秋から冬にかけて、乾燥する季節になると増えてくる悩みに「手指の乾燥」があります。

手指がひび割れてぱっくり割れしてませんか?

優しい洗剤に変えても手荒れが治らない
小まめにハンドクリームを塗っても効果なし・・・

「そんなもの」と諦めてしまっていませんか?
食器洗いや洗濯炊事・・・
主婦の仕事は水を触ることが多く、どうしても荒れやすくなってしまうもの。

けど、あるものを使うことで手荒れが改善するとしたら?
しかも、お金もかからないとしたら?

絶対試してみたいですよね!

もう、高いハンドクリームは必要ありません!

今回はその、あるもののご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク
  

冬場の乾燥手荒れする原因とは?

乾燥する季節になるとなりがちな”手荒れ”

何が原因だと思いますか?

ストレスなんかも言われますが、普段の生活の中に潜んでいるんです。

水仕事

冬は食器洗いの時もお湯を使ってしまいがち。
水の温度が高ければ高いほど油分は流れていきます。
そして、食器用洗剤の界面活性剤によっても肌の皮脂膜が落とされてしまいます。

アルコール消毒

医療従事者や飲食店関係の方は頻繁に使用するのではないでしょうか。
これも、アルコールが揮発するときに肌の水分まで蒸発してしまうため、乾燥につながっていきます。

衣類を干したり畳んだりする

布類を扱うことによっても手肌の油分は奪われていきます。

頻繁に書類や本などの紙類に触れる

毎日紙幣を扱う銀行員さんも、手荒れには悩まされる人が多いそうです。

PCのキーボード操作が多い

盲点かもしれませんが、キーボードってずっと触っていると手垢がついたりしませんか?
指の腹がカサカサになるのも、肌の皮脂膜が奪われることによって引き起こされていたんです。

水や紙を触ることによって、肌の水分や油分が奪われてしまうことが原因なんです。
そして特に冬場はお湯の温度も高くなります。
そのため、冬場に多く発生するんですね。

そして、見過ごしてはいけないのが、食器用洗剤に含まれる界面活性剤
テレビでもおなじみの洗剤ですが、チョンっとするだけで油汚れがサーーーっと落ちちゃってますよね。
あんなにギトギトの油を一瞬で落としちゃうくらいすごい洗浄成分が入ってるんです。
それを毎日何回も素手で触っていると、手が荒れてしまうのも頷けるかと思います。

これらに触れる時間を少しでも少なくすることが、改善への第一歩となります。

スポンサーリンク

乾燥による手荒れ対策!ひび割れを一晩で治す方法

ひび割れやあかぎれはいち早く治したいですよね。

そんなときに活躍するのがワセリンです。
夜寝る前に使います。
(いつ使ってもいいんですが、ベタベタするので・・・)

まずワセリンを用意します。
(ドラッグストアにも売ってあります。が、ワセリンにもグレードがあります!買うときにはご注意を!!)

あかぎれてひび割れているところにワセリンを薄く乗せます。
塗るのが痛ければ、ちょんちょんっとしてあげてくださいね。
乾燥がきになる箇所があればそこにも薄く伸ばします。

そして、ビニール手袋をはめます。

そしたら、あら!不思議!

翌朝には程度によりますが、だいぶ良くなっているはず!

ワセリンについて・・・

ワセリンといえば、ベトベトなイメージじゃないですか?
ですが純度の高いものは体温で溶けて浸透するそうです。
ドラッグストアで売っているものは使ったことがありますが、うーん。ベトベトです。
ワセリンには5種類ほど種類があります。
ドラックストアで見かけるのは、白色ワセリン・黄色ワセリンの2種類くらいかな?と思います。
あとは、皮膚科でよく処方されるプロペト、ベビーワセリンと言うのもあります。

一番純度が高いのは、サンホワイトという商品です。
ただ、ドラックストアでの取り扱いはなくネットでしか購入できません。
お値段も一番高いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/7/7時点)

そしてこの方法、実際にひどい火傷や怪我の時でも使割れている方法なんです。(湿潤治療)

何より、薬に頼らなくてもいいっていうのがいいすよね!

