離乳食ってなかなか食べてくれませんよね。
せっかく作ったのに食べてくれない?
栄養はちゃんと足りてる?

悩みは尽きませんが、結論は・・・大丈夫です!!
安心してください。
けど、どうしたらいいのか。

赤ちゃんの離乳食を食べない問題についてお伝えします!

スポンサーリンク

離乳食を食べない5か月の赤ちゃん

待ちに待った、我が子の誕生・・・
感動もそこそこに、生活は始まります。
休む間もなく、オムツの交換と授乳がやってきて、自分の体も回復させなければいけない。

そしてあっという間の半年が経ち、検診に出かけると、もう離乳食を始めましょう。
と保健師さんに言われ、あ、もう離乳食作らないといけないんだ・・・と、本なんかを買ってみる。
大事な我が子のために、できる限りの事をしてあげたくて、
離乳食もちゃんとしてあげたくて、作ってあげたのはいいけど、ベーっと出されちゃう。
そしてついイライラしちゃう。
そんな毎日送っていませんか?

私も、第一子の時は、気合いを入れて離乳食の準備をしました!
そして、時間をかけて作りました!
けど、結局食べてくれなくて・・・
もう!!って、それ、お母さんの都合ですよね?
赤ちゃん一人一人胃腸の発達は違い、早くから食べ物を消化できる子もいれば、1歳くらいでやっと消化できる子もいます。

本や雑誌にとらわれず、我が子の状態を見極めましょう。
母乳はしっかり飲めていますか?
だったら、一旦休憩してみませんか?

ただ、大人が食事するときに一緒に椅子に座らせてみるのも、食べ物に興味を持たせるにはいいです。
美味しいな〜と言いながら一緒に食べましょう。
もちろん!起きてたら!の話ですよ。
食事の時間だからって、わざわざ起こすことは、この時期はまだしなくていいと思います。

離乳食はいつから始めたらいいの?3つの条件

私は、離乳食を始める目安としていたことが3つあります。
一つ目は、
・歯が生え始めたら
二つ目は、
・一人で椅子に座れるようになったら
これも個人差が大きいところですが、うちの子どもたちでいうと、
次男は歯が生え始めるのが8か月でした。長女は4か月から歯が生え始めました。
離乳食の開始は、次男は8か月から長女は1歳からでした。
上記の二つの条件を満たしているからといって、食べ始めるかといえばそうではないようです。
5か月では早いと思います。
一説では、18か月からでないと、食べ物を完全に消化するのは難しいとも言われているくらいです。

そして三つ目、我が家が一番大事にしていたことは、
・自分で食べ物に手を伸ばし始めたら

といいうことでした。
一緒に椅子を並べて食事をしていると、食べ物に手を伸ばす時がやってきます。
その時に、いつでも分けてあげられるように、お味噌汁から取り分けた野菜なんかを少し取り置いてあげてたらいいですね。
1かけらでいいので。
10か月ともなれば手でつかんで口に持って行くと思います。
そのときに、注意して欲しいのが、そのまま手づかみ食べをさせてあげるということです。

スポンサーリンク

テーブルが汚れるから、汚いからと言ってその都度手を拭いたり、手づかみさせてあげないと、
食事が楽しくなくなってしまいます。
そうやって、お母さんが付きっ切りでスプーンで食べさせられていた子って、
私の周りを見た限りでは、もう少し大きくなった時、うちのこあんまり食べなくて・・・って悩んでるお母さんが多いような気がします。

こんな感じで、マットとお皿が一体化しているとこぼす心配がなくていいですよねー
 
 

食事って、楽しいもの!というのを教えるためには、美味しいねって言いながらみんなで食べるのが大事かななんて思います。
マナーを教えるのは、もう少し大きくなってからでも遅くはありません。

離乳食を食べない8か月〜10か月の赤ちゃんは?

しっかり椅子に座れるようになった頃かと思います。
食べたい気持ちも徐々に出てくると思います。
うちの娘は、食べ物に興味を示唆ないまま、1歳まで母乳オンリーで過ごしました。

母乳をしっかり飲んでいれば、離乳食はそんなに一生懸命食べなくても大丈夫!
ただ、母乳の質にはこだわりたいところです。
忙しい中ですが、自分の栄養状態には気をつけて、バランス良く食べるようにしましょう!
甘いものや、スナック菓子も控えめに・・・!!
これは、母乳の質に即!悪影響を及ぼしますし、乳腺炎なども引き起こします。

まとめ

一生懸命作って、食べなくて、イライラして、ストレスが溜まっていく。ってループに陥っていませんか?
赤ちゃんだって、旦那さんだって、イライラしたお母さんの姿は見たくないはずです。
離乳食の力を抜くだけで、少しでも笑顔になれるなら、そっちの方がいい!って思います。

長男の時に、そんな状態だった私、、
今になって、神経質に育ててしまって申し訳ないな・・・
という気持ちがあります。

初めての子どもだったら、できることは全てしてあげたい!
と、一生懸命になりすぎていませんか?
少し、肩の力を抜いてください。
笑顔が多いお母さんの方が、子どもも安心します。

大丈夫!いつかは、食べ物に手を伸ばしてくれますよ。


スポンサーリンク