしてほしいって言うなら、親が手本を見せてあげなければいけないですよね。

100均の傘を次から次に買っていたのでは、ものを大切にする心は育つと思いますか!?
壊れたら、新しいのを買えばいいやー
ってい言うことは言ってほしくなかったんです。

ただ、そうやってお金をかけて買った傘。
それも最初のうちはお構いなしに壊して帰ってきます。
けど、壊れっぱなしにはしないで、どうにか治せないかと試みたりしていました。
どうやっても無理ってなるとまた新しいものを買い与えていました。
次は大事にしてね。と。
決してお説教ぽくならないように・・・!

次々に買い与えて、それもどうなの?っていうご意見もあるとは思いますが・・・

落書きだらけの街で、町中の落書きを消すと、落書きする人がいなくなったっていう話があるんですが。

やっぱり、壊れた傘ってなかなか大事にしないと思うんです。
どうせ骨1本折れてるし、いーやっ!ってなりません?

その方式で(違う?)、壊れた傘は持たせないようにしていました。
いつかは、気づいてくれると信じて!!

今何本目になるでしょうか・・
ここ何ヶ月かは傘を壊していません!
ただいま最長記録を更新中です。

どうせなら、子供さんと一緒に傘を選びに行かれるといいですね!
自分で選んだ傘は自然と愛着が湧いてきて、大事にしたくなりますよ。

そして我が家では子供にも、傘が長持ちするようにお手入れ法や扱い方を少しずつですが教えています。

自分でシューズを洗わせているご家庭は多いと思いますが、これを機に自分の傘もきちんとお手入れできるようになってもらいましょう!

お母さんの仕事も一つ減るし、子供さんも傘を大事に扱ってくれるようになると思いますよ!

それでは、我が家でも実行している”子供にもできる傘のお手入れ方法”についてご紹介します。

子供にもできる!傘のお手入れ方法(日々のお手入れ)

初級編(小学校低学年〜)

・傘は巻かずに風通しの良い場所に頭を上にして立てかけておく。

・雨が上がったらベランダに干す!

・乾いたら巻いて傘立てにさす。

水気を残さないことが、一番大事です。
立てかける時も、持ち手側を下にしましょう。
頭側を下にしておくと、水がたまってサビの原因になってしまいます!

傘には撥水加工が施されていますが、これは水を通さない防水加工ではなく、あくまで水を弾く撥水加工。
傘に水気が残っていると、水が生地に浸透していきます。
傘に湿気がたまることで、布の場合にはカビが発生してしまったり、骨の部分が錆びてしまったりします。
ですが細かい注意点は言っていったらキリがないので、まずはこれができたらよしとしましょう!

雨が上がったら干すということは子供は忘れてしまいがちです。
習慣になるまでは、「雨上がったねー」など気づけるように、大人が声かけしてあげたり、紙に書いて貼っておくといいですよ!
間違っても、傘干して!など、させるような声かけはNGですよ!

梅雨時や秋の台風シーズンは雨が続きますよね。
何日も傘が干せない日も・・・
梅雨の合間や雨が落ち着いた頃にしてほしい、お手入れの方法もご紹介します。
毎回できる方はした方が断然いい!と思いますが、そこまで手が回らないので・・・

上級編(小学校中学年くらい〜)

・傘を洗う!
 スポンジに中性洗剤をつけて優しく洗います。
 洗剤をつけずにスポンジに水だけでも。
 
・軽くタオルで水気をふき取る

・ベランダに広げて陰干しする

・乾いたら巻いて傘立てに戻す。

雨は純粋な水ではなく、大気中の様々な汚れも含んでいます。
その汚れを放っておくと、
我が家はまだ初級編止まりです。
水洗いの段階で、水遊びに発展してしまうので・・・

スポンサーリンク

傘が長持ちする特別なお手入れ

買ったばかりの頃は、撥水効果が効いていて、雨もはじくし水切れも良いですね。
しかしそれもだんだんと効果が衰えて来ます。

買った当初の効果を蘇らせる方法があるんです!

それには、ドライヤーを使います。

上の上級編のように傘を洗って乾かした後、ドライヤーで熱当てます。

生地から10cm以上は離して全体に熱を当てていきます。

しっかりと、1か所につき10秒くらいを目安にまんべんなくかけていきます。

※ビニール傘にはできません!

この方法で良くならなかった場合は、市販の撥水スプレーをかけてあげるといいですよ。

傘専用のものが売られています。

生地の目立たないところで試してみて、大丈夫そうだったら全体にかけていきます。

ムラやシミにならないように気をつけてかけてくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UV撥水シャットアウト(150mL)[紫外線対策]
価格:698円(税込、送料別) (2017/6/20時点)

まとめ

雨が降ると傘が大活躍!

しかし、家族全員が持って行くとなると何本も干したり取り込んだりすることになり、お母さんにとっては大変な仕事が増えることになります。

子供たちにもそれを手伝ってもらうことで、お母さんの負担も減り、ものも大事に扱ってくれるようになったらいいですよね!

ぜひご家庭で試してみてください!


スポンサーリンク