皮膚科に行くと、良くステロイド剤を処方されるんですが、一時的には良くなっても塗るのをやめると再発しちゃうことが多くて。
弱いステロイド剤ではだんだん効かなくなってしまったり、デメリットの方が多いかな・・・と思います。

手荒れがひどい方は、水をさわるときには常にビニール手袋をはめることをおすすめします。

上の章でも書いていますが、布を触っても手肌の油分って奪われていくので、家事をするときは常にはめていてもいいくらいです!

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”816140.jpg” name=”ママ友ゆう子さん”]私ゴム手袋を使ってるけど
・・・[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”659350.jpg” name=”なべ子”]うん!それでもいいと思う!だけど、ゴムのラテックスっていう成分にアレルギー反応を起こす人もいてね!
しかもずっと同じものを使ってると、中で雑菌が繁殖しちゃうの。
雑菌が傷口から入ってしまったら意味ないよね!
[/speech_bubble]

ということで、ビニール製の使い捨て手袋をおすすめしています。

上で紹介したワセリンは肌に浸透しないので、ビニール手袋が苦手な方は食器洗いをする前に塗ってからやると少しは手肌を保護してくれますよ。

手荒れで乾燥しているひび割れ手肌にも優しい洗剤

手荒れ予防にはビニール手袋が一番効果的なのはわかった!!

けど、私ビニール手袋のあの感触が好きじゃなくて。

乾燥がそれほどひどくない場合は手肌に優しい洗剤を使ってみてもいいかもしれません。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”766558.jpg” name=”ママ友ゆう子さん”]何かおすすめな洗剤ってある?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”659350.jpg” name=”なべ子”]あるにはあるけど、その前に・・・
手肌に優しいってことは、油落ちはジ○イなんかに比べると格段に落ちるよね。
それで逆に汚れを落とすのに時間がかかってしまったら、水に触れる時間が長くなるわけで、奪われてしまう皮脂量っていうのはあまり変わらないのかも・・・じゃない?

[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”766558.jpg” name=”ママ友ゆう子さん”]そうかも・・・[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”659350.jpg” name=”なべ子”]水に触れる時間は、できるだけ短くしたいわけよ!
油物が少なければ大丈夫かもしれないけど。
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”766558.jpg” name=”ママ友ゆう子さん”]うん、うちには肉食獣たちが二人もいるから、油汚れが落ちにくいのは困るなー
[/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”659350.jpg” name=”なべ子”]だよね。
だからやっぱり私はビニール手袋をおすすめするよ。
水からも洗剤からも守ってくれるからね!
手肌に優しい洗剤となると、それなりに値段も高くなるしね。
ビニール手袋の方が経済的でもあるんだ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”659350.jpg” name=”なべ子”]それを踏まえて、手肌に優しい洗剤をご紹介するね![/speech_bubble]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

緑の魔女 キッチン(420mL)【緑の魔女】[液体洗剤 キッチン用]
価格:306円(税込、送料別) (2017/7/7時点)

この二つは、排水を綺麗にしてくれたりと、手肌だけでなく環境にも優しい洗剤です。
実際に私も使ったことがありますが、海へ・・・は優しいラベンダー系の香りに癒されます。
泡切れもよく、汚れ落ちもいいです。
(普段、ジ○イなど使われる方には物足りないと思われます!私の実感です。)

冬場の乾燥から手指を守るまとめ

意外と簡単なもので、ひび割れって治っちゃいます。

ビニール手袋1枚で改善されるなら!

騙されたと思ってやってみてください!

重症化してしまうと治すのも大変です。

日々の心がけ次第で予防できますので、ぜひやってみてくださいね!